2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.11.14 (Mon)

2010年度の準1級問題

準1級仏検公式問題集 2011年度版

フランス語漬けの週末を過ごしました。
とは言え、週末は家事があれこれあるので、
実質的な時間が長いわけではありませんが・・・。

遅ればせながら(^^ゞ、昨年度の準1級問題を時間を測ってやってみました。
予想していたことではありますが、やっぱり難しいです。
時間も結構ギリギリでした。 
3級、2級受験時には、試験中に時間を持て余すほどでしたが、
さすがに今回は、常に時間を意識していないと危険な気がします。

準1級から初めて登場する問題形式が幾つかありますが、
その一つは、最初の「名詞化」問題。 
これ、かなりイライラがつのります。
英語でどの単語にあたるかは、5問とも直ぐにわかるんです。
で、それをフランス語風(?)にあれこれと勘を働かせて(^^ゞ変えてみるんですが、
昨日やった過去問では、正解だった問題もありますが、
不正解だったものは、どれもすべてスペリング一文字違いとか、
アクサンの有無とか、そんなミスでした。
スペルミスに惜しいも何も無いんですけど(笑)、
でも何だかとっても悔しいのは事実。
結局は、正確な綴りを含めた語彙力が鍵なんですよねぇ。

読解系の問題には、準1級から記述問題も登場します。
かなり配点も高いので、是非ここで確実に得点したいところなんですが、
採点方法が良くわかりません。
昨年の問題では、受験者の得点率が39%だったそうです。
これってちょっと低すぎませんか?
個人的には、模範解答とそれほど違わない解答が出来ていたので、
あまり難しい読解だった印象はなかったんですけど、
もしかしたら採点が厳しいのでしょうか?
私の解答なら、実際には何点相当だったのか気になります。

作文と書き取り(ディクテ)は、最悪0点もありうるというほどダメなので(^^ゞ、
他のセクションで、如何に取りこぼしなく点を取るかが重要になりそうです。
それにしても、相変わらず、基本的な語彙力不足を痛感するばかり。
これに関しては、長期計画で改善を図るしかないでしょう。

土・日とフランス語ばかりやっていたので、
仕事の方の準備をまだ何もやっていません(^^ゞ。
今から切り替えて、英語に集中します。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:06  |  フランス語  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |