2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.02.19 (Tue)

脳を活かす勉強法

脳を活かす勉強法

昨日、NHK講座のテキストを買いに書店に行った際、
ふと目に留まり、立ち読みしているうちに全部読みたくなって購入しました。
大学時代の専攻が心理学だったこともあり、昔から「脳」にはとっても興味があるんです。
あの茂木先生の著書であり、「勉強法」と絡められた惹かれるのも当然でしょうか?!(^^ゞ


私が常日頃から漠然と感じているのと同じようなことも書かれていました。
でも同じようなことでも、科学的に分析されると妙に説得力が増します。
以前別のブログで「楽しい=楽(ラク)ではない」と書いたことがあったのですが、
この本では、そのことが神経伝達物質のドーパミンを使って説明されていました。

一生懸命考えた問題が解けて、「やったぁ!できた!」と感じているとき、
脳内ではドーパミンが分泌されます。
このドーパミンは、「快感」を生み出す脳内物質なのだそうです。
達成感をたくさん感じて、その度にドーパミンを分泌させると脳が喜ぶ。
学習プロセスにおいては、脳を喜ばせることで、
「もっと学びたくなる」好循環を作り出すことが大事とのこと。
ここで重要なのは、簡単にできることをいくら繰り返しても、
ドーパミンは殆ど分泌されず、脳も喜ばないということです。
脳に大きな喜びを感じさせるためには、
「出来そうも無い高いハードルをクリアする」ことが大事なのだそうです。
要するに「勉強が楽しい」と思えるためには、
楽なことだけをやっていては駄目だということですよね。


この本の中で、私にとって一番ためになったのは、
「『瞬間集中法』」で勉強を習慣化させる」という章でした。
この章のある一節を読んで、今後の自分に改善点を見出した気がしました。
そのくだりを、一部まるごと紹介します

たとえば、仮にいま17時55分だとします。
たいていの場合、「じゃぁ18時になったら勉強を始めよう」と考えます。
しかしこれではダメなのです。たとえ中途半端な時間でも、パッとやってしまう。
脳がその気になった瞬間こそが大きなチャンスなのです。
一瞬で集中する、この感覚が大事なのです。
そのために、勉強と自分の間に距離をおかずに、
現況と自分が一体になることが重要なのです。
この勉強法は、特に語学の習得に有効です。



これまでも「細切れ時間を有効に使う」ことは、私なりに意識していたつもりです。
でもその細切れは、最低でも15分くらいからでした。
茂木先生は、1,2分という時間でも集中することを説いています。
なるほど、言われてみれば、単語の暗記などは、
1、2分でもいくつかは出来ますよね(^^ゞ
この「超短時間の集中力」は、訓練&心がけ次第で身につくものだと思います。
これを習慣にしたら、一体どれほど学習効果があがることでしょう。。(^^ゞ
「忙しい」を決して言い訳にせず、細切れ時間の活用を心がけようと思います。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:49  |  語学全般&英語  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

■1分でも情報量は相当ありますよね

毎日、出来るだけユーロニューズというサイトで、
フランス語のニュースを見るようにしているのですが、
このサイトのニュースが大体1分くらいです。

ここはニュースの原稿(若干しゃべっているのとはちがっていたりしますが)も
見られるので、それを見てわからなかったところをチェックして単語を
調べたりするのですが、結構分量があるんですよね。

そう考えると1分って集中するとかなり意味があるのかもしれませんね。
ウィル |  2008.02.22(金) 21:11 |  URL |  【コメント編集】

■ウィルさん

一日の一分一分をすべて集中するのは無理な話ですが、まとまった時間がなくても勉強する時間はあるんだ、って発想を切り替えること自体はかなり意味がある気がします。ボーっとしているとあっという間に15分くらい経ってしまうけど、集中していると1~3分って意外と長いんですよね。☆音声での一分は、それこそかなりの情報量だと思います。
maria |  2008.02.24(日) 10:23 |  URL |  【コメント編集】

マリアさんのように働きながら、いろいろなことに取り組んでいられる方にとっては、切れ切れの時間でも有効に活用することは大事ですね。その点、私には時間がたっぷり過ぎるくらいあってのんびりしています。
Mammo |  2008.02.24(日) 15:22 |  URL |  【コメント編集】

■Mammoさん

たまに仕事が休みでのんびり出来る日があると、却ってそういう日の方が私は有効活用できない感じです。ちょっと忙しいくらいが私にはちょうどいいのかもしれません(^^ゞ

いまは発表会目前で気分的にも落ち着きませんが、こういう時期にいかにブランクを空けずにイタリア語にきちんと取り組めるかが大事、と自分に言い聞かせている今日この頃です。
maria |  2008.02.25(月) 10:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |