2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.04.23 (Fri)

ふらんす 5月号

ふらんす 2010年5月号

昨日、自宅に「ふらんす」5月号が届きました。
年間定期購読の一番のお目当ては、対訳で文学を読むコーナー。
今月は、『マノン・レスコー』 第2回です。
早速ノートにフランス語を書き写して、辞書を引きながら読みました。

先月号で、運命的な出会いの翌朝に駆け落ちした二人。
でも3週間ほど過ぎ所持金が底を付いてくると、状況が変わり始めます。
マノンは言い寄ってきた金持ちの農場主と結託して、
デ・グリューの父に彼の居場所を密告し、彼は実家に引き戻されてしまう。
彼女に裏切られて絶望に打ちひしがれるデ・グリュー。
その後、昼も夜も神学に没頭して1年近くが過ぎさった頃、
突然マノンが訪ねて来るのです。
初めこそ、「裏切り者」とマノンをなじるデ・グリューですが、
彼女に泣きながら「あなたの心を取り戻せないくらいなら、死ぬつもりよ」
と言われると、いとも簡単に彼女を許してしまうんですよね(^^ゞ

以下は、今月号抜粋最終部のデ・グリューの台詞ですが、
ちょっと気になることがあるので、原文・訳を一部引用します。

Je vais perdre ma fortune et ma réputation pour toi,
je le prévois bien; je lis ma destinée dans tes beaux yeux;
mais de quelles pertes ne serai-je pas consolé par ton amour!
私の財産も、私の名声も、君のために失うことになるだろう。
僕には今からそれがわかっている。君の美しい眼のなかに、僕の運命が読める。
だが、僕が何を失おうと君の愛がそれを慰めてくれる。


私が腑に落ちないのは、3行目の文です。
ne...pasがあるので、訳文とは全く逆の意味に思えるんですよね。
でもこの文脈で「君の愛で僕が慰められることはないだろう」では
やっぱり変ですから(^^ゞ、訳は正しいはず。
この ne....pasが何なのか、よく分かりません。
もし分かる方がいらっしゃったら、教えてください。
よろしくお願いします。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  17:36  |  フランス語  |  CM(10)  |  Top↑

*Comment

こんばんは

疑問の箇所、反語みたいなものでしょうか?
de quelles pertes ne serai-je pas consolé par ton amour!
「どんなに失うものがあろうとも、私があなたの愛に慰められないことがあろうか!いや、あるまい!」みたいな?

でも、文法書を見てみたけれど、的確に説明してくれるものは見つかりませんでした^^;
動詞は倒置しているし、de quelles pertesは譲歩っぽい表現だし、文法的にツッコミどころ満載の文ですね。私も真実が気になります。
tiemme78 |  2010.04.23(金) 20:59 |  URL |  【コメント編集】

■tiemme78さん

コメント頂きありがとうございました。指摘されて初めて気が付いたんですが、この文の中のquellesは疑問詞なんですね。どうやらイタリア語のquelleのような感じで読んでしまっていたみたいです(^^ゞ
疑問詞だと気が付いて、一気に靄が晴れました。仰るとおり反語ですね、きっと。直訳すると、「一体どの損失に関して、僕が君の愛に慰められないだろうか?」って感じでしょうか?主語と動詞が倒置しているのも、反語的疑問文なら納得ですね。(ってことは、本当は文末は「!」より「?」の方がいいのでは?って気もしますが。。)
maria |  2010.04.23(金) 22:08 |  URL |  【コメント編集】

■調べてみました

こんばんは。
感嘆文だと否定形が否定で解釈されない時がある…てな感じのいい加減なうろ覚え知識が私にはあったのですが、自信ないので調べてみました。

白水社の「フランス語ハンドブック」P.137「感嘆文」の中にありました。
----------引用ココカラ
Que de Précautions il a prises!「彼もどれほど用心を重ねたことか」
◆否定形(多く倒置)によって意味が強められる:Que de précautions n'a-t-il pas prise!(否定の意味にならないことに注意)
----------引用ココマデ

あぶないあぶない。感嘆文をさらに強めるために否定形を使うみたいですね。で、S-Vも倒置になる、と。
お陰で勉強になりました。ありがとうございます。
franc-tireur |  2010.04.24(土) 02:47 |  URL |  【コメント編集】

■franc-tireurさん

コメントありがとうございました。☆勝手に反語的疑問文だと納得しかけていたのですが、そうじゃなかったんですね(^^ゞ franc-tireurさんのコメントを読んで、文末が「?」でなく「!」だったことも納得がいきました。どうもありがとうございました。
文法書の類を一切持っていないので、そろそろ一冊買おうかな・・と思い始めました。独学の身ですから、疑問を解消する術を持っていないとダメですよね(^^ゞ 白水社の「フランス語ハンドブック」も含めて、本屋で何冊か見比べてみようかと思います。
maria |  2010.04.24(土) 09:13 |  URL |  【コメント編集】

■No title

mariaさん、franc-tireurさん、勉強になりました。

私は「現代フランス広文典」を持っていますが、この文章が感嘆文と気づかず、解決に至りませんでした。宝の持ち腐れ^^です。

ちなみに、この文法事項については、さらっと
「強調のために動詞を否定に置くことがある
Quelle ne fut pas sa joie! 彼の喜びはどれほどだったろう」
と書いてありました。
tiemme78 |  2010.04.24(土) 11:46 |  URL |  【コメント編集】

■tiemme78さん

「否定形を用いた感嘆文の強調表現」なんて、説明もなしにさらっと本文に出てくると困りますよね(^^ゞ。頂いたコメントのお陰で無事に疑問も解消し、記憶にもしっかり残って良かったですが、でもやっぱりこういう特殊な文法事項はテキストで解説して欲しものです。この文に関しては、「consoler+人+de~の受動態」という注は付いているんですけど、これが受動態だってことは、別に注などなくても見れば分かると思いませんか?(^^ゞ
maria |  2010.04.24(土) 15:58 |  URL |  【コメント編集】

■No title

みなさん、じっくりと読みこんでますねぇ。
私は、最近、だらだらと勉強していて、あまり真面目にやっていないからなぁ。
「ふらんす」は昨日、やっと4月号をだいたい読み終わりました。
「ふらんす」の4月号、TIMEみたいですよね?
ウィル |  2010.04.25(日) 22:08 |  URL |  【コメント編集】

■ウィルさん

続けているってことが一番大事だと思うので、時にはそれでもいいんじゃないですか? 私も「ふらんす」は一部の連載のみ熟読、あとは流し読みって感じになってます(^^ゞ 毎号隅々までしっかり取り組んだら力つくだろうなぁと思いつつ、なかなか手が廻りません。。
今年度の表紙は毎月枠の色が変わるんですね。確かに赤枠でタイトルも赤字だった4月号はTIMEっぽいです(笑)
maria |  2010.04.26(月) 08:32 |  URL |  【コメント編集】

■No title

『仏文和訳の実際』という本に、

Combien de temps n'avons-nous pas perdu!
どれほどの時間をわれわれは失ったことか。

という例文が出てきました。解説はないのですが、「ははー、これがあれか」と思った次第です。意味は否定にならないのですね。しかし、ちょこっと説明してくれてもいいのに。この記事と皆さんのコメントを読んでいなかったら、おそらくかなり悩んだはずです。
chez_toi |  2010.05.12(水) 13:47 |  URL |  【コメント編集】

■chez_toiさん

なるほど、確かに「これはあれ」ですね(笑)☆感嘆文の否定倒置形なんて解説がないと混乱のもとなのに、何故私の読んだ「ふらんす」の記事といい、chez_toiさんの本といい、解説をつけないんでしょうね。
ブログ記事拝読しました。例文暗記なんて凄いですね。私もそういうプロセスを踏まないと実力アップは難しいな・・と頭では分かっているんですが、イタリア語でもフランス語でもなかなか実行できません(^^ゞ
maria |  2010.05.12(水) 23:29 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。