2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.08.30 (Sun)

『Due di due』 読了

Due di due

サマーコースも全て終了し、ホッとしながら「一区切り」を実感している週末です。
この一区切りとタイミングを同じくして、『Due di due』を読み終わりました。
Seconda parteに入ってからは、検定の勉強も全くせず(^^ゞ
暇を見つけては読んでいたので、予想より一ヶ月も早く読み終わりました。
今年の年間目標だった5冊目をついにクリアです!
かなり読みにくい箇所も多い上に長編作品だったので、
これを読破できたのは、今後の大きな財産になることでしょう。

14歳で出会ったMarioとGuidoの20年以上に渡る成長と友情関係を描いた作品です。
これから読まれる方のためにも、細かなあらすじは敢えて書きませんが、
男の友情(相手に対する羨望、嫉妬、対抗心なんかもあって時には複雑(^^ゞ)が、
細かな心の機微みたいなものまで含めて、よく描写されていたと思います。
はっきり言って長い作品ですが(^^ゞ、
この誰の人生においても一番変化のありそうな期間を丁寧に描写しているので、
最終章では、過去の様々な場面を思い出して思わずウルッときてしまいました。
なんとも言えない、余韻の残る作品です。

さて、仕事は明日から早くも秋学期スタート。
でも普段のスケジュールに戻ると言うのは嬉しい限り。
イタリア語に関しては、原書読書はしばらくお休みして、
9月は検定の勉強に集中するつもりです。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  17:52  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

目標達成おめでとうございます♪

私もこの本の最後の最後はウルウルしちゃいました。あと、最初のintroduzioneの部分も私は大好きなんです。「この作品は書き始めてからしばらく放っておいた時期があった。久しぶりに原稿を読んだら、登場人物たちが、なんで今まで放っておいたんだ!と怒っているようだった」ってなことが書いてあるものです。私の持っているのはEinaudi社のもので、mariaさんのとは表紙も違うし載っていないかな?
tiemme78 |  2009.09.02(水) 22:25 |  URL |  【コメント編集】

■tiemme78さん

ありがとうございます。読み終わった達成感は、これまでの本より遥かに大きかったです。この作品を薦めてくださってありがとうございました。☆私の持っているのはBompiani社のものですが、
introduzioneは載ってますよ。全て作品を読み終えてから改めてこれを読むと、「書き始めた当初は、あまりにも自分に身近すぎて冒頭だけ書いて辞めてしまった」というのも、なんとなく分かる気がしますね。著者のAndrea De Carloにとっても特別な思い入れのある作品なんでしょうね。☆長編なのですぐに2度目という気にはなれませんが(笑)、また是非読み直してみたいです。
maria |  2009.09.02(水) 23:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |