2011年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2011.03.30 (Wed)

直説法か接続法か

La Mare au Diable

「ふらんす」3月号掲載分の『魔の沼』、ようやく精読しました。
残念ながら、それ以前の2作品(『悲しみよこんにちは』&『マノン・レスコー』)
ほどは楽しめませんでしたが、以前にも書いたように意外な発見も多く、
色々と勉強になった半年間の連載でした。
あくまで抜粋なので、読んだのはほんの一部ですが、
作品の雰囲気だけでも味わえたことは、満足しています。

これで気分さっぱり一区切り、と行きたいところだったのですが、
この最終回の中で、どうも解せないことが一点あるんです。
フランス語上級者の方、もし分かったら教えてください。

自分の一方的な片想いだと思い込んでいた主人公ジェルマンが、
相手のマリーから、秘めていた愛を告白された直後の箇所です。
一文が恐ろしく長いですが(^^ゞ、とりあえず原文のままの抜粋します。

Germain serait devenu fou, si son fils qui le cherchait et
qui entra dans la chaumière au grand galop sur un bâton,
avec sa petite soeur en croupe qui fouettait avec une branche d'oiser
ce soursier imaginaire, ne l'eût rappelé à lui-même.

一行目の途中から2行以上がfilsに掛かる関係詞節なので、
原文はとても長いですが、文構造のメインだけ取り出すとこうなると思います。
Germain serait devenu fou, si son fils ne l'eût rappelé à lui-même.
(もし息子が彼を我に返らせていなかったら、ジェルマンは気がふれてしまっていたことだろう)

このような過去の事実に反する仮定をする文は、
フランス語の場合は、「Si+直説法大過去, 条件法過去」ですよね?
何故、上記の原文で si son fils l'eût rappelé になっているんでしょうか?
本来なら、si son fils l'avait rappelé じゃないかと思うんですが。。

eût rappelé だと接続法大過去です。
ちなみに、こういうケースでイタリア語では接続法を使うので、
(確かスペイン語でも、接続法ですよね?!)
私自身も頭の整理が大変なんですが(^^ゞ、
フランス語の場合は、仮定文で接続法は使わないと記憶しています。
この原文は、他の特殊な文法的要素が関係しているんでしょうか?
かなり混乱気味です(^^ゞ
分かる方がいらしたら、是非教えてください。
よろしくお願いします。


後日追記:
頂いたコメントのお陰で、解決しました。 詳しくはコメント欄をご覧ください。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  17:59  |  フランス語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.03.30 (Wed)

新講座

まいにちフランス語 2011年4月号

國枝孝弘先生とパトリス・ルロワ氏による新作の入門編が始まりました。
以前にテレビ講座を観ていた時に、教え方や番組構成が結構好きだったコンビなので、
一ヶ月前に担当が発表されてから楽しみにしていました。

まだ始まったばかりなので、既習者にとっては簡単な内容ですが、
番組構成は、かなり工夫されていることに感心しています。
フランス語入門講座といえば、まず最初の何回かで
アルファベットや綴り字の読み方をひと通りやるのが通例ですが、
今回の講座は敢えてそれをやらず、いきなり実践会話から始まりました。
でもディアローグは短いし、その会話の中から一部取り出して、
発音や綴り字の読み方が少しずつきちんと説明されています。

個人的には、こういうアプローチの方が断然良いと思います。
まだ全く初めての段階で、フランス語特有の綴り字の読み方を
まとめて一気に説明されても、どうせ覚えきれないですし(^^ゞ、
結局は、その後の講座の中で復習しながらちょっとずつ覚えていくんですから、
だったら実践的なフレーズを先に音で覚えてしまって、
後から発音のルールを理解するという順番の方が、合理的だと思うんですよね。
番組の後半で登場する、「英語読みしないために」という発音コーナーも、
非常に分かりやすくて良いです。

今日の放送が3日目でしたが、このわずか3日間の間に、
文法項目では、男性名詞・女性名詞の概念、不定冠詞、定冠詞、
数字(1~10)、そして-er動詞を学びました。
でも分量的にも、取り上げ方にも全く無理がないので大丈夫です。
(例えば、今日学んだ-er 動詞は、jeの活用だけしか取り上げていません。)
一日15分、週3回の時間的な制約の中で、基本文法事項を網羅しつつ、
全くの初心者でも挫折なく楽しみながらついて来られる、
絶妙なバランスで構成されている入門編だと思います。

「まいにちフランス語」は、明日からの応用編がメインのつもりでしたが、
入門編も予想以上に良さそうです。来週以降も楽しみ♪
それにしても、この番組を聴いていると、ラジオ講座なのに、
國枝先生のカメラ目線な感じや、パトリスが発音のお手本をやっているときの顔が
目に浮かんでくるのは何故なんでしょうね?(笑)

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:54  |  フランス語  |  CM(0)  |  Top↑

2011.03.26 (Sat)

テレビでロシア語

テレビでロシア語 2011年3月号

これまでテレビ講座と言うと、ラジオ講座に比べて内容が薄いような気がして
あまり好んでは観ない傾向が強かったんですが、このロシア語講座はとても楽しめました。
ラジオ講座で学んでいるはずなのに全然頭に入らなかった文法事項が、
テレビ講座で取り上げられると不思議とすんなり理解できた、なんてことも(^^ゞ。
シベリア四都市の現地レポートに加えて、
ロシアの映画、文学、アートなども紹介されて興味深かったです。

私が観た今回の半年間が既に何度目かの再放送ですが、
来週からの半年間も、この「シベリア4都市紀行」が再放送されます。
もしまだ一度も観たことがない方は、是非観てみてください。
最近のテレビ講座には珍しく、かなり硬派で正統派な番組です。

最終回のエンディングで、番組に出演していたロシア人3名から
それぞれ激励メッセージがありました。
そこで一番印象に残った言葉がこちらです。

Без  труда  не  выловишь  и  рыбку  
из  пруда.

(努力なくして結果なし)

言うまでもなく、このロシア語が理解出来るわけではありませんが(^^ゞ、
いつか分かるようになる日が来るといいな、
という希望を込めて一応ここに書いておきます。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:29  |  ロシア語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.03.25 (Fri)

Nunca es tarde para aprender.

まいにちスペイン語 2011年1月号  まいにちスペイン語 2011年2月号  まいにちスペイン語 2011年3月号

今朝はずっと聴いていたラジオ講座がすべて最終回。
「まいにちフランス語」「まいにちイタリア語」「まいにちスペイン語」
「まいにちロシア語」…とすべての講座でシリーズ終了にあたっての挨拶や
リスナーに向けての激励メッセージがあって、卒業式のような気分になりました(^^ゞ

「まいにちスペイン語」は、イタリア語検定2次試験の直前2週間を除けば、
都合がつくときには必ず聴くようにしていました。
テキストも珍しく毎月買っていたので、手元には6冊揃っています。
熟語や諺が色々と載っているのが魅力で、今後の参照用にと思って買っていたので、
実は、講座を聴きながらテキストを開いたことは殆ど無くて(^^ゞ、
表紙も折り目一つ無いきれいな状態です。
後で気がついたんですが、アンコール講座になった時に買えば
もっとコンパクトで一冊にまとまったものが手に入ったんですよね。。(^^ゞ
まぁせっかくなので、巻末にあるスペイン語の読解教材(民話)などを
いずれは読んでみようと思います。

最終回の今日の諺は、Nunca es tarde para aprender.でした。
2009年の初回放送時最終回でも、これについては書いたので(→こちら
同じことわざについて二度目の記事ですが (^^ゞ、
でも来週月曜日からのスタート目前には、ぴったりの言葉ですよね。
「習うのに遅すぎることはない」
さあ、月曜日からはまた気分一新頑張りましょう!

積み残しなく月曜日にスタートを切れるように、
週末は残っている「テレビでロシア語」の録画を観なくっちゃ(^^ゞ

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:41  |  スペイン語  |  CM(0)  |  Top↑

2011.03.20 (Sun)

新スタート目前

まいにちスペイン語 2011年4月号

昨日3月19日、一日遅れで英語以外のテキストが書店に並びました。
テキストのデザインも変わり、新講座もたくさん始まるので、
今後の自分の語学学習を思い描いて、ワクワクする時期です♪

スペイン語は、テキストはたぶん買わないと思いますが、
テキストの表紙は、ラジオ講座、テレビ講座ともに目立っていました。
ラジオの方は、色とりどりのフラメンコ衣装が鮮やかですし、
そしてテレビ講座の方は、表紙買いするファンが続出しそうな予感 (^^ゞ
「テレビでスペイン語」のテキスト売上は、間違いなく例年より上がるでしょう。
(肖像権の問題があるのか、ネット上ではテレビスペイン語講座だけ
表紙写真がどこにもないので、気になる方は是非書店で確認してください♪)

「まいにちイタリア語」の応用編、なかなか良さそうです。
是非聴いてみようと思います。

新しい言語に挑戦予定の方にとっても、復習メインで継続される方にとっても、
心機一転また頑張ろう、っていう気持ちになる時期ですよね。
新講座は、3月28日(月)からスタートです。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:12  |  スペイン語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.03.19 (Sat)

チケット発売開始

イタリア映画祭

火曜日くらいに、公式サイトが既にアップされていることに気が付きました。
毎年GW恒例のイタリア映画祭、今日からチケット発売開始です。

様々なイベントの自粛が続いていますが、
個人的には、この映画祭を是非開催して欲しいです。
たぶんイタリア人ゲストの来日は難しいでしょうし、
映画祭を観に行くどころじゃない人も多いとは思います。
でも例年のような盛況は望めなくても、予定通りに開催して欲しいです。

一昨年、昨年の映画祭で上映された作品が、
今夏くらいに何本か劇場公開されるようです。(公式サイトに案内が出ています)
今年の映画祭での評判が、来年以降の一般公開に繋がる作品もあるはずなので、
そういう意味でも、会場に足を運んで、
アンケート用紙に感想などを書き残してくるつもりです。

テーマ : 映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  15:49  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑

2011.03.18 (Fri)

Color Esperanza

過去に何度か名前はここでも出していますが、
大好きな歌手の一人、Diego Torres の曲をご紹介します。
もともと好きな曲のうちの一つなんですが、
今聴くと、これまで以上に良さを実感します。
後半にアップテンポになってからもいい感じなので、
是非最後まで聴いてください♪

タイトルは、「Color Esperanza」(希望色)。



Sé que hay en tus ojos con solo mirar
que estas cansado de andar y de andar
y caminar girando siempre en un lugar

Sé que las ventanas se pueden abrir
cambiar el aire depende de ti
te ayudara vale la pena una vez más

Saber que se puede querer que se pueda
quitarse los miedos sacarlos afuera
pintarse la cara color esperanza
tentar al futuro con el corazón

Es mejor perderse que nunca embarcar
mejor tentarse a dejar de intentar
aunque ya ves que no es tan fácil empezar

Sé que lo imposible se puede lograr
que la tristeza algún día se irá
y así será la vida cambia y cambiará

Sentirás que el alma vuela
por cantar una vez más

Vale más poder brillar
Que solo buscar ver el sol

テーマ : Latin Pops☆ ジャンル : 音楽

EDIT  |  10:51  |  スペイン語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.03.16 (Wed)

普段どおり

先週金曜日の地震発生以降、
なんとなくブログを更新する気分になれずにいましたが、
今日からまた再開したいと思います。
まぁ、もともと毎日書いていた訳ではないので、
大げさに宣言するようなものでもないのですが。

被災地の現状を連日テレビで観るたびに、
今自分に出来ること、を考えずに入られませんが、
結局のところ、現実的に考えれば、私に今出来ることは、
節電、募金、そして可能な限り普段どおりに生活すること。
これに尽きると思っています。
「普段どおり」の中には、日用品の買いだめをしないことや、
逆に、いつも通りに一定の消費活動は行うこと、
そして必要以上にテレビを観ないことなどが含まれます。

被災地の苦労を少しでも分かち合いたい、と思うのは当然の感情です。
でもテレビで放送され続ける被災地の映像を観て、
いつまでも一緒に泣いてるばかりではダメだと思うのです。
被災していない私たちは、やはり「普段どおり」の生活を送る努力をしなければ。
それが可能な地域では、経済活動&知的文化活動をしっかり営む必要があると思います。
それがひいては、被災地支援の力になるはずなので。

原発関連では、不安になる報道ばかりが続いています。
フランス大使館は、在日フランス人に日本脱出を勧告したという話も聞きますが、
私は必要以上に心配しないことに決めました。
これは恐らく、これから長く続く懸念事項ですから、
今からMaxで心配していたら身が持ちません。

「こんな状況で○○なんて」と娯楽や趣味を自ら控えている人も多いように思います。
私も一時はそういう心境だったのですが、日曜夜あたりで頭を切り替えました。
なので、ラジオ講座も月曜日からちゃんと欠かさず聴いています。
テレビがずっと地震関連の特別番組でしたから、
月曜日の朝にラジオ講座を普段どおりに聴けたときには、本当にホッとしました。

昨日は渋谷で仕事でした。
電車が予想外に空いていて、予定よりも早く到着できたので、
お気に入りのイタリアンレストランでランチを食べ、
その後デパートで新しい腕時計を買いました。
(自宅を出てから、腕時計をしていないことに気がついたので、
いい機会ということで以前から欲しかったのを買っちゃいました(^^ゞ)
外食&ショッピングは、意識的な「普段どおりの消費」とも言えるかもしれません。

電車の運行制限のある中、昨日の授業には、
私の予想以上に生徒が集まりました。
こんな状況下でも真剣な眼差しで学んでいる生徒たちに、
私もいい刺激をもらった気がします。

とにかく冷静に、今まで通りの生活を(無理矢理にでも)心がけるつもりなので、
このブログも、これまで通りに語学絡みで書いていくつもりです。
敢えて脳天気な話題を持ち出すこともあると思いますが、ご了解くださいませ。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  13:36  |  語学全般&英語  |  CM(12)  |  Top↑

2011.03.09 (Wed)

『Generazione mille euro』 読了

Generazione mille euro

昨日 『Generazione mille euro』 を読み終えました。
一度は 『S.O.S. Amore』 の続きを読み始めたんですが、
なかなか波に乗れないので、再度中断してしまいました(^^ゞ

現代の就職難をテーマにしている作品なので、
映画 『見わたすかぎり人生』 にも少し共通する部分があるかもしれません。
大学を卒業しても、正規社員として就職できない若者たちが主人公。
タイトルにもあるように、1ヶ月1000ユーロほどで生活する世代の話です。
ミラノが舞台なので、物価が高いということも関係あるとは思いますが、
アパートは友人4人とシェア、日用品は必ずディスカウントストアで買うなどの、
若者の日常が書かれていました。
終始一貫して、お金に纏わる心配事や節約術(?)の話が出てきますが、
悲壮感は殆どないので、読んでいて気分が暗くなったりはしないし、
逆に、語調なども含めて結構コミカルな感じです。
日本にも同じような状況の若者は多いのが現実だと思うので、
正直なところ、それほど意外さはありませんでした。
殆どが会話主体の作品なので、小説を読んだというよりも
なんとなく映画かドラマを観たような感じです(^^ゞ
(ちなみに、この原作を元にした同タイトルの映画もあるようです)


そうそう、映画と言えば、
そろそろイタリア映画祭の詳細が発表になる頃ですよね?
某サイト(ブログ)で、公開予定作品の紹介だけ見ました。
日程が分からないので、公式サイトが出来るのを待たないと
最終的にどれを観に行かれるか分かりませんが、
私が是非観たいと今思っている作品は、こちらの3本です。

La prima cosa bella Mine vaganti Baciami ancora

楽しみですね~。
早く公式サイト出来ないかな。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:12  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.03.08 (Tue)

仏検ふたたび

仏検公式問題集 2010年度版2級

1月初めにも書きましたが、今年は仏検を受けようかと思っています。
3級を受験したのが2009年春季ですから、2年ぶりの受験です。
あれからそんなに時間が経ってしまったんですねぇ。。

3級受験時には、直前の集中学習が功を奏して、
急速にフランス語の理解度が高まった感がありましたが、
それ以降、イタリア語を最優先に過ごしている間に
私のフランス語力は下降の一途を辿ってしまいました。
今受けたら3級も危ういかもしれませんが、
そのくせ図々しくも、今回は準2級を飛ばして2級受験を検討中です(^^ゞ

イタリア語の時もそうでしたが、私が検定試験を受ける目的は、
自分の実力を試すためというより、自分の実力を引き上げるためなので(^^ゞ、
今回も敢えて高めのハードルに挑戦してみるつもりでいます。
が、そうは言っても、前途多難です。
先日、公式問題集を購入してやってみたのですが、
書き取り(ディクテ)や聞き取りは、散々な結果でした。

仏検2級のリスニングは、かなりゆっくりです。
(どの級でもナチュラルスピードだった
イタリア語検定のリスニングとは大違い(^^ゞ)
ディクテなんて、超ゆっくり読んでくれています。
なのに聞き取れない、書き取れない。
そもそもスペリングが分からない。。。(^^ゞ
ラジオ講座とかだと、雰囲気で聞き取れたような気になっていても、
いざ問題集をすると自分の弱点が浮き彫りになりますねぇ。
後で読まれた文を文字で見ると、簡単な内容なんですけど(^^ゞ、
リエゾンとかに惑わされて、正確に内容が把握できないんですよね。

あと3ヶ月余りで、果たしてどのくらい2級レベルに近づけるでしょうか?
いったいどこから手をつけたらいいものか・・と途方にくれていますが(^^ゞ、
今後ちょっとずつ対策を練りたいと思います。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:39  |  フランス語  |  CM(4)  |  Top↑

2011.03.02 (Wed)

英国王のスピーチ

英国王のスピーチ

英国王のスピーチ』 (原題:The King's Speech) を観ました。
先週水曜日、公開前から早々にネット予約して座席は確保していました。
公開後最初のサービスデーだったことに加えて、
アカデミー賞4部門の受賞直後ということもあって、平日昼間なのに大盛況でした(^^ゞ

コリン・ファースが良かったです。
これまでに観た彼の出演作品は、『恋におちたシェイクスピア』、
『ブリジット・ジョーンズの日記』、『ラブ・アクチュアリー』くらいなので、
存在感はあっても脇役・準主役のイメージが強かったんですが、
今回の作品で完全に認識を改めました。
ゴールデングローブ賞&アカデミー賞で主演男優賞に輝いたのも納得。
(『シングルマン』 を観てないから世間より認識が遅いのかも?(^^ゞ)

あらすじも結末も、ほぼ分かった状態で観ているのに、
冒頭から一気に引きこまれました。
最後のスピーチなんて、こっちまで緊張しましたよ(^^ゞ
誰にでも安心して勧められる映画です。

テーマ : 映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  12:55  |  語学全般&英語  |  CM(2)  |  Top↑

2011.03.01 (Tue)

反省&決意

まいにちフランス語 2011年1月号   まいにちフランス語 2011年2月号  まいにちフランス語 2011年3月号

「まいにちフランス語」は初級編、応用編ともに
一応欠かさず聴いています。
でも、どうも今ひとつダメですねぇ・・私のフランス語。
なんとなくは分かるし、それなりに読んで理解はできるんですが、
この「なんとなく」「それなり」のぼんやりした状態から、
全然先に進めないまま、ラジオ講座も最終月に入ってしまいました。

この停滞の原因を自分なりに考えてみると、結論は一つ。
フランス語に触れている絶対時間が少なすぎる、これに尽きます(^^ゞ。
思い返してみれば、イタリア語で同レベルの時期には、
もっとケタ違いに時間もエネルギーも費やしてました。

某予備校のテレビCMで流れているカリスマ先生の台詞、
「英語なんて言葉なんだ。やれば誰だって出来るようになる!」
と同じことなんですよね。
やれば出来るようになる、やらないものは出来なくて当たり前。
もっとフランス語をしっかりやろう、と決意を新たにする今日この頃です。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:39  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |