2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.10.25 (Sat)

「話す」スキル

昨日、無事に臨時追加業務を終えました。
差しさわりがあるかもしれないので、あまり詳しいことは書けませんが、
かなり大変な仕事だったので、ようやく終わってホッとしています(^^ゞ

気がつけば、もう10月も終わりが近づいていますね。
そろそろ2次試験の対策を始めなければなりません。
とは言え、1次をクリア出来ているのかは、正直かなり不安なんですが。。(^^ゞ
でも、結果が分かってからの準備では間に合わないし、
結果がどうあれ、これから準備することが自分にプラスになることは間違いないので、
余計なことは考えずに、2次対策を始めようと思います。

9月末まで通っていた2級対策クラスでも、2次試験用の練習は少しだけしました。
イタリア語の新聞が全員に1部ずつ配られ、その中から自分の好きな記事を見つけて、
約15分の制限時間内にそれを読み、その後、その記事について話すのです。

こう書くと簡単そうですが、いざやってみると難しいんですよね~(^^ゞ
記事の中に知らない単語がたくさんあると、100%確実には内容が分からないのに
それに関してスピーチする訳ですから。。
おまけに、日頃知っているはずの簡単な単語も、
いざ話し始めると、悲しくなるほど出てこないんです。
イタリア語で話そうとすると、英語やスペイン語ばかりが浮かんで来るんですよ。
英語ならまだしも、すっかり遠ざかっているスペイン語が何故って感じですよね?
やはり、いくら遠ざかっているとは言っても、これまでに自分が話した絶対量を比較したら、
イタリア語よりはスペイン語の方が、遥かに多いと思うので、
自分が思っている以上に、スペイン語が脳に定着しているのかもしれません。

もともと「ペラペラ話す」こと対して、あまり強い憧れがないので、(関連記事はこちら
読む、聴く、書く、話すの4つの中で、一番おろそかにしているのが、「話す」スキル。
今回の2次試験対策をひとつの良いキッカケとして、
自分のイタリア語力のバランスを整える努力をするのもいいのかもしれません。
話すスキルと言っても、何かをやればすぐに話せるようになるものではないですが、
まずは音読から始めようと思います。
詳しい話は、また次回改めて書きます。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:19  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

私を含め、日本にいてイタリア語を学ぶ者にとっての一番の課題は話すことでしょう。ともかくイタリア人と話す機会があればそれなりに上達するのでしょうが。
音読をされるそうですが、口に出してみるのはいい事かも知れませんね。
Mammo |  2008.10.25(土) 13:03 |  URL |  【コメント編集】

■Mammoさん

これから先、イタリア留学する予定もないので、日本に居ながらにしてスピーキング力をつける努力をするしかないと思っています。

自分のアメリカ留学経験を通して思うことですが、留学してネイティブスピーカーと話す機会は持っていても、あまり話すことが得意ではない人もいましたし、逆に、私が通訳の仕事をしていた当時、一緒に仕事をする機会のあった先輩通訳者で、まったく海外在住経験がないのに立派に通訳の仕事をこなされている方もいました。 私もその先輩のことを見習って、日本に居てもスピーキング力は身につけられると信じて頑張りたいです。
maria |  2008.10.25(土) 23:00 |  URL |  【コメント編集】

日本で、イタリア人のライブに行った事があります。周りにイタリア人がたくさんいて、主人は私から教わった片言イタリア語「Di dove sei?」とか「Mi chiamo ~」と、きさくに話しかけ、途端に仲良くなっていました。私と言えば日本人でも人見知りしてしまう、、、全然話しかけられません。やっぱり社交的な人の方が語学は上手くなるんだな~と思いました。
イタリア人の恋人欲しい~(笑)
Nori-rin |  2008.10.26(日) 00:14 |  URL |  【コメント編集】

■Nori-rinさん

私もNori-rinさんと同じタイプなので、気持ちよく分かります(笑) ☆間違いを恐れずに積極的に話しかけられる人や社交的な人の方が、スピーキングは上達が早いでしょうね。でも私は、用事もないのにただ話しかけるなんて出来ないです(笑) ☆イタリアンレストランで働いているイタリア人や、スペイン料理店で働いているスペイン人が居ても、その人が流暢に日本語を話していると、あえてイタリア語やスペイン語で話しかけるのも失礼かも?とか思ってしまったりして、結局ずっと日本語になってしまいます(^^ゞ 
maria |  2008.10.26(日) 09:35 |  URL |  【コメント編集】

■ペラペラ話す

こんにちは。じつはmariaさんの「会話力」の記事は、自分の「英語ペラペラ考」の記事を書いた後で拝読して、「ああ、やはり同じようなことを考えている人がいらっしゃるんだな」と思いました。それにしても、わたし自身、現在の生活では英語を話す必要性は全くのゼロなので、どんどん話せなくなりそうです(リスニングは地道に鍛えているんですが)。…外国の方が日本語で話しかけてくれば、こちらも日本語で対応するのが自然ですよね。最近はその方がラクだと思ってしまっています(笑)。
chez_toi |  2008.10.28(火) 01:12 |  URL |  【コメント編集】

■chez_toiさん

実は私も初めてchez_toiさんのブログにお邪魔したとき、「英語ペラペラ考」の記事を読んで、「同じようなことを考えていらっしゃる」と思ったんですよ(笑) ☆私も、生活の中で英語を話す必要性は殆どありません。職場にアメリカ人やイギリス人も居ますが、授業の前後の慌しい時間帯に偶然講師室に居合わせる程度なので、話すとしても軽い挨拶程度。留学中などと比べると、スピーキング力は落ちていると思います(^^ゞ
maria |  2008.10.28(火) 08:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。