2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.03.01 (Mon)

Bonjour tristesse

Bonjour tristesse

今日から3月。早いですね(^^ゞ
発表会に出ないことにした関係で11月から休んでいたフラメンコですが、
今月から4ヶ月ぶりにようやくレッスンに復帰します。
この間、一度も自主練習などで身体を動かすこともせず(^^ゞ
すっかり鈍ってしまったので、しばらくは筋肉痛に悩まされることでしょう。

今週は急に飛び込んできた臨時の仕事があったりする関係で、
また明日からは、何かと忙しい一週間になりそうな気配。
フラメンコや語学学習どころではないかも知れません。。(^^ゞ
ですが、月も変わったことですし、4月の新学期を迎える準備も兼ねて、
フランソワーズ・サガンの『悲しみよこんにちは』にフランス語で挑戦することにしました。
と言っても、まる一冊原書を読むということではなくて、一部抜粋だけですけどね(^^ゞ。
たとえ少しずつでも、取り組んでみようと思います。

以前にも書いたことがあると思いますが、10月から購入している「ふらんす」の
対訳で楽しむ」というコーナーで、6ヶ月間この作品が教材だったのです。
あくまで一部抜粋なので、6か月分合わせても分量的にはそんなにありませんが、
今の私のフランス語レベルでは、このくらいで充分です。

『悲しみよこんにちは』は、高校2年生の頃に読んだきり。
(おそらく母が買ったものなのでしょうが、当時サガンの本が家に3冊くらいありました)
今はもう大まかにしかストーリーも覚えていないので、
改めてフランス語の学習も兼ねて、ノートに書き写して精読してみるつもりです。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:54  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

『悲しみよこんにちは』は、大学1年の時にサークルで英語版を読みました。しかし、実家に日本語版(新潮文庫)もあったので、おそらく英語版が良く理解できずに日本語訳でカンニングしたものとの思われます(笑)。
しかし、どんなストーリーだったかまっったくおぼえていません。いまアマゾンの朝吹訳の内容紹介を読んだのですが、そんなドロドロした小説だったかなあ。記憶なし。どちらかというと女性向けの小説でしょうか。
chez_toi |  2010.03.01(月) 19:32 |  URL |  【コメント編集】

■chez_toiさん

私の実家にあったのも朝吹登水子訳の新潮文庫です。たしかにある意味女性向けの小説なのかもしれませんね。当時それなりに面白いと思って読んだような記憶が。。(^^ゞ ☆6ヶ月分の連載を利用して、あらすじを確認してみるつもりです。今月中に精読を終わらせるのが目標ですが、難しいかな。。
maria |  2010.03.01(月) 23:29 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |