2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009.03.25 (Wed)

自由に語学を楽しむ

4月からの「新学期」を目前に控えて、
今後の語学学習を改めて考えたりしている今日この頃です。

この一年ほど、私はイタリア語と混ざることを恐れるがあまり
極力スペイン語を遠ざけるようにしてきました。
聴いたり読んだりするときにはプラスに働くことがあっても、
いざ自分が喋るとなると、スペイン語は本当にマイナスでしかありません。
イタリア語検定2級2次試験での苦い経験を経て、そう痛感しました。
でも、突然ふと思ったんです。
これって何か違うんじゃないか?・・と。
過去にそれなりの努力をして身につけたスペイン語を、
意識的に忘れようとするなんて、馬鹿げてますよね。

せっかく難関と言われているイタリア語検定2級1次をクリアしたのに、
スピーキング力が一歩及ばずに2次が不合格になったのが悔しくて、
今年はとにかく2級合格を目標にするつもりでした。
でも突然、自分がイタリア語検定2級にあまりにも縛られすぎに思えてきたんです。

去年一年間、本当はもっとフランス語を真剣にやりたかったのに、
イタリア語の検定試験を優先したせいで、ずっと中途半端でした。
スペイン語も、自分でも予想外なほど記憶に残っていることが判明したのに(^^ゞ、
伊検の口述試験を考えると、スペイン語をブラッシュアップする気持ちは
あまり湧いてきませんでした。
いえ正確に言うと、スペイン語に気持ちが向きかけても抑えていたんです。
最近、書店でラジオ講座の4月号をあれこれ見ていると、
まったく新しい言語を何か始めてみようかな?なんて気になることもあるのですが、
すぐに「そんな時間があるなら、イタリア語をしなきゃ」と
ストップを掛けるもう一人の自分がいます。

イタリア語で仕事をしたいとか、イタリア語への愛着がもの凄くあるのならともかく、
私にとっては、イタリア語はあくまで趣味で学んでいる外国語の一つに過ぎません。
もちろん、こんな風に思い始めること自体、見方を変えれば
ただ楽な方に逃げているだけとも言えるのですが(^^ゞ、
でも、そもそも趣味の語学は、もっと自由に楽しむものだったはず・・・。

私は、もともと検定試験肯定派です。
ただ漫然と勉強するよりは、目標があったほうが張り合いも出ますし、
結果的に楽しく成果を上げながら学習を進められると思っています。
でも自分のイタリア語に関しては、ここ1年ほど、
あまりにも検定試験に拘りすぎだったなぁ・・・と思い始めました。
このことに最近急に気がついた気がついたというよりは、
以前からぼんやりと、時々思ってはいたことなのかもしれません。

小説を読んだり映画を鑑賞できる語学力、
旅行で困らない程度の会話力をそれなりに身につけたら、
その後の目指す方向やレベルをどこに設定するか・・は難しいですよね?
単なる趣味の場合は特に、どれくらいお金をかけるか・・も含めて悩ましいところです。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  15:25  |  語学全般&英語  |  CM(8)  |  Top↑

*Comment

何度も深くうなずきながら記事を読みました。
私の場合は好奇心のままにあれこれ手を出していますが、
これでいいのか、もっと方法を考えたほうがいいんじゃないか、と
迷うことが多々あります。なんのために始めたんだっけ...と初心に
返ると、「たのしむ♪」という答えに行き着いて、どれもかじっちゃうお恥ずかしい
結末なんですが(笑)  語学は目標も方法も人の数だけあるんでしょうね。
何度も道に迷ったり立ち止まったりするけど、ずっと向き合っていたいな~なんて
思っています(^^ゞ
Yuh |  2009.03.26(木) 23:03 |  URL |  【コメント編集】

状況は違いますが、自分自身の外国語学習について、考えさせられました。基本的に、いろんな人とコミュニケーションすることを楽しもう、という派で、検定を受けようとするタイプでもなく、身近に受ける機会もないという点で状況がmariaさんとは違うのですが(私はアメリカに住んでいます)、ただ自分で自分を縛っているものの一つに、たまに他人と比べるという事があります。友人が自分よりも半年遅れで、コミュニティーカレッジにてスペイン語のクラスを取り始め、学習した単語を覚えた端からヒスパニックの人たち相手に使っているのを見て、悔しくなったことがありました。彼女はこの街に住んで15年くらいになるアメリカ人で、積極的に移民の生活サポートなどをしている人なので、使うチャンスがより多そうで、こちらに越して来て1年ちょっとの日本人の私には出来ないことがいっぱい出来ます。でもそういう事を比べてしまっている自分の度量の小ささについて、mariaさんの記事を読んでいて、ふっと気付きました。時々、自分の妙な負けず嫌いが顔を出してしまい、本来の自分なりに楽しむ、ということを見えなくしてしまうんですね。妙な負けず嫌い、その他のことからも自由になっていろんな事を楽しんでいけたら、と願う私です。
deziz |  2009.03.27(金) 04:00 |  URL |  【コメント編集】

■Yuhさん

Yuhさんのブログに遊びに行くと、いつも「語学を楽しむ」という基本姿勢を思い出します。8ヶ国語を並行しているなんて、本当に尊敬ですよ。確かに数を減らして的を絞った方が一つの言語の向上はするのかもしれないですが(^^ゞ、でも世界の言語を幅広く楽しむっていうのは本当に素晴らしいです。湧いてくる好奇心を無理に抑えることもないですしね。私もこれからは、変に自分に縛りを掛けずに自由気ままに楽しみながら語学に接したいと思います。
maria |  2009.03.27(金) 10:47 |  URL |  【コメント編集】

■dezizさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

無意識のうちに自分で自分を縛っている、って気がつくまで時間がかかりますね(^^ゞ
私は他人と比べるというのはあまり無いのですが、過去の自分と比べて常に成長を実感していたい傾向が強いんです。(過去にこれについて書いたものがこちらです→ http://maria44.blog17.fc2.com/blog-entry-55.html
成長を実感したいからこそ検定試験のような客観的な基準も意味のあるものだったのですが、この「過去の自分との比較」も、拘りすぎると結果的には自分で自分を縛ってしまうんだなぁ・・・と最近実感しています。 私も人一倍「負けず嫌い」なので、余計に自分を追い込んでしまうのかもしれません(^^ゞ ☆お互い、自由な気持ちで楽しみながら、自分らしく語学を続けて生きましょう♪
maria |  2009.03.27(金) 10:58 |  URL |  【コメント編集】

 mariaさん、ありがとうございます。以前の記事も読ませていただきました。他の方たちのコメントも含めて、何か気が楽になったように思います。
 確かに、始めた当初と比べて、目に見える進歩が感じにくいということもあるのでしょうね。それに対して、最近始めたばかりの友人の”進歩”が際立って見えたということもあったのかもしれません。
 以前知らなかったことを知った、とか、出来なかったことが出来るようになった、とか、言葉を交わせた、とか、実は少しずつ世界を広げることが出来ているんですね、外国語をやっているおかげで。そのことに感謝できるようでありたいな、と思いました。もちろん楽しむことも忘れずに!
deziz |  2009.03.27(金) 12:07 |  URL |  【コメント編集】

語学学習をする場合、どのレベルを目指すのかは常に考えさせられますね。
マリアさんの場合は、2級のあそこまで行ったのですから最後までと考えるのは自然ですが、いずれにしても、手段と目標の兼ね合いが難しいですね。
今の私にとってのイタリア語学習は、前進を目指すよりも、一度憶えたて物を忘れない様にする為のものという感じです。そういう意味では、せっかく身につけたスペイン語を遠ざけるのはもったいないですね。
 |  2009.03.27(金) 12:51 |  URL |  【コメント編集】

■dezizさん

ほんの少し前までは言えなかったことが言えたり、ただの音でしかなかったものが意味を伝達する言語として認識できるようになったりする「外国語を学ぶ醍醐味」は、やっぱり学習の初期段階のほうが感じる機会が多いですよね。ある時期を過ぎると、あとは根気良く継続するのみって気がします(^^ゞ ☆ただ楽しいだけじゃない困難な過程を乗り越えてでも、その言語を高めたいと意欲があるときには頑張ればいいとは思うんです。でもずっと黙々と走り続けるのも無理がありますね。私は最近そのことを実感しています(^^ゞ。これからは、周りの風景にも目をやりながら、楽しくゆっくり進もうかと思います。
maria |  2009.03.27(金) 17:24 |  URL |  【コメント編集】

■Mammoさん

これまでイタリア語は、前進することしか考えていませんでした。検定の勉強をしていたお陰で、映画や小説を楽しめるだけの力が身についたことは間違いないので(ラジオ講座の独学だけではここまでは来られなかったと思います)、検定合格を目指して勉強していたことは本当に良かったと今でも思っています。でも結局のところ、どのレベルにまで実力をアップさせたとしても、そのレベルを維持させることが一番重要ですよね。私も今後は、今のイタリア語力を維持することに努めつつ、スペイン語もブラッシュアップさせていこうかな・・と思っています。
maria |  2009.03.27(金) 17:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |