2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.08.22 (Sat)

あと一週間

学生たちの夏休みも遂に終盤。
夏期講習も、残すところあと一週間です。
今年は7月前半にたっぷり充電したせいもあって、
例年よりは順調にサマーコースのスケジュールをこなしている感じですが、
それでもやはり、夏のスケジュールは体力的には大変です(^^ゞ

授業に加えて、お盆直前あたりから別の業務も発生したので、
そのせいもあって、何かと慌しい日々が続いています。
その追加業務というのは、某大学AO入試向け「志望理由書」の指導&添削。
英文1000wordsで、大学で何を学びたいか、それに興味を持ったキッカケは何か、
大学で学んだことを将来はどのように活かしたいか・・などを書くというものです。
提出期限が9月中旬なので、この作業がらみで9月は忙しくなりそう。

一昨年、昨年は、イタリア語検定の日程を意識して、
あまり担当人数を増やさないように学校側に依頼していたのですが、
今年は、依頼が来た時点ではイタリア語検定を受ける気が無かったので、
全面的にOKしてしまったんですよね。。。(^^ゞ

当然と言えば当然という気もしますが、殆どの生徒は
「何をどういう風に書いたらいいか分からない」というのが現状です。
自分が高校生の頃を考えてもそうですが(^^ゞ、
漠然と学びたい分野や学科はイメージできても、
そこで具体的に何を学びたいか、それを活かして将来は何をしたいかなんて、
高校3年生で明確に言える人の方が少ないです。
なので、英文を書き始める前に、個別に面談をして色々な話をしながら、
盛り込んだ方がいいと思われる内容をアドバイスする作業から入ります。
既に全員の面談は終わったので、今は生徒から上がって来るドラフト待ちの状態。
それを必要に応じて、内容の変更・追加などを指導して再度書き直してもらって、
最後に講師の方で、文法やらその他の語法等をチェックして提出用に仕上げます。

これまでの経験からすると、提出期限ぎりぎりになって
一気に最終版が提出される可能性が高いので(^^ゞ、
今年は担当人数も多いし、9月前半は自分の勉強どころじゃないかもしれません。
でも巧く時間のやりくりをつけながら、頑張りたいとは思っています。

それにしても、このライティング作業。
英語なら生徒に指導している立場なんだから、
イタリア語でもそれと同じようにすれば良いだけの事なんですけどねぇ(笑)
でもイタリア語だと書けないんですよねぇ~。作文、苦手です。
結局は、自分でアクティブに使える語彙・語法のストックが
まだまだ少なすぎるってことなんだと思います。
頑張っている生徒達を見習って(?)、
私もイタリア語の作文練習しなくては。

テーマ : 外国語学習 ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  11:21  |  語学全般&英語  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■作文は苦手です

私も作文は苦手です。
そもそも、フランス語や英語で文章を書くことは、
年に一度、クリスマスカードくらいなので、
勉強も完全に手を抜いていますから・・・。
もうちょっとちゃんとやったほうがいいんでしょうけどね、本当は(汗)
ウィル |  2009.08.23(日) 22:56 |  URL |  【コメント編集】

■ウィルさん

この苦手意識を払拭して、作文のスキルを上達させるためには、やっぱり実際に書く作業をたくさんするしかないんでしょうね(^^ゞ。そろそろ真剣に取り組む必要性を感じ始めています。
maria |  2009.08.24(月) 05:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |