2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.08 (Sat)

Sostiene Pereira

10月から通い始めたイタリア語の講読クラスで
アントニオ・タブッキの「Sostiene Pereira」を読んでいます。

Sostiene Pereira


舞台は1938年夏のポルトガル・リスボン。
妻に先立たれた孤独な中年の新聞記者ペレイラが、
イタリア人青年のモンテイロ・ロッシと偶然に知り合ったことで、
それまでの平凡な日常が次第に運命に翻弄されて
別の方向へと向かっていく様子を描いた作品です。

この小説はイタリア語で書かれてはいますが、
主人公のペレイラはポルトガル人で、
実際には、ロッシともポルトガル語で話していることになっています。
今週授業で読んだ12章で、モンテイロ・ロッシの従兄が登場したのですが、
この従兄はロッシと同じイタリア人。
当然、この従兄弟同士はイタリア語で話します。

ペレイラが、ロッシから従兄を紹介されて、
「従兄はポルトガル語は話せるのか?」と訊く場面があるんですが、
それに対するロッシの返答は、
「ポルトガル語は話せないけど、スペイン語は話せますよ」でした。
イタリア語よりスペイン語の方が、ポルトガル語に近いってことですね。
そして従兄は実際、自分の置かれている状況をスペイン語で、
ペレイラに手短に説明するのです。

ちょっとビックリしたことに、その従兄の台詞は
小説の中でも全てスペイン語のままで書かれていました。
イタリア語小説の読者に対して、簡単なスペイン語なら
理解できることが大前提になっているわけです(^^ゞ
まぁ実際、イタリア語と似ている単語も多いし、文脈もありますから、
たいだいの意味は分かって当然なのかもしれませんが。

来週が今年最後の授業で、ちょうどコースも半分終了。
本もちょうど半分くらい読み終わります。
とても読みやすいイタリア語で書かれているので、
イタリア語小説に初めて挑戦する私でも
大きな苦労もなく、ここまで楽しみながら読めています。
小説もようやく半ばに来て、いよいよ次の展開に向かい始めました。
今後、主人公のペレイラの人生がどう変えられていくのか楽しみです。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  15:23  |  イタリア語  |  CM(7)  |  Top↑

*Comment

さっそく新しいお部屋にやってまいりました。
今まで通りマリアさんでいいですね。タイトルのマルチリンガルぴったりです。
そして、面白いです。
araurara |  2007.12.08(土) 22:49 |  URL |  【コメント編集】

■arauraraさん

ご訪問頂きまして、ありがとうございます♪
ブログのHN変えようかとも思ったんですが、結局いいのが思い浮かばず・・・
それに2年もmariaを使ってしまうと、私自身もこの名前に慣れてしまって(笑)
これからもよろしくお願いしますv-254
maria |  2007.12.09(日) 10:05 |  URL |  【コメント編集】

最初は厳しかったのでしょうが、今では苦もなくクラスをこなしているようで素晴らしいですね。今の読本が終了したら、私も読んでみたいです。同じラテン系でも、地理的な関係か、イタリア、スペイン、ポルトガル語の順で似ているように思います。以前、家内の友人のアルゼンチンの女性が来た時、私の拙いイタリア語を彼女は完全に理解していました。でも、逆は無かったです。
Mammo |  2007.12.10(月) 13:27 |  URL |  【コメント編集】

■Mammoさん

是非Mammoさんも読んでみてください。白水社から訳書も出ているので、万が一、理解できない箇所などがあっても照らし合わせながら確認できますし、独学教材としてはいいと思います。☆クラスメートたちの話では、この「Sostiene Pereira」は近年の講読クラスの中でも、相当読みやすい原書のようで、私にとっては、初挑戦がこの教材で本当にラッキーでした。
maria |  2007.12.10(月) 14:35 |  URL |  【コメント編集】

お久しぶりです。
久しぶりのご訪問ありがとうございました☆
スペイン語とイタリア語、両方勉強されてるmariaさんなら、感覚はわかると思うんですが、私が、イタリア留学時、学校のスペイン人の生徒は、やっぱり初級でもほぼ完璧に先生の言うことは理解できるみたいでした。
生徒は、スペイン語、先生はイタリア語でも、一応会話は成り立ってたような感じでしたよ(笑)まあ、方言みたいなもんなんですかね。
チッチコッコ |  2008.06.15(日) 17:19 |  URL |  【コメント編集】

追記:

すみません、何を間違ったか、古い記事のところに来てしまって、すごい前の記事にコメントしちゃいました^^;
チッチコッコ |  2008.06.15(日) 17:24 |  URL |  【コメント編集】

■チッチコッコさん

ご訪問ありがとうございます♪ ずいぶん前の記事へのコメントでビックリしましたが、私自身、半年前の記事を改めて読めて懐かしかったです(笑) ☆どの記事へのコメントでも歓迎です♪

イタリア語とスペイン語、確かによく似てます。でも全然違う部分もあるだけに、頭の整理が大変なんですよね(^^ゞ 最近になってようやく、書いたり話したりするときに、スペイン語よりもイタリア語の方が先にちゃんと出てくるようになりました。
maria |  2008.06.15(日) 18:50 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。