2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010.02.23 (Tue)

外国語は時間がかかる

テレビでスペイン語 3月号

毎月楽しみにしていた連載 「ことばのピンチョスつまみ食い」 も最終回。
今月のテーマは「外国語は時間がかかる」です。

私も常々感じていることですが、ホント、外国語の習得には時間が掛かります。
巷にあふれている、「聞き流すだけで楽々マスター」みたいなものは、
ただの胡散臭い商品にしか見えません (^^ゞ。
語学上達の秘訣は、とにかく継続。
言い換えれば、時間と労力をかけ続けること。これに尽きると思います。

イタリア語を始めてから、周囲の人に「語学の才能があって羨ましい」
というようなことをよく言われるような気がしますが、それは全くの誤解です。
私にあるのは才能ではなくて、英語・スペイン語学習の蓄積に過ぎません。
この二つの言語を合わせたら、それこそ膨大な時間と労力(あとお金も(^^ゞ)を
これまでに費やしてきてますから。
(それにイタリア語そのものにだって、かなりの労力をかけてます。)
もし私に語学の才能なんてものが本当にあったら、
ロシア語で挫折することもなかったでしょう。
やっぱり時間も労力もかけない言語は、出来るようにはならないってことです(^^ゞ。

今月号のエッセイでは、「短期間で覚えたものは、あっと言う間に忘れる」
っていう話も書かれていました。これは私も実感していることです。
昨年、仏検直前には頭にしっかり入っていたはずのフランス語動詞の活用は、
いま殆ど思い出せないんですよね。音は何となく覚えていても綴りが。。(^^ゞ
逆にスペイン語は、もう何年も「勉強」はしていないのに、不思議なほど覚えています。
途中何年もブランク期間があるので、ずっと継続していたとは言い難いですが、
スペイン語を始めた日から、今年の夏で早20年!(^^ゞ
ほんと、スペイン語とは長いお付き合いです。

始めてからこんなに長い年月が経っている割には、
検定試験等を受けたこともなく、ただひたすら自分の楽しみだけで
細々とながらも続けているスペイン語。
本当はもう一度、どっぷりスペイン語漬けな日々を送ってみたい願望はあるんですが、
今それをやると、イタリア語のほうに支障が出る可能性大ですから、
(器用に使い分けられないことは、経験上分かっているので(^^ゞ)
もうしばらくは、付かず離れずで接していこうと思ってます。

「外国語は時間がかかる」
これを前提に考えれば、習得を焦っても仕方がありません。
(そもそも何を持って習得した、と判断するかも難しい問題ですが(^^ゞ。)
結果を焦らず、プロセスを楽しむ。
スペイン語だけでなく、どの言語もこの姿勢で継続したいと思います。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:44  |  スペイン語  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

語学の才能…といえるかはわかりませんが、“努力を継続することができる”というのも立派な才能のうち。それができるmariaさんにはやはり才能があると思うのですよね。
フツーの人はそれがなかなかできないのですから…

ところで、スペイン語歴20年なんですね、すごい!
確かに両言語(スペ語&イタ語)に全力投球は難しいですが、なんとかうまくバランスをとりながら、“継続”していきたいと思う今日この頃…
そう、プロセスが大事なのですよね。そしてそれを楽しむことも。
「結果がすべてだからな」と言っている同居人に聞かせたいですよ~^^;
あんこ |  2010.02.25(木) 08:12 |  URL |  【コメント編集】

■あんこさん

コツコツと地道に継続っていうのは、(もちろん対象にもよりますが(^^ゞ)確かにある程度は当てはまるかもしれません。でも逆にのめり込んで一つに集中するっていうのは出来ないんですよね。。(^^ゞ
スペイン語は出会って20年、真剣にお付き合いしたのはそのうち2,3年で、あとはずっと良いお友達って感じなので(笑)、語学の実力としてはどうなのか微妙です。。。(^^ゞ ☆イタリア語検定、もうすぐですね。頑張ってください!
maria |  2010.02.26(金) 06:50 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |