2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.06.22 (Mon)

Due di due

Due di due

仏検も終わったので、今日からまたイタリア語読書を再開しました。
今年の5冊目に選んだのは、『Due di due』です。
5月末には自宅に届いていたのですが、下手に手を出すと危険な気がして(^^ゞ
今朝まで目に付かない戸棚の奥にしまいこんでいました。
ようやく今日から解禁です(笑)

今回の本は、過去に読んだものよりかなり長いです。
結構短めだった 『Va' dove ti porta il cuore』 や 『Mi fido di te』 などと比べると、
2~3倍近いボリューム(^^ゞ
Fabio Voloの小説みたいな読みやすさでもないので、
読み終わるには結構かかるかもしれませんね~。
毎日の通勤のお供にして、気長に楽しみたいと思います。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:30  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

■おめでとう

仏検合格(ですよね絶対!)素晴らしいですね おめでとうございます で終わったらすぐに違う言語の原書・・・感心するばかりです
旅の日記を終えて フーでしたが せめてもっと伊語頑張ろう・・という私とは大違いです 
mi |  2009.06.24(水) 08:54 |  URL |  【コメント編集】

■Andrea de Carlo

こちらの記事を読み、「Due di due」を読みかけにしていたままだったことを思い出しました^^;スペイン語学習が一区切りしたら読もうと思います。
同じAndrea de Carloの作品で「Treno di panna」も面白かったです。

ところで、数日前の「カラスの飼育」に関するmariaさんの記事を読み、楽しみにストリーミングを聞いたら、なんとそのフリートークがなかったんです(涙)。ストリーミングは編集されているんですね。残念。
puntarellina |  2009.06.25(木) 08:30 |  URL |  【コメント編集】

■miさん

ありがとうございます。正式な結果通知は来月下旬ですが、たぶん大丈夫でしょう(^^ゞ
イタリア語での読書は、殆ど勉強の感覚は無いのです。スラスラ読めるというわけではなく、あくまで自分の中の意識がということですが(^^ゞ。フランス語も小説が読めるようになるのが目標です。☆原書読書といえば、以前にオススメ頂いた『Never let me go』は結局13章(ちょうど半分くらい)まで読んだところで図書館の返却期限が来てしまいました(^^ゞストーリーがなかなか展開しなかったせいで、波に乗れずに話に入り込めなかったので、予想外に時間が掛かってしまいました。☆きっとこの後から面白くなるのでしょうし、せっかく13章までは我慢強く(?(^^ゞ)読んだので、また改めて借りて後半を読むつもりです。
maria |  2009.06.25(木) 23:33 |  URL |  【コメント編集】

■puntarellinaさん

Andrea de Carloは、イタリアではかなり人気作家なんでしょうか?(^^ゞ あまり事前知識も無く読んでいます。
ストリーミングの件、驚きました。ラジオ講座と同じものがそっくりそのまま流れていると思っていたのに、時には編集されることもあるんですね。フリートークが一番面白いのに・・(^^ゞ  時間にして1分ちょっと位だと思うので、それをわざわざ手間をかけて削除した意図が良く分かりません。。。
maria |  2009.06.25(木) 23:38 |  URL |  【コメント編集】

■No title

mariaさん、こぶさたしています。
Fabio Voloの本、なかなかのれず、中断してしまいました^^; そして今カルロス・ルイス サフォンの「風の影」を読み始めています。こちらもかなりの長編なので最後まで無事たどり着けるか不安。。。

Due di due、イタリアの高校の国語の授業でも読まれているらしいです。そうそう、以前某イタリア語の試験を受けた時、「イタリア語で小説も読みます。好きな作家は・・・」ってFabio Voloと答えようと思ったところを、とっさになぜかAndrea De Carloって口から出ていました。それに対する面接官の返事が「Ottima scelta」でした。学校の授業でも読まれる無難な作家を答えておいて正解だったなぁと思った次第です。
viaemilia |  2009.06.26(金) 22:53 |  URL |  【コメント編集】

■viaemiliaさん

お久しぶりです。ブログがなかなか更新されないので、どうされているのか気になってました。☆Fabio Voloの本、やっぱり初期の作品は『Il giorno in più』ほどではないですか?(^^ゞ ☆『Due di due』が高校の国語の授業で読まれているというのは、嬉しい驚き情報でした。かなりの長編で先行き不安ですが、viaemiliaさんのオススメ本でもありますし、是非頑張って読破したいです。
maria |  2009.06.26(金) 23:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。