2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.01.21 (Fri)

ミツバチのささやき

ミツバチのささやき

数ヶ月前から友人に借りていた 『ミツバチのささやき』 (西・1973年)のDVDをようやく鑑賞。
期待通りの良い映画でした。
実を言うと、観終わった瞬間はあまりピンと来ない部分もあったんですが、
時間が経つに連れてジワジワと良さが実感できました。
やっぱり歴史に名を残す名作ですね。

大人達の事情については多くを語らず、
でも観る側でそれなりに察しがつくような絶妙な匙加減で
細かい要素が散りばめられていました。
もしかしたら、観る度に再発見があるような映画なのかも。

でも何を置いても、この映画の魅力はやっぱり主演のアナ・トレントに尽きると思います。
『カラスの飼育』 よりもさらに2年前の映画なので、まだ7歳くらい。
(もっと幼く見える気もするけど。。)
あどけない、つぶらな瞳は、もうこの上なくキュート。
日本とかアメリカなどで天才子役って言われれいるようなタイプと違って、
いかにも熱演してますって感じじゃない、自然体なところが魅力です。

Ana Torrent

テーマ : ヨーロッパ映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  21:40  |  スペイン語  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■「テーン」

脱走兵にリンゴをあげるときに言うアナのセリフ「ten」 かわいかったな~、とか、最後のシーンでささやかれる「Soy Ana, Soy Ana」というのが印象的だったな~とか、ストーリーよりもそういう細かいことのほうが思い出されます。 あとはなんといっても映像美。
何度も繰り返し観たい映画のひとつです。

寡作のエリセ 『エル・スール』 もいいですよ~♪

あと、わたしは いつか『マルメロの陽光』を観たいと思ってます。
中古でも25000円、とても手がでません。(涙)
あんこ |  2011.01.23(日) 12:21 |  URL |  【コメント編集】

■あんこさん

確かに、あの「Ten」はとっても印象的でした。全体的に台詞が少ない分、余計に色んなシーンが印象深いですよね。(女の子たちが火の上を飛び越えているシーン、でも一緒に仲間には入らないアナの表情とか。)
機会があったら『エル・スール』も観てみたいです。
maria |  2011.01.23(日) 18:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。