2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.11.23 (Mon)

2級1次試験

先日届いたイタリア語検定の結果に、
1次免除で受験しなかった2級の問題冊子が同封されていました。
リスニングは音源がないとやりようがないし、
作文は書いてみても採点出来る訳ではないので、
筆記のセクションのみ、昨日やってみました。

自宅でやるときほど本番は落ち着いて出来るわけではないので(^^ゞ、
仮に受験していても全く同じ結果が出たかどうかは分かりませんが、
筆記の結果は、36点中31点でした。
筆記は、文法、語彙、読解の3パートから成り立っていますが、
文法問題では、1つだけ間違えました。
それ以外は、殆どが語彙問題のミスです。
熟語・成句は、知らなきゃ出来ないですからね~。

昨年はもっと高得点が筆記で取れていたので、
採点し終ったときには、かなり間違えたな・・と思ったのですが、
後でよく確認してみると、どうやら今年はこの筆記が難しかったみたいですね。
去年より平均点もかなり低かったし、受験者中の最高得点も32点でした。

もし今年2級1次を受験していたとしても、クリアできた可能性はありそうです。
もちろん、リスニングと作文がいつもどおりに出来ていればですが。
仮定の話をしても意味はないのは分かっているのですが、
今年は昨年と比べて、2級1次の合格率が極端に低かったので、
なんとなく2次試験に向けて、妙な緊張感が生じていたんです(^^ゞ

ただの自己満足と言われてしまいそうですが、
「今年1次を受かった人と実力ではひけを取らないぞ」と
無理矢理自分に思い込ませられる根拠が得られたので、
昨日2級筆記問題をやってみたのは正解でした。
気後れすることなく、口述試験に臨めそうな気がして来ました。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:05  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

2級の2次 ぜひがんばってください! 実はクラスにいきづまっているので 目標をと思って マリアさんが 勧めておられた 3級突破 をこの2週間でやってみました・・・・読解と作文がダメです 語彙力不足 作文は正確さ構成力が要求されますね 受験するか迷います
2級は さぞや! と感じました  
mi |  2009.11.23(月) 13:38 |  URL |  【コメント編集】

mariaさんの緊張を増長するようなことは言いたくないのですが、でも、ブログからmariaさんの緊張感がひしひしと伝わってきます。
大丈夫!実力はあるんですから、あとは、そのときの運次第。
緊張感を楽しむつもりでね♥
sora |  2009.11.24(火) 08:39 |  URL |  【コメント編集】

■miさん

激励コメントありがとうございます。
昨年はちょっと認識が甘くて気楽に臨み過ぎてしまったので(^^ゞ、今年は自分なりに悔いが残らないように残りの日々を使いたいと思っています。

特に必要性がなくても、やはり検定受験は語学学習の目標としては最適ですよね。レッスンに物足りなさを感じておられるなら、今こそ受験時(?)かもしれません(笑)☆ 受験するからには合格したいのは当然ですが、でも受験を迷う必要はないと思いますよ。読解も作文も、検定のような強い動機付けがないと、真剣に取り組んで実力アップさせるのは難しいと思うので、「イタリア語力アップのため」に受験されるのも一つの考え方だと思います。私自身の経験で言えば、3級受験を通して、自分のイタリア語力が一段階ステップアップしたと思います。
maria |  2009.11.24(火) 08:45 |  URL |  【コメント編集】

■soraさん

ブログから伝わってますか?(^^ゞ 昨年のこととか思い出すと、あれこれ不安になってしまうんですよね。。。でも、ここ一ヶ月くらいの間にスピーキング力が急成長した実感が自分でもあるので、昨年よりは善戦できるはず、、と思ってます。 
maria |  2009.11.24(火) 08:54 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。