2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.02.04 (Mon)

作文対策

昨年秋に受験したイタリア語検定2級の問題冊子を
久しぶりに引っ張り出して眺めてみました。
受験日から現在までの一番大きな進歩は、長文を読むことに慣れたことだと思います。
今回見てみたら、検定の長文を全く長いとは感じませんでした。
講読クラスで、ペーパーバックの小説を毎週10ページ近く精読しているんですから、
検定問題が短く感じられるのは、当たり前かもしれませんけどね(^^ゞ


私はもともと文法と読解は好きなので、その二分野に関しては、
今後の学習計画にもあまり迷いはないんですが、問題は作文です。
昨年の検定でも、作文は合格基準ギリギリでした。
今年は、どうにか作文力もアップさせたいと思っているのですが、
まずは基礎力作りに取り組みたいと思います。

書ける、話せる、実用例文800

この本、すでに2周くらいはやっています。
でも正直なところ、完全に定着まではしていません。
それにこれまでは、電車の中や外出先で使っていたせいもあり、
まず日本語を見て、それをイタリア語に頭の中で訳してから
模範伊訳を見るという方法を採っていました。
つまり、この本に関して言えば、
実際に書くという作業を殆どやっていなかったんです(^^ゞ

その点を改め、再度この本に取り組み始めました。
やはり実際に文字で書いてみると、スペリングの間違いとか、
前置詞と冠詞の短縮形に関するミスといった
自分の弱点がよりハッキリと確認できるような気がします。

検定の作文問題は150~180語で自分の意見などを書くものですが、
長い文章も、所詮は短い一文一文の集まりに過ぎないわけですから、
まずは正しい、イタリア語らしい表現の一文が「確実に」書けるように
この800例文を使って練習していこうと思います。

この本に出てくる例文が、瞬時にイタリア語で浮かぶようになったら、
作文力だけでなく、会話力もかなりアップすることは間違いないでしょう。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:08  |  イタリア語  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

■こういうのを見ると思い出してしまいます

こういうのを見ると、受験生時代にやった「基本英文700選」を思い出してしまいます。
やっぱり、こういうので、丸暗記をしっかりしないとダメなんですよね。
フランス語ではいろいろやりましたが、私の場合は、ドイツ語ではまだ、そのレベルに達していません(涙)
まずは、単語を覚えなくちゃ。それにしても、最近、全然覚えられなくて困ってます。
ウィル |  2008.02.04(月) 21:08 |  URL |  【コメント編集】

■ウィルさん

懐かしいですね~。私も高校生の時、「700選」やりましたよ。「英文解釈教室」もそうですが、ウィルさんとは受験時代に使っていた本が殆ど同じみたいですね。(まぁ当時の定番参考書ですけど(^^ゞ) ☆例文暗記をしながら同時にそこにある単語も覚えればいいんじゃないですか??私はどうも単語だけ覚えるってことが出来ないので。。
maria |  2008.02.05(火) 07:45 |  URL |  【コメント編集】

やはり書くのがいいと思います。マリアさんは精読時によく書いていましたね。
私は3級受験の際、聞き取りトレーニングの日本語をイタリア語に書き換える練習をしました。口はあまり動きませんが、何とか文章には出来るようになりました。それでも今のレッスンで書いた作文は、先生に真っ赤に直されます。相変わらず定冠詞を間違えたり、表現が変なようです。
Mammo |  2008.02.06(水) 17:29 |  URL |  【コメント編集】

■Mammoさん

そうなんです、以前は精読時に伊文をノートに書き写す作業をやっていましたが、今の講読クラスの教材は、書き写すには分量がありすぎて・・(^^ゞその結果、最近「書く」作業から多少遠ざかっていました。これからは作文練習を通して、書く練習を復活させたいと思います。
maria |  2008.02.08(金) 07:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |