2012年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2012.12.21 (Fri)

独検3級 合格

今日ようやく通知が届きました。
一応、無事に合格でホッとしています(^^;。

今回が独検初受験なので、結果通知書も初めて見るわけですが、
あまりに事務的なので、ちょっとビックリ(^^;。
通知目的から言っても、合格・不合格が一目でパッとわかるのが
普通ではないかと思うんですが…。
(もちろん封筒の大きさだけで、開封前から結果は分かりますけどね)
通知書には上から順に、受験級、受験番号、氏名があって、
その下に 「合否 1 1=合格、2=不合格」と記載されていました。

唯一ゴシック体&枠で囲って書かれていて、通知票の中で一番目立っているのが
「成績についての問い合わせには、お答えしません」の注意書きなんです(^^;。
同じ合格なら、仏検のように
<「仏検」合格です。おめでとうございます!
あなたの努力は報われ、フランス語の実力は認められました。
この勢いを駆って、さらに上を目指されますよう、
つぎにも朗報をさしあげることができますよう、願っています。>

みたいなメッセージがある方が嬉しいんだけどなぁ~(^^;

私の得点は、68.35点でした。
139点満点を100点に換算するというシステムらしく、
小数点以下がついています。珍しいですよね?
合格ラインが、例年より10点くらい低かったようで、
今回は、51.08点からが合格でした。
(「今期合格最低得点」という記載表現にもビックリ(^^;)

試験当日、確かに過去問より随分難しい印象だったので、
基準点は下がるかなぁとは思っていましたが、
それにしても、10点も下がるとは予想外でした。
こんなに極端に難易度を変えてしまうと、
正直、検定試験としてはどうなのか?と思わなくもありません。

合格報告のはずが、なんだか独検批評になってしまいましたが(^^;、
私にとっての検定試験は、受験を通して実力を上げるのが目的なので、
自分が勉強しさえすれば、どういう試験であれ意義はあるんですけどね。
今後また独検を受けるかどうかは、まだ分かりませんが、
もし受験するときには、今回の反省を活かして、
もっとしっかり準備してから臨みたいと思います。


※オリジナル投稿はこちら
EDIT  |  19:47  |  ドイツ語  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |