2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.05.29 (Sun)

複数言語学習の悩み

まいにちイタリア語 2011年5月号

今日はTOEICの受験日だったんですよね。
悪天候の中での受験だった方が多いと思うので、
試験以外でも大変だったのではないでしょうか?
受験された皆さま、お疲れさまでした。

さて、5月も終わりが近づいてきました。
来月の今頃は、私、遂に念願のイタリア旅行中です♪ 
イタリア語を学び始めてから、初(^^ゞ。
本当はもっと早く行くはずだったんですが、諸々の事情で延び延びに。。。
でも、まぁモノは考えようで、途中から旅行を学習目的にしなくなったお陰で、
当初の予定以上に真剣にイタリア語を学ぶことも出来たので、
まぁこれはこれで良かったのかな・・という気もしています。

という訳で、ようやくイタリア語を実践で使える機会が来るわけですが(笑)、
ここ最近、フランス語にエネルギーが集中しているせいで、
かなりイタリア語から遠ざかり気味。
「イタリアに行ったときに果たして大丈夫なのか?」と、時々不安になります(^^ゞ
唯一、定期的にイタリア語に触れるチャンスを与えてくれているのが
「まいにちイタリア語・応用編」なんですが、でも週2日だけですからねぇ。。
先月も書きましたが、この講座、かなり難易度が高い(特に語彙)ので、
このレベルのものが毎日あったらいいのにな・・と思わずにはいられません(^^ゞ。

昨年、イタリア語検定1級に合格したとき、
「形の上では上級者の仲間入りをしていても、実際にはまだまだなんだから、
この合格で安心せずにもっと精進せねば・・」と思っていたはずなのに、
いえ、実際にその気持は今も変わらないんですけど、
でも現状としては、イタリア語からは遠のいてしまっているんですよね。
仏検が無ければ、もっとイタリア語に時間をかけていたことは間違いないので、
このイタリア旅行目前の時期に、フランス語ばかりしているのは、
なんともタイミングが悪いよなぁ~って、自分でも思います(^^ゞ

今回の件に限らず、複数言語の並行学習っていうのは、
本当に、エネルギー配分が悩みの種です。
どの言語でも、真面目に取り組めば楽しいので、
本音は、全部全力で納得の行くまで取り組みたいんですけどねぇ。。

イタリア語学習中、ある一時期を除いて常に二番手だったフランス語。
ようやく最近、最優先になったので(笑)、ひとまず仏検&フランス映画祭までは、
あれこれ迷わず、一応フランス語に集中するつもりです。
その間に、イタリア語が脳からこぼれ落ちないことを祈るばかり(^^ゞ 
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  21:34  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.05.27 (Fri)

実行あるのみ

昨日、フラメンコのレッスンを終えてから、
仕事に向かう途中の空き時間で、チケットぴあに立ち寄り、
フランス映画祭のチケットを購入しました。

当初の予定に反して、結局金曜日・土曜日と二日間行くことにして(^^ゞ、
『6階のマリアたち』 と 『匿名レンアイ相談所』 の2作品購入しました。
昨日が発売開始当日だったにも関わらず、いい席は殆ど残っていなくてビックリでした。
イタリア映画祭の時には、毎年、だいたい発売開始から3日目くらいに購入するんですが、
希望するエリアは選び放題なくらいに、その時点ではまだ余裕があるんです・・・。
やっぱりフランス映画祭の方が、大の映画ファンとか熱心な方が多いのかもしれませんね。
(そう言えば、東京国際映画祭でも、お目当てのイタリア映画のチケットが、
発売当日に完売していて行かれなかったことがありました(^^ゞ)

本当は、『ハートブレイカー』 も観たかったんですが、時間帯で断念。
金曜日の一本目と、時間が続いていたら良かったのになぁ・・・。
でも、これは一般公開が決まっているようなので、秋まで待つことにします。

ところで仏検に関してですが、このところ落ち込み気味です。
先週は、希望が持てる状況になってきた・・なんて書いていましたが、
あれから、昨年度の春・秋の過去問をやってみたら、全然余裕のない結果でした。
とんだぬか喜び(^^ゞ。
動詞の活用とか、そういう基本的な部分でミスが多すぎるんです。
リスニングも、出来る時と出来ない時の差が激しすぎ・・(^^ゞ。
この詰めの甘さをどうにかしないと、私のフランス語に明るい展望はない気がします。
やるべき事はハッキリしているので、あとは実行あるのみ。
地道に頑張ります。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:03  |  フランス語  |  CM(0)  |  Top↑

2011.05.24 (Tue)

フランス映画祭 スケジュール

今週木曜日からチケット発売開始のフランス映画祭ですが、
今日ようやく、上映スケジュール等の詳細がアップされました。(公式サイト
このところ、毎日チェックし続けていたんですよね~。
チケット発売の二日前の発表って、いくらなんでも遅すぎませんか?(^^ゞ

6月24日(金)しか行かれそうにないので、
選択肢も限られてきてしまいますけど、
朝一番の 『6階のマリアたち』(原題:Les Femmes du 6e étage)は
観に行こうかな~、と思っています。
せっかく行くなら、もう一本観たい気もするけど・・・要検討。

ところで、このタイトル内の 「6e étage」 ですが、
実際には 「7階」 じゃないですかね? まぁどうでも良いことですけど・・・(^^ゞ

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:48  |  フランス語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.05.21 (Sat)

ディクテ

仏検公式問題集 2011年度版 2級

2011年度版の公式問題集をやり始めました。
2010年度版公式問題集、白水社の対策問題集に続いて、3冊目の仏検2級用教材。
今月中にはこれを終わらせて、6月は3冊分を再度やり直すことに徹するつもりです。

本当は3冊もやらなくても、1冊を完全にモノにするというアプローチでもいいんですが、
苦手なディクテをなるべくたくさん練習したくて、結局3冊目を購入しました(^^ゞ。
もちろん、仏検用問題集でなくてもディクテの練習は出来るとは思いますが、
でも他の音源を使うと、自分で一時停止ボタンを押しながら書き取らないといけません。
これだと、自分の判断で書き取りに掛ける時間がコントロール出来てしまうので、
実際の試験のように、「ポーズの間に書き取る」という練習が出来ないんですよね。

ディクテはいまだに散々な状態ですが(^^ゞ、
でもやればやるほど発見があって、とっても勉強になります。
ここ最近、ディクテが少しだけ楽しくなってきました。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:15  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

2011.05.18 (Wed)

あと一ヶ月

仏検対策2級問題集

来月19日の仏検まで、残り1ヶ月となりました。
3月初めに公式問題集をやった頃と比べると、
ようやく少しだけですが(^^ゞ、希望が持てる状況になりつつあります。

白水社の「仏検対策2級問題集」に模擬試験があったので、週末にやってみました。
先に終わらせた「2010年度版 公式問題集」にある実際の過去問と比べると、
この模試の方がちょっと簡単だったような気もするので、
その点は差し引いて考えないといけませんが、
でも2ヶ月前より進歩した実感が持てるのは、素直に嬉しいです。

模試の配点は、実際の試験と同じで
筆記68点、書き取り(ディクテ)14点、聞き取り18点の計100点。
ディクテは自分で採点できないので、それ以外しか点数は出せませんが、
筆記と聞き取りを合わせた模試結果は、86点中72点(84%)でした。
ディクテが仮に0点だとしても、全体で7割は超えるので、
本番で最低でもこのくらいの結果が出せれば、1次試験はクリアできるかもしれません。

ただ先ほども書いたように、この模試はちょっと簡単だった気がするし、
本番では日頃の実力が発揮できないのが常なので、
このギリギリのラインでは、全然安心は出来ません。
以前に、イタリア語検定の時にも同じようなことを書いたことがありますけど、
試験当日の出題の運に左右されないためには、
やっぱり、余裕を持って合格ラインを上回る実力がないとダメだと思うんですよね。

他を中断してフランス語に専念することはないと思いますが(^^ゞ、
それでも、時間を無駄にしないように気をつけながら、
残り1ヶ月、しっかり集中して頑張りたいと思います。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:21  |  フランス語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.05.16 (Mon)

分離動詞

まいにちドイツ語 2011年5月号

テレビ講座 EURO24の四ヶ国語の中で、一番楽しんでいるのはドイツ語です。
楽しいとは言っても、ドイツ語は全く理解出来ず、
ナレーションはずっと字幕を読んでいるので、
言語習得に結びついている訳ではありませんけどね。。。(^^ゞ

ラジオ講座の方も、ちゃんと聴き続けています。
先週は、ストリーミングの方が再放送分だったので、
朝7時の本放送を聴いてみました。
時間的に、今後ずっとリアルタイムは難しいと思うけど、
可能なかぎり本放送を聴くように頑張ってみるつもりです。
(もしダメでも、翌週にストリーミングでカバーできる安心感は大きいですね♪)

今朝放送の第19課では、ついに「分離動詞」が登場しました。
昔、大学生の頃に悩まされたんですよね~、これ。
辞書を引きながらテキストを読んでいて、文の最後の最後で
分離した前つづりに気がついて、辞書を引き直したことが何度あったことか・・(^^ゞ。
今にして思えば、文全体を見ず何も考えずに単語を引いていたのが間違いなんですが、
当時は、その度に 「だからドイツ語は嫌なんだよなぁ・・」って思っていた気がします。
今回は、この文法項目も、さほど抵抗なく受け入れられそうな感じ。
自分でも、意外です(^^ゞ

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:05  |  ドイツ語  |  CM(2)  |  Top↑

2011.05.14 (Sat)

Garota de Ipanema

毎週土曜日のラジオ・ポルトガル講座、一週遅れの再放送を聴いているので、
今日は先週と同じものの再放送でした。
(ラジオ・テレビすべての講座が、GW期間中は再放送だったんですね)
テキストも買わずにただ聞き流しているだけなので、
全然勉強している感じではなく、何となく音に触れている程度ですが(^^ゞ、
それでも前週と同じだと、なんだか調子が狂います。

ラジオ講座のテーマ曲は 『イパネマの娘』 なんですが、
私はやっぱり、ジョアン・ジルベルトのこちらのバージョンがお気に入り。
晴れている週末の朝に、不思議と聴きたくなります。

(↓ 実際に Garota de Ipanema に入るのは、1分目くらいから)


Olha que coisa mais linda,
Mais cheia de graça
E ela menina
Que vem que passa
Num doce balanço
Caminho do mar

Moça do corpo dourado
Do sol de ipanema
O seu balançado
E mais que um poema
E a coisa mais linda
Que eu já vi passar

Ah, porque estou tão sozinho
Ah, porque tudo e tão triste
Ah, a beleza que existe
A beleza que não é só minha
Que também passa sozinha

Ah, se ela soubesse
Que quando ela passa
O mundo sorrindo
Se enche de graça
E fica mais lindo
Por causa do amor

テーマ : ボサノバ ジャンル : 音楽

EDIT  |  10:42  |  ポルトガル語  |  CM(2)  |  Top↑

2011.05.11 (Wed)

ブラック・スワン

Black Swan

本日公開の 『ブラック・スワン』 を、仕事前に観に行きました。
「白鳥の湖」の主役の座をめぐるバレリーナの話、
という程度の事前知識だけで観に行ったんですが(^^ゞ、
ナタリー・ポートマンの演技が、素晴らしかったです。
そして、本当に怖かった…。
途中からずっと、心臓バクバクでした。
狂気の世界に入り込む主人公ニナの視線で映像化されているので、
後半は映像的にも、かなり心臓に負担がかかりました。。(^^ゞ

ずっと身体を強ばらせていたようで、観終わったらどっと疲れましたが(^^ゞ、
でも作品としては本当に素晴らしいです。
バレエ「白鳥の湖」にオーバーラップさせたストーリー展開も、
壊れていくニナの心理描写も見事で、色々な意味で衝撃的な作品でした。
是非、劇場の大画面&大音響でご鑑賞ください!

テーマ : 洋画 ジャンル : 映画

EDIT  |  22:58  |  語学全般&英語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.05.10 (Tue)

イタリア好き vol.5

イタリア好き vol.5


昨日発行されたばかりの 「イタリア好き」 最新号を、
今日、いつものお店で入手しました。
店の人にも覚えられていて、顔を見るなり
「最新号入りましたよ」 と言われてしまいました(^^ゞ。
第5号は、イタリアをブーツに例えたときの
「つま先部分」に相当するカラブリア州の特集。
今回も、美味しそうなイタリア料理の写真満載です♪

テーマ : イタリア(国、文化、音楽、イタリア語) ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:57  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.05.08 (Sun)

気持ちと頭を切り替えて

まいにちフランス語 2011年5月号

ようやく、明日から普段どおりの日常ですね。
カレンダー通りに途中仕事の日もあったので、10連休ではありませんでしたが、
それでも十分すぎるほど連休気分を満喫(^^ゞ。
イタリア映画祭に3日間足を運び、それ以外の日にも友人から借りていた
イタリア映画のDVDを2,3本観て、かなりイタリア語三昧なGWでした。

明日からは、この連休気分を引きずらないように気持ちを切り替えて、
そして頭をフランス語の方に切り替えなくては・・と思っています。
そろそろ本気でフランス語に取り組まないとね・・・(^^ゞ。
手始めに、今週木・金の放送の応用編をこれから予習します!

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  16:31  |  フランス語  |  CM(0)  |  Top↑

2011.05.05 (Thu)

プレミアムシアター 「フラメンコ特集」

MIRADA

偶然、この放送のことを知りました。
今週土曜日のNHK「プレミアムシアター」は、フラメンコ特集。
マリア・パヘス舞踊団が登場です♪
以前にも書きましたが、マリア・パヘスは私が一番好きなバイラオーラなのです。
2月の日本公演 『ミラーダ』 には行かれなかったので、この放送は観なくては!
インタビューもあるようなので、楽しみです♪

日時:5月7日(土)23時40分~午前3時15分
チャンネル:NHK BSプレミアム 「プレミアムシアター」

テーマ : フラメンコ ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  18:53  |  スペイン語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.05.04 (Wed)

イタリア映画祭 2011

La prima cosa bella Figli delle stelleLa bellezza del somaroMine vagantiBaciami ancora

今年のイタリア映画祭では、こちらの5本鑑賞しました。
開催直前までは3本しか予定していなかったんですが、
自分でも意外な展開で(^^ゞ、自己最多鑑賞の映画祭になりました。
それぞれの映画のあらすじ等は、公式サイトを見ていただくとして(^^ゞ、
私は簡単に勝手な感想だけを書きたいと思います。

はじめての大切なもの (La prima cosa bella)
映画祭初日の4月29日は、この一本だけ。
軽いノリの作品だと思って観始めたんですが、予想に反して結構シリアス。
主人公のアンナ自身は、本当は何も悪くないのに、
魅力的な女性で男性の目を引かずにおかなかったというだけで、
結果的には苦難だらけの生活を強いられる羽目に。。
一緒に連れて家を出た子どもたちが可哀想で、時々、重苦しい気分になりました。
でもやっぱり、さすがイタリア映画というか、
ただの不幸な親子の話っていう描き方じゃないんですよね。
母親のアンナも、あり得ないくらい前向きでポジティブです。
話がラストに近づくにつれて、感動的な良い話になって来て、
私の周辺でも、すすり泣きが凄かったです(^^ゞ。
でもその直後に、爆笑するようなシーンが紛れ込んできたりして、
ただのお涙頂戴ものとも一線を画している感がありました。
これは、劇場公開がありそうな気がします。

星の子どもたち (Figli delle stelle)
30日の朝から鑑賞した作品。
もともと観る予定にはしていなかったのですが、
映画祭開催の1,2週間ほど前に、某サイトでダメもとで応募しておいたら、
ペア招待券が数日前に自宅に届いたので、お友達を誘って朝から鑑賞しました。
細かい人間関係があまり描かれていないので、そういう点でのモヤモヤは残りましたが、
でもあちこちに散りばめられている笑いのツボには、かなりハマりました。
チケット当選で観る機会が持ててラッキーでした♪
ところで、私にとっては俳優よりも作家としてのイメージが強いFabio Volo
主役の一人として出ていたのには、ビックリでした(^^ゞ

ロバの美 (La bellezza del somaro)
チケット当選で観ることになった「星の子どもたち」と、
もともとチケットを買ってあった夜の作品までに、
6時間近い空き時間が出来てしまい(^^ゞ、
時間を潰すのが難しいなぁ・・と思って、急遽当日券を購入して観ることにした作品です。
一応これはコメディーってことになるんでしょうけど・・、
(実際、周囲に笑いまくっている人もいましたが(^^ゞ)
私の笑いのツボには全くはまらず、残念ながら全然楽しめませんでした。
でもネット上で、「これが一番面白かった」と書いていた人もいるので、
評価が大きく分かれる作品なんだと思います。

アルデンテな男たち (Mine vaganti)
4月30日に3本観た最後がこれ。
もともと今回のイタリア映画祭で一番期待していた作品でしたが、
結果、観た5本の中では、やっぱりこれが一番楽しめました。
早々に劇場公開が決定しているのも、納得です。
原題は浮遊機雷という意味なので、このまま邦題には出来ないでしょけど、
それにしても・・妙に「アルデンテ」に拘りがあるみたいで、
夏に公開される時には 『あしたのパスタはアルデンテ』 だそうです(^^ゞ
かなり意味不明ですが、これも配給会社の戦略なんですかねぇ。。

もう一度キスを (Baciami ancora)
最終日の今日は、この一本だけ観てきました。
前作の 『l'ultimo bacio』 をDVDで鑑賞したのが昨年4月で、
その時からこの続編映画を観たいと思っていたので、
今回の映画祭で観る機会があって良かったです。
ジュリア役の女優さんが変わってしまっていたのが残念でした。
他の出演陣はそのままだっただけに、余計に違和感がありました。
前作の『l'ultimo bacio』 に強い思い入れがあった人にとっては、
この続編は今ひとつ楽しめない部分があったのかもしれません。
でも私は、どちらかというと今回の方がまだ楽しめた気がします。
とは言え、最初から最後まで、あまりに予想通りの展開で
意外性はゼロでしたけどね。。(^^ゞ
ある意味、とてもハリウッド映画っぽいイタリア映画でした(笑)


さて、今日でイタリア映画祭も閉幕です。
ゲストの来日がなくて残念でしたが、
それでも一昨年、昨年と変わらず盛況だった気がします。
久しぶりに会う仲間とも色々話ができて、
映画鑑賞以外でも楽しみの多い貴重な時間でした。

テーマ : ヨーロッパ映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  16:48  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑

2011.05.01 (Sun)

50mila

昨日のイタリア映画祭二日目は、朝から計3本鑑賞。
さすがに疲れました。。
私には一日二本くらいが限界ですね、やっぱり(^^ゞ
でも、会場でイタリア語繋がりの友人に4人も会えて、
合間のお喋りも楽しめたので、充実の一日でした。
映画祭最終日に、もう一本観に行きます。

昨日最終上映の 『アルデンテな男たち』 は期待どおりに楽しめました。
観終わってからずっと、いまだに主題歌が頭の中をグルグル廻ってます。



Cinquantamila lacrime non basteranno perchè musica triste sei tu dentro di me.
Cinquantamila pagine gettate al vento perchè eterno è il ricordo, il mio volto per te.
Non ritornare, no tu non ti voltare, non vorrei mi vedessi cadere.
A me piace così, che se sbaglio è lo stesso, perchè questo dolore è amore per te.

Cinquantamila lacrime senza sapere perchè sono un ricordo lontano da te.
Cinquantamila lacrime non basteranno perchè musica triste sei tu dentro di me.
Non mi guardare, non lo senti il dolore, brucia come un taglio nel sale.
A me piace così, che se sbaglio è lo stesso, perchè questo dolore è amore per te.
A me piace così, e non chiedo il permesso, perchè questo dolore è amore per te.

テーマ : 洋楽 ジャンル : 音楽

EDIT  |  10:09  |  イタリア語  |  CM(8)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。