2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.07.10 (Fri)

いたるところでスペイン語

今回のNY旅行で、テレビなども含めると、一番良く耳にした言語はもちろん英語ですが、
街では、いたるところで毎日のようにスペイン語が耳に飛び込んできました。

ご存知のようにマンハッタンの中には、ヒスパニック系の居住区もありますし、
私が留学していた当時から、スペイン語に触れる機会はありました。
学生寮の掃除のおばさんは、英語が殆ど話せないドミニカ人(?)でしたし、
街なかでスペイン語を耳にすることは、珍しいことではありませんでした。
でも、今回の旅行中に聞いたスペイン語の絶対量は半端じゃないです(笑)
一体どうしちゃったんでしょう??
アメリカ国内のヒスパニック系住民の数が増えたのでしょうか?
それとも中南米からの旅行者が多かったのか・・?
真相は良く分かりませんが、どこに行っても周囲から聞こえてくるスペイン語に、
私も主人も驚きっぱなしでした。

滞在中、毎日乗っていた地下鉄では、英語以上にスペイン語を耳にしました。
私の勝手な意見ですが、英語を話す人たちが一人で乗っていることが多かったのに対して、
ヒスパニック系の人は家族や友だちと一緒に乗っていることが多かったようです。
おまけに声が大きいし、よく喋るんですよね。。(^^ゞ
地下鉄では、聞こえてくるのはスペイン語だし、
スペイン語オンリーで書かれている広告もたくさん貼ってあったりして、
「ここは本当にアメリカか?」って思えるほどでした(笑)
また何年か後に行く頃には果たしてどうなっているのか、ちょっと楽しみです(^^ゞ

テーマ : スペイン語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:57  |  スペイン語  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

■No title

こんにちは。mariaさんの3月25日の記事にコメントを書いていたdezizと言います。

私の住んでいるNCのけっこう田舎な街でも、ヒスパニックの人たちが本当に多いです。NYCだと尚更なのだろうなと思います。ヒスパニック人口増加を不快に思う人たちの声もよく聞こえてきますが、私個人は、ちょっとでも片言のスペイン語で話しかけるとすごくフレンドリーに接してくれる彼らの方が、無意識のうちにも「英語が話せて当然!」という態度のアメリカ人の対応よりも嬉しかったりします。

うちの夫がよく冗談で、遠出をしたりする時、ハイウェイなどで工事現場をいくつか通る際、その中で、もし工事作業員の中に全くヒスパニックらしき人が居らず、アメリカ人作業員だけの様だったら、「何かヘンだ、おかしい!」などと言います。つまり、全ての工事現場、それから、殆どのレストランで、ヒスパニックの人を見かけない事がないのですねぇ・・。^_^;

「少子化」なんてどこ吹く風、といった感じの、とにかく増え続ける彼ら。どう見ても独身にしか見えないような可愛い女性から「上の娘は小学生で」などと答えが返って来て驚かされたりもします。

とにかく逞しいです。

すみません、つい、mariaさんの「ヒスパニック系」の話題に反応してしまいました。(^^ゞ

NYCでの話題の初めにこの事を書かれるとは想像していませんでしたが、読んでいてつい、楽しく元気になってしまいました(!)。
deziz |  2009.07.10(金) 17:39 |  URL |  【コメント編集】

■dezizさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます。以前に頂いたコメントを読んで、勝手にCA在住の方かと思っていたのですが(^^ゞ、NCでしたか。今はどこの州でもヒスパニック人口が増えているんですね。
私は元々、アメリカで出会った陽気なメキシコ人たちがキッカケでスペイン語を学び始めたほどなので(^^ゞ、ヒスパニック系の人たちには好感を持っています。(dezizさんの仰る「アメリカ人の対応よりも」のくだりは共感しきりです!)
外国語を学ぼうとしない(必要無いとさえ思っている)アメリカ人が多い中、今後バイリンガルのヒスパニック系アメリカ人の活躍の場は増えるかもしれませんね。楽しみです(^^ゞ
maria |  2009.07.10(金) 19:15 |  URL |  【コメント編集】

■No title

おかえりなさ~い。
もうずいぶん前になりますが、大統領がスペイン語で演説したことが話題になった頃がありました。
(今は常識なのかもしれませんが...。)
大事な大事な票に繋がることを、その頃から認識していたのでしょう。
私もマリアさんのように外国に行って、肌で、その国の「今」を感じたいものですが...。
無理だなー。


araurara |  2009.07.10(金) 20:24 |  URL |  【コメント編集】

■arauraraさん

ちょっぴりご無沙汰です(^^ゞ コメントありがとうございました♪
今のオバマ大統領がどうかは知りませんが、これからのアメリカの政治家はスペイン語が話せれば大きな強みになるでしょうね。流暢でなくても少し話せるだけで、かなりのアピールになりそうな気がします。まぁもちろん政策が一番大事ではありますが、ヒスパニック系住民の増加を考えると、プラスαとしてスペイン語は無視できない要素かもしれません。
我々のスペイン語学習は、もっと純粋に楽しさのためですが(^^ゞ、お互いにこれからも頑張りましょう♪
maria |  2009.07.11(土) 11:50 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。