2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.03.27 (Fri)

ことばのピンチョスつまみ食い

テレビでスペイン語

スペイン語テレビ講座のテキストに、講座担当の粕谷先生と
黒田先生の対談が掲載されていると知り、さっそく書店で立ち読みしました。
てっきり4月号限定の特別企画かと思ったら、新連載記事でした。
さらに驚いたことに、この連載記事は黒田先生が毎月担当されるのです。
粕谷先生の連載1回目のゲストが黒田先生なんだと思っていたら、実際には逆でした。

黒田龍之助先生といえば、やはりロシア語のイメージですが、
実際には本当にたくさんの外国語を学ばれています。
ただ意外なことに、スペイン語は勉強したことが無いそうです。
スペイン語は知らないけど、スペイン語のテキストで連載を担当する。。(^^ゞ
普通ならちょっと変に思うところですが、連載の趣旨は
スペイン語そのものよりも「語学をいかに楽しむか」にあるようです。
まさに今の私にはタイムリーな企画ですね(^^ゞ
4月号の粕谷先生との対談も、とっても面白かったです。
一読の価値ありですよ。

黒田先生は、白水社の『ふらんす』でも連載をスタートされました。
今までラジオ講座「まいにちロシア語」の講師だった黒田先生が、
フランス語の話を連載したり、スペイン語のテキストに記事を書いたり・・なんとも興味深いです。
どちらの連載記事も、これから毎月欠かさず立ち読み(^^ゞする予定です。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

テーマ : スペイン語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:21  |  スペイン語  |  CM(8)  |  Top↑

*Comment

■黒田先生

お久しぶりです。わたしも「テレビでスペイン語」のテキストを立ち読みしました。
粕谷先生がスペイン語を始められたのが28歳のときというのも驚きました。
かなりの晩学の部類だと思いますが、それでも十分ものになるのですね。
黒田先生は「ふらんす」にも連載を持っているのですか。引っ張りだこですね。
「ふらんす」にはレナさんも新連載を持っているということなので、立ち読み(^^;
してみたいです(近所の小さい書店には置いてないのです)。
chez_toi |  2009.03.27(金) 13:44 |  URL |  【コメント編集】

■chez_toiさん

お久しぶりです。☆粕谷先生のスペイン語を始められた経緯は、以前のラジオ講座応用編「ダーリンは駐在員」の初回放送時に聴いて知っていました。普通NHK講座で講師をされる先生方は、大学生の時からその言語の専門課程で学ばれているケースが多いですから、粕谷先生のスペイン語学習歴はリスナーの励みになるなぁ・・と思ったものです。☆「ふらんす」の4月号には、清岡先生も記事を書かれていました。(おそらくこちらは連載ではないと思いますが。)レナさんの新連載は、まだ読んでいません。次の機会に立ち読み(^^ゞする予定です(笑)☆chez_toiさんのブログで、「アンコールスペイン語講座」の記事読みました。自分の名前を記事に見つけてビックリでした(^^ゞ 私も吉川先生の接続法講座、もしかしたら聴くかも知れません。
maria |  2009.03.27(金) 17:43 |  URL |  【コメント編集】

「一読の価値あり」の言葉に惹かれてさきほど本屋さんで立ち読みしてきました。購入せずにゴメンナサイ。

「語学習得は単語と文法を覚えることはどの言語にも共通」っていうような話がありましたよね。その通りですよね。それなのに最近は文法ないがしろでいきなりコミュニケーション!みたいなやり方が幅を利かせているような・・・。

名前を忘れたのですが、NHKのテレビやラジオで講師をされていた男性の先生(福島先生ではない方)も30か40でスペイン語の勉強をはじめた、と以前おっしゃっていたのを聞いて、すごく励みになった記憶があります。
viaemilia |  2009.03.27(金) 21:32 |  URL |  【コメント編集】

■横からすみません

↑大岩功先生のことでしょうかね。経歴を見ると、学部はスペイン語と関係ないインド哲学科を出ていて、31歳のときにサラマンカ大学に留学されたようです。…ちがっていたらすみません。
chez_toi |  2009.03.28(土) 02:25 |  URL |  【コメント編集】

■viaemiliaさん

どの言語でも単語と文法を覚えることから始まる、っていう趣旨の発言は、『外国語上達法』(千野栄一著)を思い出しました。まぁこれはある程度外国語を習得した人なら、誰でも思っていることでしょうが、文法を抜きにしての外国語習得は無理ですよね。。(^^ゞ☆viaemiliaさんのコメントを読んだときには、その先生は山眞次先生かと一瞬思ったのですが、あとからchez_toiさんが書いてくれているように、大岩功先生のことのようですね。
maria |  2009.03.28(土) 09:03 |  URL |  【コメント編集】

■chez_toiさん

いえいえ、横レス歓迎です。ありがとうございます。☆大岩先生は今学期ずっと放送されていた「僕のブエノスアイレスを探して」シリーズの先生ですよね?以前に大岩先生の講座は半年全て聴いていたのに、プロフィールは全く知りませんでした。(テキストを買わずにラジオだけを聴いていたので、経歴も見ることがなかったようです(^^ゞ)☆インド哲学科っていうのもユニークですね。外国語専門課程修了者ではない講師の先生って、そういう方がいるというだけでも勇気付けられますよね。☆スペイン語の山眞次先生や、イタリア語の入江たまよ先生も別の学部出身者です。
maria |  2009.03.28(土) 09:08 |  URL |  【コメント編集】

■そうでした!

大岩先生でした。数年前のテレビのスペイン語会話の第一回目に、「私も30になってからスペイン語の勉強をはじめたので、みなさん、今から外国語の勉強するなんて遅すぎるかしら、とあきらめないでください」というようなことをおっしゃっていました。
viaemilia |  2009.03.28(土) 20:07 |  URL |  【コメント編集】

■viaemiliaさん

やっぱり大岩先生でしたか。これでスッキリしました(^^ゞ。☆viaemiliaさんはスペイン語も勉強されていたんですね。明日から始まる新学年度、私も4月はテレビ、ラジオともあれこれチェックしてみようかと思っています。
maria |  2009.03.29(日) 06:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |