2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.05.25 (Tue)

『Canone Inverso』 読了

Canone Inverso

GW中から読み始めた 『Canone Inverso』 を読み終えました。
172ページしかない比較的短めの作品だったのに、ようやくって感じです(^^ゞ
ただ苦労して読み終えた割には、読後感は今ひとつ。
正直に言うと、かなり消化不良気味です。

「あるバイオリンにまつわる忌まわしい過去」という思わせぶりな始まりだった割には、
なんだか無理のある展開が多くて、とってつけたような印象は否めませんでした。
ストーリーに全くと言っていいほどのめり込めず、集中力も続かなかったせいもあって、
読了までに思いのほか時間が掛かってしまいました。
ただIBSでの読者レビューを見てみると、かなりの高評価なんですよね。
単に、私のイタリア語力の無さゆえに、
この作品の良さが理解出来なかったのかもしれません (^^ゞ
『狂った旋律』というタイトルで訳本も出版されているらしいので、
そのうち(今すぐって気分にはなれませんが(^^ゞ)
改めてそちらを図書館で借りて読んでみようと思います。
もし翻訳本で読んで「すっごく面白かった」と評価が変わるようなことがあったら、
こちらで正直にご報告します(^^ゞ

The Red Violin

ところで、この本とは関係ありませんが、
レッド・バイオリン』という映画をご存知でしょうか?
私はNY留学中に観ました。 
一挺のバイオリンをめぐるミステリーなので、『Canone Inverso』 を読み始めたときには、
この映画みたいな話を勝手に想像していたんですよね。
とは言え、良い映画だったことは覚えているんですが、
細かいストーリーは忘れてしまったので(^^ゞ、また機会があれば観てみたいです。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:59  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |