2014年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.11.29 (Sat)

何会社?

これまで何冊もラジオ講座のテキストを買っている割には、
手元に残っているものは少ないんですが、年末も近づいてきたので、
再読してから更に処分しようかと思い、改めて読み直し中です。
以前もきっと一度は見ているページなんでしょうけど、
その時には気にも留めなかったのに、
今回見なおしていて、とっても気になる箇所がありました。
「語彙を増やそう」という項目の中の、「~会社」の回です。

フランス語の方を見て、何会社を指しているか
スペリングから想像できるのものが殆どでしたが、
2つだけ、まったく類推の効かないものがありました。
ある程度フランス語をご存知の方なら、
常識なのかもしれませんが、私的にはかなりビックリな表現なので、
忘れないようにここに書いておきます(^^ゞ。

ます一つ目は、une société anonyme。
英語に置き換えた直訳で考えると、「匿名社会」なので、
思わず、秘密結社とか架空会社のようなものを想像してしまいましたが、
実は、「株式会社」なんです(^^ゞ。
フランス語でも、anonymeには「匿名の」という意味はあるようなので、
何故、une société anonymeが株式会社なのかは謎ですが(^^ゞ、
まぁ、理屈は抜きに覚えるしかないですよね~。

そしてもうひとつは、une maison de titres。
英語にそのまま置き換えると、a house of titlesでしょうか?(^^ゞ
une maison de titresは、「証券会社」でした。
うーーん、覚えていないとなかなか想像できない気がします。
titreには、「題名」や「肩書」以外にも、
「有価証券・株券」の意味があるんですね~。

これでもう忘れないかな?(^^ゞ
une société anonyme :株式会社
une maison de titres  :証券会社
EDIT  |  15:06  |  フランス語  |  CM(0)  |  Top↑

2014.11.23 (Sun)

再スタート

約2年ぶりに、当ブログを再開することにしました。
つい最近までそんなことを考えもしなかったんですけどね(^^ゞ。
こちらに戻ってきた一番の理由は、
今後のフランス語学習の記録をしっかりと残しておきたかったから。
もちろん、もう一つのブログでも語学の記事を書くことは出来るんですが、
こちらなら、入門レベルからの進捗をまとめて残せるな、と思いまして。


アンコールフランス語講座 アンコールフランス語講座 パートII

学習再開にあたって、まず手にとったのは、やっぱりこれ(^^ゞ。
お気に入り講座の「ソフィーとジル」です。
今年5月にも、フランス旅行に備えてこれを使いましたが、
でもあの時は、あくまで旅行会話用だったので、
接続法とかその他の項目は、さらっと読み流してました。
今回は、全ての文法項目をくまなく復習。
細かいことも、あれこれ思い出しました。

一応、一通り文法は復習したので、
今後しばらくは、リーディング中心に
語彙力の強化を図りたいと思います。
EDIT  |  13:46  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |