2011年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.08.31 (Wed)

フランス映画2本

画家と庭師とカンパーニュぼくの大切なともだち

今週は、仕事(授業)がお休みです。
せっかくの貴重なオフ期間、ずっと追加業務(英文添削)ではもったいないので、
今日はDVDを借りてきて、フランス映画を2本観ました。
『画家と庭師とカンパーニュ』 (原題:Dialogue avec mon jardinier)と
『ぼくの大切なともだち』 (原題:Mon meilleur ami)です。

どちらも、以前から観たいと思いながらタイミングを逸していました。
出演者や詳しいあらすじなどは、あまり気にせずに借りてきたんですが、
偶然にも、両作品とも同じ俳優さんが主演で、「男同士の友情」を扱った話でした(^^ゞ。

『画家と庭師とカンパーニュ』は、フランスのとある田舎を舞台にした作品で、
終始ゆったりしたテンポで展開するので、途中思わずウトウトしちゃいましたが(^^ゞ、
でも最後は余韻を残す作品でした。
以前に映画館で観た 『夏時間の庭』 と同じく、田園風景に癒されました。

私的には、後から観た 『ぼくの大切なともだち』 の方が好みでした。
ストーリー展開は、ある程度予想通りではありましたが、それでも素直に楽しめました。
作品の最後に、テレビのクイズ番組が登場するんですが、
日本でもお馴染みのあの番組、フランスにもあるんですね~。
音楽から「ライフライン」まで、全て同じでビックリでした。
(アメリカ版があるのは知っていましたが、フランス版もあったとは・・)

もっとリスニング力&語彙力がついて、字幕なしでも6,7割は理解できるくらいになると、
フランス映画がさらに楽しめるようになるだろうなぁ。
観たいと思いつつ、結局それっきりになっている映画はまだ沢山あるので、
これからは、もう少し積極的にDVDを借りて観てみようと思います。

テーマ : フランス映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  17:18  |  フランス語  |  CM(0)  |  Top↑

2011.08.29 (Mon)

図書館の活用

今すぐ覚える音読フランス語コレクションフランス語・読む

近所の図書館で、この2冊を借りてきました。
今年1月に 『ニューエクスプレス ロシア語』 を借りたときにも同じ事を書きましたが、
こういう語学書まで図書館で借りられるなんて、本当に驚きです。
貸出期間が限られているので、内容を完全習得してから返却とはいきませんが、
でも難易度とか使い勝手をチェック出来るというのは、ありがたいです。
本当に気に入った本は、同じものを買えばいいわけですし。

フランス語は、イタリア語と違って市販の語学書が充実しているので、
(もちろん英語ほど全レベルの教材が豊富なわけではないですが)
次にどれを買うか、結構迷ってしまうんですよね。
この秋から、そろそろフランス語の学習をラジオ講座中心から変えていこうかな・・
と思い始めているせいもあって、市販の教材も色々と検討中です(^^ゞ。

検索してみると、図書館の蔵書にフランス語教材はまだまだあるので、
今後、気になる本は順次借りてみるつもりです。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  15:00  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

2011.08.26 (Fri)

今日からはフランス語

傾向と対策 準1級

本日、サマーコースの全授業を終了しました。 
仕事の比重が大きかった分、語学学習&フラメンコの時間は殆どなかったので、
これからは、また趣味の時間も充実させていきたいものです。

今日の通勤には、この本を持参しました。
まだ冒頭部分の、出題傾向のあたりしか読んでいませんが、
これから少しずつ、取り組んでいくつもりです。

秋の仏検まで、3ヶ月足らず。
私の今の実力では、準1級は高すぎるハードルなので、
正直、合格を目指すっていう感覚は全くないです。
ただ純粋にチャレンジ精神での受験というのは、変なプレッシャーもないので、
どこまで合格ラインに近づけるか、自分でもちょっと楽しみだったりします(^^ゞ

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:31  |  フランス語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.08.24 (Wed)

『Non ti muovere』 読了

Non ti muovere

サマーコースが始まってから、毎日の通勤電車でずっと読んでいた
『Non ti muovere』、今日ようやく読み終わりました。
かなり濃くて深いラブストーリーでしたが、
どっぷりと浸ってしまって、楽しい読書タイムでした(^^ゞ

タイトルでもある、Non ti muovere、作品の中でも
至るところに登場しますが、その時々によって、
日本語でのニュアンスがかなり異なる気がするので、
翻訳家泣かせなキーフレーズだなぁ・・と思いながら読んでました。
実は既に翻訳本は、『動かないで』 というタイトルで出ています。
訳本では、それぞれどんな風に訳してあるのか興味あります。
まさか、全部「動かないで」ではないはず(^^ゞ。
そもそも、この言葉は主人公の男性の台詞が殆どなので、
このちょっと女性っぽい表現も、何となく違和感あるんですよね。
日本語って難しい(^^ゞ。

途中ウルッと来そうなところが何箇所かありました。
これ映像で見たら、絶対に泣いちゃうだろうなぁ・・。
色々と切なすぎる。 終盤の「爪」は、かなりツボでした。
映画でもその部分は、出てくるのかな?
(ストーリーを知らない方には、意味不明な書き方ですみません(^^ゞ)
近いうちに是非、映画の方も観てみたいと思っています。

8月中に読み終われて良かったです。
予定通り、これで一応イタリア語は一段落ということで、
今後はフランス語学習を再開する予定です(^^ゞ

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  19:30  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2011.08.22 (Mon)

アナとオットー

アナとオットー

サマーコースも遂に最終週。
今年は例年になく、あっという間にここまで来ました。
きっと、その直前の「充電」のお陰ですね~(^^ゞ

来週は一週間、お休みです♪
まぁその間に、例の「添削」をやらなければいけないので、
本当の意味でのオフではないんですけど、
でも、きっとDVDの1,2本くらいは観る時間あるはず、と思って(^^ゞ、
今日仕事帰りに、来週借りるDVDの下調べのため、近所のTSUTAYAに立ち寄りました。
毎日店の前は通っているんですが、中に入るのはかなり久しぶり。
店内に、「発掘良品」と銘打ったコーナーがあることに気が付きました。
で、何の気なしに見ていたら、なんと!あの 『アナとオットー』 を発見!

1年以上前に、ここでも書いたことがありますが、
この映画、かなりお気に入りの一作なんです。
DVD化されたんですね~。 今年3月に発売になったみたいです。
全然知りませんでした。 欲しいなぁ~。 買っちゃうかも?(^^ゞ
アナとオットー』、私的にはかなりオススメです♪
レンタルもありますので(笑)、ご興味のある方は是非!

テーマ : DVD情報 ジャンル : 映画

EDIT  |  20:46  |  スペイン語  |  CM(2)  |  Top↑

2011.08.21 (Sun)

Fabio Volo の原書

un posto nel mondo   il tempo che vorrei

先月末のNiccolò Ammanitiに引き続き、
Fabio Voloの原書も二冊、マーケットプレイスに出品しました。

私自身はFabio Voloの作品なら 『Il giorno in più』 が一番なんですが(^^ゞ、
でも、作品の好みは人それぞれ。
実際、こちらの2作品の方が良いという声も聞いたことがあります。
以前に通っていたスクールのイタリア人の先生は、『Il tempo che vorrei』 を
「彼の作品の中では、これが一番面白いと思う」 と言っていたし、
ある日本人のイタリア語翻訳家の方が、ご自身のブログで、
「Il giorno in piùよりも 『Un post nel mondo』 の方が面白い」と
書かれているのを以前に読んだこともあります。

イタリア語原書を読もうと思う人の絶対数が多いとは思えませんが(^^ゞ、
一応、気長に出品しておくつもりです。
ご興味のある方は、是非チェックしてみてください。

Un post nel mondo  ← 8月25日 成約済

Il tempo che vorrei  ← 8月25日 成約済

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  18:05  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑

2011.08.19 (Fri)

ようやく詳細発表

ラテンビート映画祭 2011

ラテンビート映画祭の詳細が、ようやく発表になりました。
全上映作品は、こちらです。
タイムテーブルも決まったようですが、チケットは明日から販売開始なんですね。
販売開始前日の発表って、いくらなんでも遅すぎませんか?
まぁ、初日に買うことに拘らない人には関係ないかもしれませんんが。。

今日一日で、一気に色々と発表になったようですが、
9月18日(日)に予定されている「特別企画」の件を読んで、
なんだか一気に熱が冷めました・・・(^^ゞ。
う~ん・・・どうなんですか? この企画。

あくまで私個人の感想ですが・・、
正直、今年のラテンビート映画祭にはあまり惹かれません。
それでも都合が付けば、一日くらいは行くかもしれませんが、
ずっと待っていた最終発表を見て、正直、かなりガッカリしています。

テーマ : 映画祭 ジャンル : 映画

EDIT  |  22:37  |  スペイン語  |  CM(6)  |  Top↑

2011.08.18 (Thu)

まだまだ先の話ですが

今年もまた、授業以外の仕事が増え始めました。
生徒たちの英文添削なんですが、単なるライティングの課題ではなく、
大学出願書類の一つとしてのessayなので、
英文の正しさは当然のことながら、それ以上に「内容&構成」が大事。
カウンセリングを含めた、トータルなケアと言う意味で、
我々教師としても、本当に負担の大きい作業なんですよね。。。(^^ゞ
毎年のことですが、今年も9月半ばまでは、この添削に追われそうです。

ところで、今日仕事の帰りに書店でラジオ講座のテキストをチェックしてきました。
9月号なので、巻末に10月以降の講座情報も載っています。
フランス語応用編は、國枝先生&パトリスのコンビによる新講座らしいです。
ちょっぴり興味アリ(^^ゞ。
秋以降のフランス語は、何を軸にして勉強するか思案中です。
一応、某スクールの案内書も取り寄せてはみましたが、
現段階では、このまま独学を続ける可能性大。
でもまだ、ほんのちょっぴり迷ってます(^^ゞ。

10月からの「まいにちイタリア語」は、
入門編は新作で、トスカーナを舞台にしたスキットのようです。
久々じゃないですか? 入門編の新作って。
応用編の方は、10月~12月は以前の再放送ですが、
目を引いたのは、来年1月からの応用編・新作です。
講師の欄に、岡本太郎さんの名前がありました。
私にとっては、イタリア映画祭での印象が全てですが、
どんな語学講座になるのか、とっても興味があります。
でも、まだまだ先の話なんですけどね。。。(^^ゞ

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  16:04  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑

2011.08.11 (Thu)

仏検2級合格

昨日に引き続き、今日も暑いですね~。
あまりの暑さにウンザリしながら帰宅すると、仏検の合格証が届いていました。
なんとか無事に合格できて、ホッとしました。
30点満点中、私の得点は25点。(合格基準18点)
この2級2次面接が、フランス語で誰かと話した初めての機会だったので、
それを考えれば、出来過ぎと言えるほどの結果だと思います(^^ゞ。

これで堂々と(?)、秋には準1級に挑戦できます。
とは言え、今はイタリア語読書に専念しているので、
フランス語学習は、読書が一段落してからの話ですが。。(^^ゞ
結果通知書にも書いてあったことですが、
「この勢いを駆って、さらに上を目指して」 頑張りたいと思います♪

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  14:47  |  フランス語  |  CM(12)  |  Top↑

2011.08.08 (Mon)

イタリア好き Vol.6

イタリア好き Vol.6

8月1日に発行されていた 『イタリア好き Vol.6』 を、いつものレストランで貰って来ました。
今回は、エミリア・ロマーニャ州の特集です。

一番印象に残ったのは、中開のページにあるワイン&オリーブオイル販売所。
一見どうみてもガソリンスタンドにしか見えないんです。
こんなホースから注入する量り売りって・・・かなり抵抗あるなぁ(^^ゞ
まぁそのくらい、どちらも大量に消費されてるってことなんでしょうけど、
でもこの写真には、かなり驚かされました。
(ここでご紹介できないのが残念です・・(^^ゞ)

「美食の都」と称される地域だけあって、
美味しそうな料理の写真もたくさん掲載されていて、
またイタリアに行きたくなってきてしまいました(^^ゞ

テーマ : イタリア(国、文化、音楽、イタリア語) ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  21:08  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2011.08.07 (Sun)

過去問題集

実用イタリア語検定 2011

今年のイタリア語検定過去問題集は、こんな表紙。
先月20日頃に、書店で初めて見た時にはビックリしました。
昨年度以上の、大幅なデザイン変更ですね。

1,2,3級が全て一冊に収録されているせいもあって、
この毎年の過去問題集、決して安くはありません(^^ゞ。
(2011年度版は、定価3,570円)
でも、イタリア語は市販の問題集がとにかく少ないので、
イタリア語学習者にとっては、本当に貴重な学習教材だと思います。
ちなみに、私はこの1・2・3級問題集、
昨年度版まで併せて、10年分持っています(^^ゞ。

初めに買ったのは、2006年の3級受験時で、
2006年度版と、その前年の2005年度版の二冊を購入しました。
それ以降、新年度版を毎年買い求めていたことに加えて、
通っていた学校の書店で、古い年度のものを超安価で販売していたので、
手持ちのものよりも更に前の年度のものをまとめ買いしたこともあります(^^ゞ。
ですから、昨年は過去最高の10年度分の過去問を8~9月に解いてから、
10月の試験に臨みました。

でも念の為に言っておくと、過去問をやったからと言って、
同じ問題が出るわけではないんです(^^ゞ。
あまり一貫した傾向があるとも言えない気がするので、
たくさん過去問を解いたからと言って、
本番で上手くいくとは全く言えないんですが(^^ゞ、
それでも、この過去問に徹底的に取り組むというのは、
とても自分の勉強になったと思っています。

どのセクションもそうですが、正解してもそれで終わりにせずに、
使われている語彙なども、常に細かくチェックするように心がけていました。
特にリスニングは、原稿の文字と照らし合わせて、
知らない単語や口語表現は覚える努力をしました。
こういう風にして検定試験を通して覚えた熟語が、
原書を読んでいて出て来たことは何度もあるので、
単なる正解・不正解をチェックする問題集としてではなくて、
色々な生きた表現も学べる貴重な学習教材として位置づけると、
問題を解くのも楽しくなるかもしれません(^^ゞ。
私的には、この毎年の過去問題集、超オススメです。
(検定協会の回し者ではありませんので、誤解の無きように・・(笑))

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  16:43  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑

2011.08.03 (Wed)

一応、宣言だけ

夏期講習も3週目。
講習開始以降、通常よりも忙しい日々が続いています。
行き帰りの通勤電車では、『Non ti muovere』 をずっと読んでいます。
そんな訳で、仕事以外ではイタリア語ばかりの毎日。
かなり濃厚な描写もあったりして、朝の読書にはどうなの?って思うこともありますが(笑)、
でも結構楽しんでいて(^^ゞ、今、ちょうど半分くらい読みました。
どうにか8月中に読み終わりたいと思っています。

一方のフランス語はと言うと、夏期講習が始まってから殆ど何もやっていません。
やっぱり、どんなに自分が心がけても、本当の意味で
イタリア語とフランス語の両立はできないんですよね。
ロシア語とか、ポルトガル語とか、ただ聞き流しているだけの講座なら、
何の問題もなく並行学習できるんですが、伊・仏では無理みたいです。

無理に両立を目指すのも精神衛生上良くないので(笑)、
今後は、期間ごとにフランス語とイタリア語の学習を「完全に」切り替えることにしました。
まぁこれまでも、結果だけみれば既にそうだったんですけど(^^ゞ、
私自身の意識では、フランス語に集中するとイタリア語から離れていることが後ろめたく、
イタリア語に集中してフランス語から離れると、妙な焦りを感じたりしていたんです。
うまく説明できないんですが、いずれも場合も内心モヤモヤしていました。
でも今後は、この「両立」の問題で悩まないことにします。
自分が理想とするような両立は、所詮無理なんだと悟りました(^^ゞ。
なので、これからしばらくはイタリア語読書を心置きなく楽しんで、
まったく触れていないフランス語のことは気にしないことにします。

『Non ti muovere』 読了まで、しばし離れるフランス語学習ですが、
一応、ここで宣言だけしておきます(^^ゞ。
11月の仏検では、準1級を受けてみるつもりです。
もちろん、実力的に無理なことは分かっているんですが、
来年11月ではあまりにも先過ぎるので、モティベーションの維持のために。
まだ2級の結果も分からない段階で時期尚早ですが、
2級の合否にかかわらず、今秋は準1級を受験しようと思います。

「準1級を受けられる実力がついてから」 なんて言っていたら、
きっと何時迄経ってもその日は来ないって、自分で分かってるんですよね~。
具体的な目標がないと、頑張れないタイプなので(^^ゞ。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  19:52  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |