2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.11.05 (Sat)

人生、ここにあり!

人生、ここにあり

既に鑑賞済みの方も多いかとは思いますが、
私は今日、ようやく観てきました。 『人生、ここにあり!』 (原題:Si può fare)

この映画、2009年のイタリア映画祭では、
ほぼ原題のまま「やればできるさ」というタイトルでしたが、
その映画祭で観た友人たちの評判を聞いてから、ずっと観たかったんです。
2年経って、ようやく今夏から銀座の映画館で上映されていましたが、
仕事のついでに寄るという場所でもないせいで、結局タイミングを逸していました。
銀座よりは足を運びやすい別の映画館でも、上映開始になって良かったです。

このところイタリア語読書の習慣がついていたせいか、
映画の中で飛び交うイタリア語が耳に心地よかったです。
(ひょっとして、フランス語からの現実逃避?(^^ゞ)
作品も、とっても良かったです。 大満足。

テーマ : 映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  16:38  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■Si può fare

Hi maria-sama,

私もこれ銀座で観ました。 最初このタイトルを"Se può fare"と読み違っていて”もし出来るなら”な~んて意味かと思ってました。 

本当は非人称のsiで”誰でも出来る”って感じでしょうか? よく分かりません。 この映画ではイタリア語を聞こうとしたのですがやっぱり字幕にくぎ付けでした。 でもその後に見た"Mine Vaganti"(明日のパスタはアルデンテ)は私でも比較的聞き取れました。 お陰で字幕を見ずに音ばかり聞いていたので実際にはよく理解できないという恥ずかしい結果でしたが楽しかったです。

Audrey
Audrey |  2011.11.06(日) 11:39 |  URL |  【コメント編集】

■Audreyさん

重くなりそうなテーマなのに、あれだけ陽気な映画に仕上げられること、でも単なるコメディでもないところが素晴らしいなぁ・・と思いました。同じことは、"Mine Vaganti"にも言えるかもしれませんね。(こちらは今年の映画祭で観ました)
ところで、タイトルの「Si」は、仰る通り非人称のsiだと思います。
私は最近DVDでフランス映画を観る機会が多かったせいか、昨日は「やっぱりイタリア語はよく聞き取れるな~」と思ったりしていましたが、単にフランス語との比較でそう思っただけなのかもしれません^_^;
maria |  2011.11.06(日) 13:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。