2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.17 (Mon)

会話力

先週、偶然本屋で見つけて『英語達人塾』という本を購入しました。
タイトルにもあるように、英語学習者向けに書かれた本ではありますが、
内容はどの外国語を学ぶ人にとっても当てはまることばかり。
私が日頃、英語学習について考えていることも多々代弁されていて、胸がすく思いでした(笑)

英語に限ったことではないですが、「○○語が出来るようになりたい」と
思っている人の大半は、その言語を流暢に話せることを意味しているように思います。
何故か、読解力や作文力ではなく、多くの人が「会話力」にこだわります。

私は大学、大学院とアメリカ留学をして、一時は通訳が本業でした。
現在は英語講師で、もうかなり何年もいわゆる「英語のプロ」な訳ですが、
それでも、人から「英語がペラペラで羨ましい」などと言われると、
何とも言えない違和感があるのです。

私が教えている高校生の中には、帰国子女も多く、
おそらく、その生徒たちの方が私よりも「ペラペラ」でしょう(^^ゞ
でも、話している言葉は、「マジで~?それってヤバくない?」と同次元なんですよね。
会話力はあっても、読解力や作文力は散々な子も多いです。
なのに本人は、「自分は英語が出来る」と思ってしまっているので、
真摯に努力しようという意識が希薄で、本当に困ります。


最後に、著者の斉藤先生の言葉をご紹介します。
 
たしかに英語は話せるに越したことはない。 
だが、ただ小器用に「ペラペラ」しゃべることだけに憧れていたのでは、
本当の英語力は身につかない。 文法や読解を含めた、
地道で総合的な学習が必要になるのである。



テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:27  |  語学全般&英語  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

いつもマリアさんがおっしゃっていることなので、よく理解できます。そういえば、NHKの応用編のイタリア喜劇の「聞いてみよう」で、語学で一番大事なのは作文である、というのがありました。私のイタリア語では、読む・書くが中心ですが、宿題の作文を先生の所に持っていくと、真っ赤かに訂正されます。意味は通じるのでしょうが、変な表現になっているようです。
Mammo |  2007.12.17(月) 14:22 |  URL |  【コメント編集】

■全くそのとおりですね!

私は、どの外国語も「ペラペラ」ではないので、私が言うと負け惜しみに聞こえてしまうかも知れませんが、やっぱり、読解力が一番大切なんじゃないかと思ってます。まずは、情報を正確に吸収することですよね。
その上で、情報発信。幕末・明治の頃の日本人は立派でした・・・。

でも、結局のところ、日本語が母語である我々としては、日本語がちゃんとできないといけません。母語のレベルを外国語が超えるはずはありませんから。

「地道で総合的な学習」っていうのがいいですね。そのうち、この本読んでみようかな。
ウィル |  2007.12.18(火) 00:29 |  URL |  【コメント編集】

■Mammoさん

作文は、自分の語学力が如実に現れますよね。語彙や表現も、辞書で探してきたような「借り物」だと、やっぱりそこだけ不自然に浮き上がって見えるものだと思います。(これは生徒の作文添削をしていて常々感じることです)
作文での自然な表現力を上げるためには、やはり読解に力を入れるのが一番だと思います。たくさんイタリア語を読んで、それが自分の身についてくると自然と作文力に(&たぶん会話力にも)反映されてくると思うので。
ただ、そうなるまでには相当な時間とエネルギー、そして何より「忍耐」が大事ですよね(^^ゞ
maria |  2007.12.18(火) 06:49 |  URL |  【コメント編集】

■ウィルさん

日本語が母国語である以上、「何よりもまず日本語が基本」というのは私も全く同感です。日本語でも理解できない抽象表現など、外国語で理解できるはずありませんもんね。 高校生たちを教えていて、日本語力の無さに愕然とさせられることが多いので、ホントにこれは切実な問題です。

この本で、幕末・明治の頃の語学の達人が何人も紹介されています。
『外国語上達法』と比べると、かなり具体的な学習方法についての本ではありますが、是非読んでみてください♪
maria |  2007.12.18(火) 06:57 |  URL |  【コメント編集】

■なるほど~。。

こんにちは。
そうかぁ。。私は会話力を身につけたいって、いつも思ってるんですけど、読解力はあまりないかもしれないです。。手紙を書くので、例文の中にある単語を西和で調べて(特に動詞)自分の言いたいことに近いか、ニュアンス違うかな、とか考えながらは書いてるんですけど、そこだけ妙に上手い文章になってたりしたらイヤだなぁ。。^^; 興味のあるものの文章など、読んでみようかなって思いましたー☆
meenamoratubaile |  2007.12.19(水) 02:22 |  URL |  【コメント編集】

■meenamoratubaileさん

「会話力をつけたい」と思うこと自体を否定しているわけではないので、勘違いしないで下さいね。私が言いたかったのは、「文法なんか分からなくても、通じるからいいや~」って感じの会話偏重のことなので(^^ゞ

話すにしても、書くにしても、初めは一種のモノマネからスタートすることになるので、手紙を書くときに例文を利用するのは良いと思いますよ。自分なりにその文章の文法構造とか意味をしっかり理解した上で使えば、その積み重ねが実力になっていくものだと思います。
maria |  2007.12.19(水) 09:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。