2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.07.13 (Sun)

モナ・リザ

ここ数日、マスコミでやたらとモナさんの名前が挙がっていますが(^^ゞ
それとは全然関係なく、モナはモナでも、モナ・リザの話。
知らない人は恐らくいないくらい有名な、あのレオナルド・ダ・ヴィンチの作品です。

最近テレビで、講談社の「世界の美術館」のCMをよく観ます。
7月10日に創刊されたばかりの週刊誌らしく、創刊号の表紙がモナ・リザなんです。
何度かそのCMを観るうちに、突然気になり始めました。
確か、モナ・リザはイタリア語では、似ても似つかない名前だったような・・。
イタリア人の書いた作品で、これほど知られているのに、
イタリア語では「モナ・リザ」じゃないんですよね。
以前に、どこかで(ラジオ講座かな?)出てきたときに驚いたことがあるんです。

気になリ始めると、解決するまで落ち着かない性分なので調べました(^^ゞ
「モナ・リザ」は、イタリア語では、「La Gioconda」です。
何故このオリジナルの作品名のままで、呼ばないんでしょうね?
英語圏で「Mona Lisa」と呼ばれているから、日本でもそうなんでしょうが、
オリジナルを無視して別の呼び方、っていうのは、
この前のミッキーマウスとある意味、同じことのような・・・(^^ゞ

でも、・・「ラ・ジョコンダ」・・・・って、なんだかアナコンダみたい(^^ゞ
やっぱり「モナ・リザ」の方が、絵のイメージに合っている気がします (失礼!)
一度頭の中で結びついてしまった名前と作品の関係性は、
なかなか変えられないですよね。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  18:41  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

■スペイン語の「ラ・ヒオコンダ」もかなりミョーです(笑)

mariaさん、はじめまして(わたしも英語が本業です)。スペイン語でも「モナ・リザ」は「La Gioconda」ですね。手元の西和中辞典(小学館、初版)ではちゃんと『ラ・ジョコンダ』『モナ・リザ』の順番で「訳語」が並んでいます。フランス語では「La Joconde(ラ・ジョコンドゥ)」ですね。この絵画、《フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻、リーザ・ゲラルディーニの肖像》 というのが正式な名称のようです(長い!)。Wikipediaによると「ラ・ジョコンダ」は「ジョコンド夫人」、「モナ・リザ」は「リザ婦人」の意味らしいです。英語でもオリジナルの流儀に従えば「ミセス・ジョコンド」にでもなるのでしょうか(笑)。

わたしはスペイン語は大学の第二外国語で学び(わたしも一時期かなり熱を入れました)、フランス語は独学です(大学時代から)。イタリア語はその昔、シチリアマフィアの本を訳したときに(原書は英語)固有名詞のカタカナ表記の参考に伊和辞典を買いましたが勉強はしていません。。。お互い、マルチリンガル目指してがんばりましょう!
chez_toi |  2008.07.14(月) 11:12 |  URL |  【コメント編集】

■chez_toiさん

はじめまして! コメントありがとうございます。お仕事といい、西・仏・(伊)といい、共通点が多くて嬉しいです♪ スペイン語でも、フランス語でも「モナ・リザ」ではないってことは、いかに日本が英語圏よりかってことですよね。。(^^ゞ ☆あ、そういえば、今日の「まいにちフランス語」冒頭の数字の聞き取りで、いきなりモナ・リザ絡みの数字(1503)が出てきて、偶然とは言えタイムリーで驚きました(^^ゞ

chez_toiさん、フランス語はかなりの上級者とお見受けしました。是非これから色々と教えてください。 これからも、よろしくお願いします♪
maria |  2008.07.14(月) 23:47 |  URL |  【コメント編集】

イタリア語もフランス語もかなり日本に這入ってきているのに、おっしゃるとおり、この件に関しては完全に英語圏に組み入れられているようですね。ジョコンダの名前を聞いて、すぐに思いついたのが、オペラのジョコンダです。ポンキエルリの作曲でヴェニスが舞台になっていますが、聴いたことも見たこともまだありません。、
Mammo |  2008.07.15(火) 21:36 |  URL |  【コメント編集】

■上級者ではないです(^^;

mariaさん、わたしのフランス語は中級も怪しいですが、英語の修行時代から実力以上に背伸びする癖が付いているのです。いつかは上級者になりたいものです。

そうそう、「まいにちフランス語」の数字テストは年号を題材にしてますね。
chez_toi |  2008.07.16(水) 03:35 |  URL |  【コメント編集】

■Mammoさん

オペラ「ジョコンダ」は、これまでに名前さえ聞いたことがありませんでした。コメントを読んで調べてみました。かなり有名な作品のようですね。ありがとうございました。勉強になりました。 ☆ところで、最近オペラに関するDVDがシリーズで発売されたり(確か、ユーキャンも出したような。。)、駅にロッシーニ作品の日本公演の大きなポスターが貼ってあったり、、と世間のオペラへの関心が高まっているような気がします。 それとも自分自身が興味を持つようになってきたので、今まで気付かなかったものが目に入るだけなのでしょうか?(^^ゞ
maria |  2008.07.16(水) 08:41 |  URL |  【コメント編集】

■chez_toiさん

いずれにしても、私のような超初心者にとっては、フランス語の大先輩です♪ 自分にとって難し目のことに取り組むというのは、語学力を引き上げるのに有効な方法ですよね。私もイタリア語では、背伸びしっぱなしです(笑)

「まいにちフランス語」の数字聞き取りは、以前に簡単に数字を数回取り上げただけの割には、いきなり難しいです。。(^^ゞ このところずっと4桁の数字っていうことで、年号が取り上げられていますね。そのうち5桁とかになっちゃうのかな・・・。
maria |  2008.07.16(水) 08:50 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。