2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2008.10.31 (Fri)

帽子&傘

早いもので10月も終わりですね。今日はハロウィーンです。
ハロウィーン、いつから日本でもこんなに定着したんでしょうか?
夕方過ぎに地元駅に降り立ったら、仮装したちびっ子がたくさん居ました。
町内会のハロウィーンイベントでもあったのかもしれません。
私の住んでいるマンションの中庭にガラス張りのパーティールームがあるのですが、
そこでもハロウィーンパーティーみたいなことをやっていました。

今日は、先週お休みだったフラメンコの振替レッスンがあり、
その後、イタリア語のクラスに行くという趣味三昧の一日でした(^^ゞ
いつになく大荷物(カバン2つ)を持っている私に、
イタリア語の先生が「何処か旅行でも行くの?」と訊くので、
「いえ、フラメンコレッスンの帰りなんです。 
この中には帽子が入っているんですよ」と答えました。
sombrero cordobes


と言うか、そう答えたつもりでした(^^ゞ
イタリア語で帽子が「cappello」だってことは知っているんです。
なのに、とっさに "C'e un ombrello dentro." って言ってました。
ombrelloじゃぁ、「傘」なのに・・(^^ゞ
スペイン語で、帽子は「sombrero」なんです。
「ソンブレロ(西)」と「オンブレッロ(伊)」、似すぎですよね・・?(^^ゞ
絶対、この「帽子(西)」と「傘(伊)」は語源が同じだと思うなぁ。
ホント、紛らわしいです。

文法的なことは、イタリア語がちゃんと出てくるのに、
単語レベルでスペイン語が混ざっちゃうんですよね。
今回の件に限らず、毎度喋るたびに同じようなことが起こります。
全然この傾向が直りません。 重症です。 困った・・。
中途半端に残っているスペイン語を、一時的に頭の中から消したいです。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  21:36  |  イタリア語  |  CM(22)  |  Top↑

*Comment

まあ、消してしまうなんてもったいない(笑)
でも、混乱してしまいますね、ombrello ,sombrero.
スペルを忘れても、音だけは結構アタマに残っていますよね。
30年前に2年間だけかじったフランス語を突然つぶやいて、
我ながらすごいと思ったりして(^^;)v

フラメンコの音楽って、スペイン語なんですよね?
きっとスペインモードから抜けていなかったんですね。
お帽子格好いい~♥
まる子 |  2008.11.01(土) 12:36 |  URL |  【コメント編集】

■頭を日差しから守るもの?

イタリア語のことは良く知りませんが、調べてみると「日陰」のことをスペイン語ではsombra、フランス語ではombreというようですね。スペイン語だけsが付いてますがどう見ても同じ語源でしょうね。スペイン語のsombreroもフランス語のombrelle (日傘)も、どちらも「頭を日陰にするもの」という意味ではないかと想像しますが、イタリア語でも「雨傘」と「日傘」を区別しますか?
chez_toi |  2008.11.01(土) 14:54 |  URL |  【コメント編集】

■まる子さん

消したいのは、あくまで「一時的に」です(笑)☆それにしても、憶えておきたい単語などはあっと言う間に忘れてしまうのに、しっかり記憶にとどまっているものも実際ありますよね。ホント「音」だけしっかり残っていることが多いです。 ☆フラメンコの音楽(歌)でスペイン語に接する機会は確かにあります。このときだけはスペイン語を少し理解していることで得している面もあるんですけどね。☆帽子、踊りの中でも格好よく使うのが課題です(^^ゞ
maria |  2008.11.01(土) 15:14 |  URL |  【コメント編集】

■chez_toiさん

「日陰」はイタリア語ではombraです。この単語だけ見ると、スペイン語、イタリア語、フランス語の全てに共通している感じですよね。☆イタリア語のombrelloは、辞書を見る限り、一応、雨傘と日傘の両方の意味があるようですが、でも、日傘の場合は、parasoleを使うほうが一般的かもしれません。☆今調べてみたら、スペイン語にも日傘に相当するsombrillaっていう単語がありますね。
maria |  2008.11.01(土) 15:23 |  URL |  【コメント編集】

語源って楽しいですよね。そこから広がって単語量も増えていきますし。イタリア語の影ombraは、辞書に(ラテン語 umbra)と書いてありました。そう言えば英語の傘 umbrella もこの影から来たんでしょうね。イタリアのデパートの化粧品売り場で「ombretto」と言う文字を見た事があります。アイシャドーの事でした。フランス語のアイシャドーは調べてみたら、ombre 影そのままでした。レナさんがオーンブルと発音してくれました。(笑)スペイン語もきっと微妙に似てるのでしょうね。mariaさん、混ざりますね!同じ意味ならいいけれど、帽子と傘は困りますね。i-3
Nori-rin |  2008.11.01(土) 20:19 |  URL |  【コメント編集】

■Nori-rinさん

確かに、語源を知ると語彙を簡単に増やしていけますよね。イタリア語の ombrettoは初めて知りましたが、しっかり記憶に残った気がします。教えていただいてありがとうございました♪☆フランス語でアイシャドーは、ombreそのままなんですね。ちなみにスペイン語のアイシャドーを調べてみたところ、影のsombraに「目のための」を足した形で、「sombra para los ojos:アイシャドー」と載っていました。
これを機に、今後はとっさに帽子と傘を混乱しないように、気をつけたいと思います(^^ゞ
maria |  2008.11.02(日) 08:26 |  URL |  【コメント編集】

■フラメンコ

ちょっと話題を変えます。10年前、ギターアンサンブル(クラシックギターによる合奏)のサークルに所属していたころ、みんなで八王子(東京都)にあるフラメンコが見られるレストランに行ったことがあります。気のせいかもしれませんが、フラメンコにはアラブ的な影響があると感じました。

ステージの合間に、客が舞台にあげられ、金髪のかつらをかぶせられ、腰みののような衣装をつけされられて、店の女主人からフラメンコの基本的な動作を教わりました。「ぶどうを摘むしぐさ」というのがあったようななかったような。いまでもその女物のかつらをかぶった写真が残っています。笑えます。

クラシックギターでフラメンコの曲を遊びで弾くことはできるのですが、ゴルペ板がついていないので激しく弾く(たたく)とギターを壊してしまうようです(わたしはフラメンコの曲は弾いたことがないですが)。
chez_toi |  2008.11.02(日) 10:58 |  URL |  【コメント編集】

言葉の混同は、マルチリンガルを目指す人にとってはある程度やむを得ない宿命かもしれません。
影と傘については、今まで考えたこともありませんでしたが、確かに似ているので同じ語源かもしれませんね。フランス語を調べたら、雨傘(parapluie)と日傘(ombrelle)ははっきり分かれていました。同じparaを使うイタリア語を調べたら、parapioggiaもありました。
Mammo |  2008.11.02(日) 11:03 |  URL |  【コメント編集】

■chez_toiさん

私は一度も行ったことはありませんが、八王子ならグラン・デセオでしょうか?☆フラメンコの起源については諸説あるようですが、でもアラブの影響があることは確かだと思いますよ。スペインのアンダルシア地方自体が、アラブの影響を受けている土地ですし。フラメンコの踊りに登場するしぐさは、日常生活にある動きが素になっている場合が多いので、「ぶどうを摘むしぐさ」もありえるとは思うのですが、金髪のカツラ&腰みのっていうのは・・・やっぱり余興だからかもしれませんね(笑)
maria |  2008.11.02(日) 13:03 |  URL |  【コメント編集】

■Mammoさん

この宿命ともいうべき混乱状態に耐えて(笑)その域を脱するしかないんでしょうね。。(^^ゞ
イタリア語のprarapioggia、初めて聞きましたが確かに辞書にも載ってますね もしイタリア語で、ombrelloが日傘の意味だけなら、スペイン語やフランス語とも一貫性があってスッキリするのに、何故イタリア語だけ「影」が語源の言葉が雨傘なんでしょうね?(^^ゞ
それに「帽子」に関しては、影から単語が出来ているのはスペイン語だけ。。☆スペイン語、イタリア語、フランス語は共通点も多いけど、やはり単語はそれぞれ違う場合もありえるってことを実感します(^^ゞ
maria |  2008.11.02(日) 13:16 |  URL |  【コメント編集】

■八王子のスペインレストラン

10年前のことなので店の名前までは覚えていません。ネットで調べると「グラン・デセオ」は女性舞踏家が店長を務めているようなので、これに違いないと思ったのですが、オープンが2005年12月なので話が合いません(それに店長はもっと年上の女性だったと思います)。

さらに調べると八王子の「カルメン」という店が2004年7月に閉店しているようです。某所にあった「ママさん」という人の写真やステージの写真を見ると、この店だったかもしれないと思います。
chez_toi |  2008.11.02(日) 13:56 |  URL |  【コメント編集】

■ombra

また、ombraで面白い話を見付けました。
昨年のテレビでイタリア語のヴェネツィア特集のテキストに「 Un'ombra, per favore. 」と言うフレーズが出ていました。影=ワインです。
何故かと言うと、昔ヴェネツィア人はワインが飲みたくなると、日陰のあるサンマルコ広場の鐘楼へ行ってワインを飲んだそうです。そこからombra=vino になったそうです。写真では、店のメニューにも出ています。
ヴェネツィアに行ったら、ombraは知らないと困りますね、mariaさん。(私は飲めません)
辞書の一番最後に、((北伊))ワインと出ていましたが見逃していました。方言も曲者です。
Nori-rin |  2008.11.02(日) 17:46 |  URL |  【コメント編集】

■chez_toiさん

「カルメン」というお店の事も名前くらいは聞いたことがあるような気もします。でも、もう閉店してしまってるんですね。私はまだフラメンコを始めてから10年は経っていないので、chez_toiさんの方が私よりフラメンコ体験(?)は早かったってことですね~(^^ゞ 
maria |  2008.11.02(日) 22:41 |  URL |  【コメント編集】

■Nori-rinさん

「影」でどんどん話が広がって楽しいです♪☆ベネチアでombraがワインの意味で使われるという話は、以前にラジオ講座応用編のお国自慢ベネチア編(初回放送時)で出てきたので、知っていました。というより、実は、あの時にombraっていう単語自体をはじめて知ったのです(^^ゞ なので、憶えたときから「影という意味の単語だけどベネチアではワインの意味もある」という形でインプットされています。イタリアは地方独特の表現も多くて、当然そういうのは辞書には載っていないことも多いので難しいですよね。
maria |  2008.11.02(日) 22:47 |  URL |  【コメント編集】

■言語ミックス現象

言語の混乱…私の頭の中でも起こっています。各言語の語彙は少ないのに、うろ覚えな単語が言語を越えてごちゃまぜミックス状態です。語源がいっしょだと覚えやすくもあり、まちがえやすくもあり? 自分で声に出して言ったフレーズがちゃんぽんで笑っちゃうことがあります(笑)
イタリアの「オンブレ」=「ワイン」は、2008年前期のテレビ講座でも紹介されていましたね。なじみのあるお話が出ていて、うれしかったです(^^)
Yuh |  2008.11.04(火) 00:05 |  URL |  【コメント編集】

■Yuhさん

特にYuhさんの場合は、同時に8ヶ国語も並行学習されてるんですから、言葉が混ざって当然ですよ~。☆ところで、ただの書き間違いの揚げ足を取るようで恐縮ですが(^^ゞ「オンブラ」ですよ。「オンブレ」っていうのは、もしかしたらスペイン語の「hombre」と音が混ざっているのかも?(^^ゞ 正直に言うと、イタリア語でombra(影)を音で聞くと、ついスペイン語のhombre(男)が一瞬頭をよぎります(笑) 全然意味が違うのに、音だけで言えば、「オンブラ」と「オンブレ」で似すぎですよね?
maria |  2008.11.04(火) 08:12 |  URL |  【コメント編集】

■あらら…まちがっちゃった(^^ゞ

mariaさん訂正ありがとうございます。母音がずれたらぜんぜんちがう意味になっちゃいますね。似た音の単語を集めて意味を比べたらおもしろいかも… おっとっと、その前にちゃんと発音と意味を一致させていかなくちゃ(^^ゞ
Yuh |  2008.11.04(火) 08:53 |  URL |  【コメント編集】

■もしかしたら

Yuh さん、複数で覚えてらしたのかも。テキストのヴェネツィアのお店の看板にも
≪OMBRE E 1.00≫ オンブレと複数になっていたので。複数まで出てきたら、ますます・や・や・こしい。
でも、忘れられない単語になりました。
しかし今、127円でワインが飲めるんですね~飲めないけれど行きたーい!
Nori-rin |  2008.11.04(火) 23:14 |  URL |  【コメント編集】

■Yuhさん

考えてみれば、日本語でも母音を一つ変えただけで全然違う意味っていう言葉はたくさんありますよね。☆Nori-rinさんのコメントを読んでなるほど、と思ったのですが、確かに複数形でインプットされていたのかもしれませんね。☆他のラテン語系の言葉に似た音の単語も多々あって、意味が異なることも多いですが、お互い気合を入れて(^^ゞ 正確に覚えていきましょうね~♪
maria |  2008.11.05(水) 08:52 |  URL |  【コメント編集】

■Nori-rinさん

ご指摘ありがとうございました。確かに、複数形だとオンブレですよね。ただオンブレが複数形だと自覚していないと、今度そこから更にombriなんて変化させてしまう可能性もありますよね。。(経験談から(^^ゞ)☆日本と比べてワインはもともと安いですよね。ユーロ安だとなおさら。昔、スペインに行った時、ミネラルウォーターよりもワインの方が安かったので、これがキッカケでワインを習慣的に飲むようになってしまいました(笑)
maria |  2008.11.05(水) 08:58 |  URL |  【コメント編集】

■Nori-rinさん、mariaさんへ

Nori-rinさん、コメントありがとうございました。
もしかしたら看板の複数形が印象に残っていたのかも
しれませんね。うろ覚えなわたし…(^^ゞ

Mariaさん、私も複数形をさらに複数形にした経験ありです(笑)
覚えていくしかないですもんね。少しずつがんばるぞ~
そうそう、ミネラルウォーターよりワインが安いとの話、
驚きました!いろいろ試してみたくなりますね~(^o^)♪
Yuh |  2008.11.08(土) 13:16 |  URL |  【コメント編集】

■Yuhさん

二重複数形については、私だけじゃないんですね(笑)はじめに憶えるときに、かなりしっかり頭に入れておかないと、後々ホントに混乱のもとですよね。(正しく憶えていても、他のものと混ざることもあるんだけど(^^ゞ)
私がスペインに行ってから何年もたったので、今でも同じかどうかは分かりませんが、当時はどこの店でもミネラルウォーター一本よりも、ワインのカラフェの方が安かったです(^^ゞ
maria |  2008.11.08(土) 14:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |