2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.02.19 (Sat)

トスカーナの贋作

トスカーナの贋作

本日公開の 『トスカーナの贋作』 (原題:Copie Conforme) を観てきました。
巨匠アッバス・キアロスタミ監督が、
初めて母国イランを離れて撮影した映画であることや、
主演のジュリエット・ビノシュが、この作品で
カンヌ国際映画祭主演女優賞を初受賞したことなど、
何かと話題性のある作品ですが、私が一番惹かれたのは、
舞台がトスカーナという点でした(^^ゞ
予告トレーラーを偶然観た昨年末から、ずっと公開を心待ちにしていたんです♪

あらすじなどはリンクを貼った公式サイトをご覧頂ければと思いますが(^^ゞ、
ストーリーは予想通り、かなり不思議な展開でした。
「本物」と「ニセモノ」の境界線というテーマについては、
作品のタイトルにも、冒頭から続く美術の話にも出ていますが、
それを伏線にして、不可思議なラブストーリーが展開します。

何だか良くわからない感じは、いかにもフランス映画って感じですが(笑)、
それでも、私はかなり楽しめました。
イタリアの街並みや風景もいいし、イタリア語の会話もたっぷり聞けます。
(二人で初めに入ったバルのおばちゃんの台詞が絶妙です!)
イギリス人作家のジェームスが、初めは英語ばかり話しているのに、
途中ある期間はずーっとフランス語でした。
彼の精神状態と言語に何らかの関連性を持たせる演出なのかな?とか、
それ以外にも色んなことを深読みしたくなる映画です。
(鏡とか、窓ガラスへの反射とか、色々気になりました)

英語、フランス語、イタリア語が入り交じっていて、
字幕には出てこない細かい部分が聞き取れたりすると、
二人の距離感もより理解できる気がして、
不思議な満足感のある映画でした。

テーマ : ヨーロッパ映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  18:25  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■実は・・・

私も気になっていて、近々見に行きたいなと思っているところでした。
予告編もよかったですし、ジュリエット・ビノシュも先日テレビで「ショコラ」を見たばかりなので、個人的には旬ですし。
出不精なもので、見たいと思った映画のうち、実際に出かけるものはごくわずかなのですが、これはぜひ重い腰をあげて出かけたいものです。
YUKO |  2011.02.20(日) 10:49 |  URL |  【コメント編集】

■YUKOさん

私も似たタイプですねぇ。。気になる映画でも公開直後に行きそびれると、結局観ないまま終わることが多いです(^^ゞ
「ショコラ」はいかにもハリウッド映画って感じですので、同じ女優さんでもギャップが凄いかもしれません(笑) ☆この映画の好みは人によってかなり分かれる気がしますが、一見の価値はありだと思いますよ。YUKOさんの感想を楽しみにしています♪
maria |  2011.02.20(日) 17:42 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。