2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010.11.27 (Sat)

concordanza

今週は先生たちの公演直前ということで、フラメンコレッスンはお休みでした。
その空いている時間を上手く活用できないかと思い立って、
某イタリア語学校(週1で通っているのとは別の学校)に問い合せてみると、
ちょうどタイミングよくプライベートレッスンを入れることが出来ました。
10月半ばからプライベートレッスンを受けているとは言え、
まったく安心できる状況ではないので、たとえ1,2回でも、
スケジュールが合えば追加でプライベートレッスンを受けてみようと思ったんです。

急遽受けることにした1級2次試験対策のプライベートレッスン、
担当してくれることになったC先生は、
実はちょうど4年くらい前に短期で習ったことのある先生でした。
もう随分前の話だし、期間も1ヶ月半くらいのものだったのに、
部屋に入って来るなり、「あぁ、君だったのか」と一言。
え?私のこと覚えているんですか? と訊いたら、
驚いたことに、英語を教えていることや、スペイン語を勉強していたことまで
しっかりご記憶でした。ビックリ。
(スペイン語のことを、どういう経緯で当時話したのかは謎ですが(^^ゞ)

1時間の密度が濃くて、非常に満足度の高いレッスンでした。
レッスン後、先生から「concordanzaに気をつけるように」との指摘を受けました。
concordanzaというのは文法用語で「一致」のことです。
つまり性数の一致です。
女性名詞には冠詞も形容詞もすべて女性形を付ける、
それがもし複数形なら、すべて女性複数形に変化させる、
こんなのは基本中の基本ですよね。
なのに、スピーキングになると、
この「一致」が恐ろしく苦手なんです(^^ゞ
自分でもこれが課題だと自覚しているんですが、
一向に改善できません。。
間違えないように気にし過ぎると、発言が止まっちゃったりするし。
(その点、英語ってなんて楽なんでしょう!(^^ゞ)

正確なイタリア語で話すというのは、本当に高いハードルです。
あと一週間で大きく改善するようなものではないですが(^^ゞ、
それでも声に出す練習は、いつもより意識的に多くしようと思います。

さて、今日はこれから銀座へお出かけ。
先生たちのフラメンコ舞台を鑑賞に行きます。
どんな作品なのか、楽しみ♪

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:01  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.11.25 (Thu)

イタリア好き vol.3

イタリア好き Vol.3

今日、『イタリア好き』の第3号を貰ってきました。
今回はウンブリア州の特集です。

テレビイタリア語講座のロケ地でもあるので、
語学講座で紹介されたペルージャの街並みや、
モンテ・カステッロ・ディヴィデオの小劇場なども載っていました。

前号の時にも思ったことですが、
フリーマガジンとは思えない充実度ですよ。
ご興味のある方は、お早めに♪

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:42  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑

2010.11.23 (Tue)

ついに完結

LOST - The Final Season

アメリカでの本放送は随分前に終了していますが、
日本での放送は先週末が最終回。
録画してあったものを、今朝観ました。

果たしてどんな結末を迎えるのか・・と、あれこれ想像しながら
ワクワクし続けたファイナルシーズンでしたが、とうとう終わってしまいました。
最終回は、懐かしかったり、感動的だったり・・と
色々な要素が詰まっていましたが、
ふと冷静になると、幾つかの謎は残ったままのような気も。。。(^^ゞ
若干、釈然としない感じはあるけど、
随分長いこと楽しませ貰ったから、細かいことには目をつぶります。

それにしても、もう終わりかと思うと寂しいなぁ。。
とは言え、来週からはもうひとつのお楽しみ、
「Brothers and Sisters」の新シーズンが放送開始です(^^ゞ。
やっぱりアメリカのドラマは面白い♪

テーマ : 英語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:28  |  語学全般&英語  |  CM(6)  |  Top↑

2010.11.22 (Mon)

添削作文再開

今回の1次試験結果、各セクションの得点内訳は以下のとおりでした。

リスニング:20/22 (合格基準17)
筆記:28/38 (合格基準28)
作文:16/20 (合格基準12)
合計:64/80 (合格基準64)

先日も書きましたが、合計点は基準点ギリギリでした。
問題数が少ないので、本当に1点が重い試験です。
今回はリスニングが予想外に出来たことにも助けられましたが、
それ以上に、作文の16点が大きかったと私自身は思っています。

これまで2回の2級と昨年の1級、計3回とも、
作文では基準点ギリギリの12点しか取れませんでした。
1点が重い意味を持つこのテストで、4点上がったというのは大きいです。
昨秋からずっと続けていた作文通信コースでの努力が報われて良かった!
(本当は20点満点とか取れていたら、もっと説得力があるのでしょうが・・(^^ゞ)

現在受講中の添削コース、最後に提出したのは9月下旬です。
まだ3課題残ってるんですが、有効期間は12月半ばまでなので、
のんびり構えているうちに2ヶ月近くも空いてしまいました(^^ゞ。
それまで毎週1課題ずつ着実に提出していたので、突然パッタリ来なくなって、
担当の先生も変に思っているかもしれません(笑)
2次試験はスピーキングですが、アウトプットの練習にはなるので、
昨日からまた作文課題を再開しました。
あともう残り2つも、12月5日までには提出するつもりです。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  08:52  |  イタリア語  |  CM(8)  |  Top↑

2010.11.19 (Fri)

1級1次試験合格

ご無沙汰しております。今日、ハワイから戻ってきました。
7日間のんびりバカンスを満喫しました。

夜自宅に戻ると、イタリア語検定1次の結果が届いていました。
なんと、合格です。
自分でも信じられません。
どうやら試験直後に某スクールが出した解答速報が一問間違っていたみたいで、
その分、実際の試験結果ではリスニングが自己採点より1点良くて、
その1点に救われた感じです。
3セクションの合計得点が、合格基準ギリギリでした(^^ゞ

1次通過は嬉しいのですが、2次試験を考えると正直気が重いです。。
今年の1級1次合格者は、日本とイタリアを合わせて9名なんですが、
私ほどスピーキング力に課題のある人なんて、いないでしょうねぇ、きっと。
2次試験の12月5日まで、あとわずか2週間。
出来る事は限られているかもしれませんが、自分なりにベストを尽くしたいと思います。
帰国早々、一気に現実に引き戻された感じです。。(^^ゞ

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  21:51  |  イタリア語  |  CM(28)  |  Top↑

2010.11.10 (Wed)

バカンス

Io no

突然ですが、明日からハワイに行って来ます。
例年以上に仕事が忙しかった今年の夏は、
このハワイでのバカンスをひたすら心の支えにしていました(笑)

1月に図書館に予約した東野圭吾の本が、ちょうどタイミングよく、
ようやく(!)回ってきたので、それも持って行きますが、
きっと直ぐに読み終わっちゃうでしょうから、
イタリア語の小説も持っていくつもりです。
昨日から、Lorenzo Licalziの『Io no』 を読み始めました。
まだ冒頭部分しか読んでいませんが、比較的読みやすそうな印象です。

今回は現地泊が一週間なので、
いつも以上にのんびりした休暇になりそうです。
たっぷり充電してきます♪

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:56  |  旅行  |  CM(4)  |  Top↑

2010.11.06 (Sat)

『Mare delle verità』 読了

Mare delle verità

9月半ばから読んでいた『Mare delle verità』を読み終えました。
主人公の心理描写などは、かなり好みでしたが、
ストーリー展開の方は、正直なところ、少々物足りない感じでした。
ミステリーだと余計に、評価が厳しくなってしまうのかも?(^^ゞ

世界的にも著名なウィルス学者の父親が急死し、
主人公(Lorenzo)が何年かぶりに故郷に戻るところから
話が始まるんですが、その後の展開がちょっと「?」なんですよね(^^ゞ。
父親が生前に握っていたある秘密をめぐって、
秘密組織のメンバーが接触してきたり、
その陰謀になんとバチカンまで関与していたり・・と、
読みながら違和感を感じずにはいられませんでした。
あんなに大きな話にしなくても良かったのに・・って正直思います(^^ゞ。

この本が、今年のイタリア語読書8冊目でした。
今年中に、もう一冊くらいは読めるかな・・?

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  16:21  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑

2010.11.01 (Mon)

イラスト

まいにちスペイン語 2010年11月号

今日から11月ですね。
季節もここ数日で、突然冬になった感じです。

福嶌先生のまいにちスペイン語、今学期で聴くのは二度目。
昨年の放送時は、テキストなしで聴いていました。
でも先月、熟語とことわざは結構忘れていることを実感したので(^^ゞ、
思い直してテキストを買うことにしました。
放送を聴いている分には、テキストの必要性はあまり感じないんですが、
熟語や諺って、後になっていざ調べよう、覚えようと思っても、
まとまった数探すのは結構難しいような気がするので、
半年分のテキストを一応買っておくつもりです。

テキストの出演者紹介のページを改めて読んでいたら、
福嶌先生の欄に、「趣味はお笑い。特技はイラストを描くこと」とありました。
お笑い好きなのは、番組を聴いていればすぐに分かりますが(笑)、
イラストについてもわざわざ書いてあるのを見て、突然気がつきました。
慌ててテキスト「もくじ」のページ下をチェックしてみると、やっぱりそうでした。
「イラスト:福嶌教隆」とあります! 
毎月のテキストにあるイラストは、福嶌先生が描かれたものだったんですね。
(テキスト表紙ではなく、各レッスンの挿絵の方です)
知りませんでした。ビックリです。
特技というだけのことはあって、お上手です。
テキスト執筆だけでなくてイラストも手がけていらっしゃるなんて、
福嶌先生って凄いですね♪

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:06  |  スペイン語  |  CM(6)  |  Top↑
 | BLOGTOP |