2010年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.10.28 (Thu)

驚きの連続

ふらんす 2010年11月号

ちょっぴりご無沙汰です。最近何かと忙しい日々が続いております。
「ふらんす」11月号の『魔の沼』は、まだ半分くらいしか読んでいませんが、
その僅かな文章の中で、いくつかの驚きがありました。

まず一つ目。
今月号連載分の冒頭に、こんなフレーズがあります。
..(略), lui dit un jour son beau-père, ...(略)
初め、「ある日、ハンサムな父親が彼に言った」かと思ってしまったんですが(^^ゞ、
実は全然違いました。
美しい(beau)と父(père)が組み合わさって、
beau-père =舅、義父」の意味なんですって。
同じく、美しい母と書いて「belle-mère =姑、義母」、
複数形になると、「beaux-parents =義父母」でした。
他の言語には無い発想じゃないですか?? 粋だなぁ~、フランス語って。

二つ目の驚きは、embrasserという動詞です。
本文に出てきたときに、何の疑いもなく「抱きしめる」の意味だと思いました。
英語のembraceとほぼ同じだし、語源的にも「bras」を見ると「腕」を連想するので。
でもテキストの訳を見ると、「キスする」と出ています。
不思議に思って辞書で調べてみると、
わざわざ「ポイント!」として注意書きがありました。
embrasserは元来は、「腕(bras)に抱く、抱擁する」の意味だが、
現代フランス語では、その意味はなくなり、「キスする」という意味

なんだそうです。 ビックリ(^^ゞ

これから先、どんな驚きが待ち受けているのか楽しみです♪
実質的な時間としては、それほど勉強している訳ではないんですが、
妙にフランス語が楽しい今日この頃です(^^ゞ
スポンサーサイト

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:10  |  フランス語  |  CM(8)  |  Top↑

2010.10.24 (Sun)

プライベートレッスン

今月初めに受けたイタリア語検定、1次試験合格の可能性は殆どないと自覚しつつも、
万が一、奇跡の大逆転みたいなことが起こった時にパニックになるのも嫌なので(^^ゞ、
一応出来る限りのことはしておこうと思い、またプライベートレッスンを受け始めました。
3月半ばに講読クラスが終了して以来、一言もイタリア語を話していなかったので(^^ゞ、
1次試験の結果がどうであれ、この辺りでまた「話す」練習をしておくのも
悪くないかな・・・という気持ちもありました。

昨年の2次試験直前以来、10ヶ月ぶりのプライベートレッスンでしたが、
悲しいかな、イタリア語で話す感覚はかなり鈍ってました(^^ゞ。
全然、思うように言葉が出てきません。
簡単な単語さえも瞬時に出てこない自分に腹が立ちます。。(^^ゞ

最終的に何レッスン受けることになるかは、1次試験の結果次第ですが(^^ゞ、
いずれにしても、しばらくの間は週1くらいのペースで通うつもりです。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:45  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.10.21 (Thu)

魔の沼

ふらんす 2010年10月号

10月号からの「対訳で楽しむ」で取り上げられる作品は、
ジョルジュ・サンドの『魔の沼』(La Mare au diable)です。
数日前に、ようやく書き写し&精読が終了しました。

昨年10月から半年間続いた『悲しみよこんにちは』や
今年4月から先月まで読んでいた『マノン・レスコー』と比べると、
正直なところ、あんまり楽しくありません。
今月号は、父と息子が牛を使って畑を耕す描写ばかりでした。
う~ん・・・やっぱり先月までの、波乱万丈な色恋ものとの落差は大きいです(^^ゞ。

George Sand

この連載開始以前、ジョルジュ・サンドについて知っていたことと言えば、
男性名をペンネームに使っていたことと、ショパンの恋人だったということくらい(^^ゞ。
この『魔の沼』については、お恥ずかしながらタイトルすら聞いたことがありませんでした。
たぶん彼女の作品の中では、相当有名な作品の一つなんでしょうけど。。
購読誌の連載というキッカケでもなければ、ずっと読む機会もなかったでしょう。
これから先、もし田園描写ばかりだと楽しめるかどうか不安ですが(^^ゞ、
いずれにしろ半年間頑張って読んでみようと思います。

今日、帰宅したら11月号が届いていました。
ひとまず次号が来る前に10月号を読み終えていてよかったです(^^ゞ

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:16  |  フランス語  |  CM(10)  |  Top↑

2010.10.19 (Tue)

大草原の小さな家

大草原の小さな家

テレビで偶然CMを観て知りました。
大草原の小さな家(Little House one the Prairie)のDVDが
DeAGOSTINIから隔週で発売されるそうです。(詳しくは→こちら

ホントに懐かしい!
このドラマ、小学生の頃から何年間も毎週欠かさず観てました。
もちろん全て日本語吹き替えでですが(^^ゞ、
このドラマで、アメリカっていう国を初めて知ったような気がします。

英語音声だとどんな感じかも興味あるし、
特別価格の創刊号だけでも買ってみようかな~(^^ゞ

テーマ : 英語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:46  |  語学全般&英語  |  CM(8)  |  Top↑

2010.10.18 (Mon)

初級から中級への勉強法

今このブログを読んでくださっている方で、ご存知の方はそう多くはないと思いますが、
実は、このブログを始める以前、2005年12月からの丸2年間、
私は全く別の場所でブログを書いていました。
そのブログは、元々はフラメンコ関連の話題を書くために作ったんですが、
結局始めて1年も経たないうちに、フラメンコの話題よりも
イタリア語関連の投稿の方が圧倒的に多くなってました。
(そんなこともあって、こうして語学ブログを作り直したわけです(^^ゞ)

そちらのブログを書いていた2年間は、
ちょうどイタリア語検定4級受験(2006年3月)、3級受験(2006年10月)、
2級初受験(2007年10月)の時期とも重なっていたので、
今にして思えば、イタリア語力急成長の時期でもありました(^^ゞ
ブログ引越時に、あまり深く考えることもなく以前のものは削除してしまったのですが、
後になって、やっぱり保存しておくべきだったかな・・と思ったことが何度かあります。
自分の成長記録(?(^^ゞ)としてもそうですけど、
イタリア語学習者の方にも、何らかのお役に立つ内容だったかもしれませんから。。

一昨日、3級受験当時の勉強法や使用教材についての質問をコメントで頂き、
その当時のことを思い出して書いてみようか・・という気になりました。
*************************

ラジオ講座を聴い始めて1年数ヶ月が経ったときに、
イタリア語検定なるものが存在することを知り、受けてみようと思い立ちました。
ラジオ講座入門編で基礎文法はきちんと習得しているつもりだったし、
番組内での簡単な演習問題などは、きちんとこなせていましたが、
いざ問題集を始めてみると、間違い連発でした(^^ゞ。
動詞の不規則活用が曖昧だったのと、語彙力が圧倒的に不足していたんです。

ラジオ講座の入門編に登場した単語以外は何も知らない状態だったので(^^ゞ、
語彙力不足に危機感を覚えて利用したのが、「今すぐ話せるイタリア語単語集」。
CD二枚付きで、各ジャンルの名詞、形容詞、動詞などが例文付きで収録されています。
これをiPodに入れて、通勤中などにひたすら聴くという方法を、
たぶん4級、3級受験の頃まで続けていたような気がします。
他の単語集と比べたことがないので、この本が特に良いかどうかは分かりませんが、
語彙を増やすことに加えて、リスニングの訓練にもなるので気に入ってました。

今すぐ話せるイタリア語 単語集     イタリア語聴き取りトレーニング

リスニング対策で一番お世話になった教材は、「イタリア語聴き取りトレーニング」です。
3級受験用として利用したのか、それとも3級合格後に2級対策として始めたのか、
ちょっと時期的なことについては記憶が定かではないのですが(^^ゞ、
このCDは、とにかく聴きまくりました。
この教材に登場する単語や慣用表現などは、完全に耳で覚えていたと思います。
これを聴き込んだことで、かなりイタリア語の音に耳が慣れました。
この教材は、私的にはかなりオススメです。

しっかり身につくイタリア語トレーニングブック   書ける、話せる、実用例文800 

次に文法についてですが、当時利用していたのは
しっかり身につくイタリア語トレーニングブック」。
これは本当に良い教材でした。
手を動かしながら解答しているうちに、自然と活用形やその他の文法が覚えられます。
書き込み式になっているので、外出時も持ち歩いて実際に書き込んで使用していました。
演習問題が多いので、量をこなしながら文法事項を整理するには
最適の教材だったと思います。
(ちなみにこの問題集にはCDもついていますが、これは全く使いませんでした(^^ゞ)

このトレーニングブックが終了して以降(たぶん3級受験前後)、
私のイタリア語学習の中心になったのが「精読」です。
ノートに一行おきに本文を書き写して、その後、
辞書を引きながら、そのイタリア語を自力で訳すという単純なものです。
日本語訳がないと自分の理解が正しいかが判断できないので、
教材は全て、NHKラジオ講座のテキストを活用しました。

初めに使用したのは、「イタリア語で“聴く”ルネサンスの名画」という応用編です。
放送当時は難しすぎてついていけませんでしたが、
その後、このテキストが読解用の教材として役立ったわけです。
関係代名詞、過去分詞構文、遠過去・・と色々な文法事項満載で難しかったですが、
暗号解読のような気分でチャレンジしました(^^ゞ。
これをキッカケにして、少し長めの文章を読むのが楽しくなって、
その後は順番に、応用編の教材を同じ方法で精読しました。

2006年4月からラジオ講座テキストに連載がスタートした
イタリア語のエッセイ「Dolce Italiano」も利用しました。
私がこの連載エッセイを精読し始めたのは、
連載が始まって半年近く経ってからだったと思いますが、
内容的にも興味深くイタリア語の勉強にもなる、一石二鳥の魅力的な教材でした。
以前にこちらでも書いたことがありますが、
この『Dolce Italiano』、今年初めに一冊の本として出版されています。

最後に、作文対策として使用したのが
NHKイタリア語 書ける!話せる!実用文例800』。
タイトルにあるとおり、実用的な文例が満載です。
今でも、作文をしていて文法的なことを含めた表現などに迷った時には参照しています。

*************************
以上が、イタリア語検定4級から2級初受験の時期までの学習方法です。
この期間は、とにかくラジオ講座が中心で、
それを補足する形で上記の4冊を使用。
もちろん試験前には、三修社の『イタリア語検定 ○級突破』や
検定協会から出ている過去問題集も使いました。

イタリア語は市販されている学習教材がとにかく少ないので、
ここで名前を挙げたものも、イタリア語学習者の方なら
既にご存知の教材ばかりだったと思いますが、何かの参考になるようでしたら幸いです。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:11  |  イタリア語  |  CM(8)  |  Top↑

2010.10.16 (Sat)

『マノン・レスコー』完結

ふらんす2010年9月号

4月から半年間に渡って続いていた『マノン・レスコー』の対訳付き連載ですが、
ひと月遅れて、ようやく最後の9月号を精読し終えました。
この連載で取り上げられるまで、お恥ずかしながら
その存在さえ知らなかった作品ですが、半年間楽しませて頂きました。

何度彼女に裏切られても、自分が犯罪に手を染めるほど堕落してしまっても、
結局マノンの魅力に抗えないデ・グリューのことを、
半ば呆れながら(^^ゞ読み進めた半年間でした。
それにしても、さすがファム・ファタルの先駆けと言われるだけの事はあって、
マノンの魔性の女っぷりは、徹底してましたね(笑)
とは言え、紆余曲折はあったものの、最期はデ・グリューへの想いに忠実だったあたりが、
この作品が時代を超えて指示されている所以でしょうか?

6ヶ月で1作品を読むこの企画ですが、『悲しみよこんにちは』も、
『マノン・レスコー』も良かったので、次の作品も楽しみです。
うかうかしていると、1週間後には11月号が来てしまいますから、
早く10月号の新連載を読み始めなければ。。(^^ゞ

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:05  |  フランス語  |  CM(6)  |  Top↑

2010.10.15 (Fri)

今週のことわざ

まいにちスペイン語 2010年10月号

「まいにちスペイン語」の金曜日は、ことわざを学んでいます。
今日の放送で取り上げられたのは、 “El mundo es un pañuelo.”でした。
これって、以前に(→こちら)偶然書いたことがある表現です。
あの時は、廣康先生の講座のフリートークで耳にして、
おもしろい表現だな・・って感じだったのですが。。。

今日の放送でこの表現を耳にしてビックリでした。
福嶌先生の今回の入門編は、以前の放送も聴いているので、
実は9月のフリートークで初めて知ったわけではなかったんですね(^^ゞ
慣用句とか諺は、忘れているものが多そうなので、
これからも毎週新鮮な気持ちで聴けそうです(^^ゞ

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  08:21  |  スペイン語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.10.13 (Wed)

基礎から復習中

まいにちフランス語 2010年10月号

今月に入って、またフランス語のラジオ講座も毎日聴き始めました。
小野先生とミカエルさんの「まいにちフランス語」は、
2009年4~9月にも聴いていますが、かなり気に入った講座だったので、
今期はアンコール講座はやめて、朝の15分に絞ることにしました。

昨年の放送の時にも感じましたが、この「サトシのナント留学記」は、
一度既に初級文法を学んだことがある人が、復習するのに向いていると思います。
これまで聴いたどの講座よりも、「聞き分け」が重視されているのがありがたいです。
(例えば、ils sontils ontの違いとか)
動詞ごとに6つの人称活用を取り上げることはあっても、
ある人称動詞の発音を他の動詞と横に比べるっていうのは、
他の講座ではあまりなかったような気がするんですよね。

それにしても、8月、、9月とたった2ヶ月中断していただけなのに、
忘れかけていることが多くて、嫌になります。
まぁこの2ヶ月で忘れたというよりは、その前からの可能性大ですが(^^ゞ

私のフランス語学習も早3年が経ってしまいました。
今月から4年目に突入です。
この3年間、昨年春の仏検前の2ヶ月ほどを除けば、
殆ど常にイタリア語最優先で、フランス語は二の次でした。
こんな取り組み方しかしていないんですから、当たり前ですけど、
3年も経ったわりには、いまだ初級レベルも危うい感じです。
かなり前から、フランス語に集中したいっていう願望だけはあるんですが、
なかなか状況が整わないんですよね。(^^ゞ
複数言語を並行して学ぶ限り、こういう悩みは永遠に続くんでしょうけど。。
この初級止まりのフランス語を早くどうにかしたいです(^^ゞ

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:43  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.10.09 (Sat)

TETRO

TETRO

横浜で開催中のラテンビート映画祭で、『テトロ』を観てきました。
新宿では複数回あった上映のほぼ全てがチケット完売のようですが、
今日の横浜もほぼ満席だったように思います。

ほぼ全編がモノクロだけど、回想シーンの劇中劇はカラー映像だったり、
最初の方の何気ない台詞が後々効いてきたり・・・と、
かなり通好みの(?)映画だったような気がします。

劇場公開はないという噂なので、映画祭で観られて良かったです♪
一緒に観に行った旦那さんも、満足していた様子でした。
結末を知った上で、DVDが出たらもう一度観たいです。

ちなみに、『テトロ』の舞台はアルゼンチン。
英語の台詞の方が多かったですが、スペイン語もありました。
先日の『瞳の奥の秘密』と併せて、
一週間に2回もアルゼンチンのスペイン語に触れてしまいました(^^ゞ

テーマ : 映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:37  |  スペイン語  |  CM(0)  |  Top↑

2010.10.08 (Fri)

テレビでロシア語

テレビでロシア語 2010年10月号

今期のロシア語は、テレビ講座も観てみることにしました。
先週から始まったこの講座、今朝、録画しておいた2週目を観たのですが、
予想以上に充実した内容で嬉しくなってしまいました。

この「シベリア4都市紀行」は、たぶんこれが三回目くらいの再放送なので、
以前の放送時に既に観た方も多いと思いますが、
私は今回初めてなのでとっても新鮮です♪
今日は、ロシア語ばかりを話すカーチャさんに驚きました(笑)
(ラジオ講座では彼女の日本語を聴く機会の方が圧倒的に多かったので(^^ゞ)

テレビ講座だと、下に日本語字幕を出しておくっていう方法が取れるので、
入門編でも初めから結構レベルの高いものも登場させることが出来るんですね。
今週、ラジオ講座では、まだ文字の読み方をやっているのからしたら、
テレビ講座では、段違いに多くの生のロシア語を聴く機会がありました。
テキストには、カーチャさんのロシア語レポートの全文が掲載されているみたいです。

現地レポートがたくさんあるので、映像を観る楽しみもあります。
このシリーズは、学習効果的にも期待できそうなので、
是非ずっと継続して観てみようと思います。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:03  |  ロシア語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.10.06 (Wed)

瞳の奥の秘密

瞳の奥の秘密

今日、仕事の前に日比谷まで足を伸ばし、
アルゼンチン映画 『瞳の奥の秘密』 を観てきました。
(原題:El secreto de sus ojos)

この映画、昨年12月のスペイン映画祭で上映された作品の一つで、
友人のブログでその映画祭の感想を読んでから、ずっと気になってました。
8月下旬から一般上映されていたんですが、タイミングを逸してしまって(^^ゞ、
ようやく今日観てきました。

色々な賞を受賞しているだけのことはありますね。
期待を裏切らない満足度でした。
テーマが深すぎて、ここで気軽にあれこれ書けませんが、
色々考えさせられました。
DVDでもう一度観たいです。

アルゼンチンのスペイン語だったので、
vosを初めとする聞き慣れない表現が結構あった気がします。
ところで、昨年は「ラテンビート映画祭」とは別に「スペイン映画祭」もあったわけですよね?
ってことは、今年も12月にスペイン映画祭はあるのでしょうか?

テーマ : 映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:49  |  スペイン語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.10.04 (Mon)

イタリア語検定

昨日、イタリア語検定1級を受験してきました。
難しかったです。
全体的に苦戦しましたが、特に語彙のセクションは、
これまで一度も見たことさえないような単語のオンパレードで、
8問中で知っていたのは1問だけ。
残りは全て勘に頼るという悲惨な状態でした。
感触としてあまりにも出来なかったので、
速報を待つまでもないな・・というのが正直な気持ちでした。

例年、解答速報が出るのは水曜日頃なのですが、
今朝起きてから何の気なしに覗いてみたら、
驚いたことに、既に解答速報が出ていました!→ こちら

早速チェックしてみると、リスニングは意外に高得点でした。
86%も取れていて、我ながらビックリ。
筆記セクションの方は、やはり語彙問題がほぼ全滅。
勘で選んだ問題は見事にハズレまくりでした(^^ゞ
それでも、文法問題の出来がそれなりに良かったお陰で、
筆記セクション合計は、昨年の合格基準点にはギリギリ届きました。

もし昨年と合格基準が同じであれば、
リスニング、筆記とも一応クリアはしていそうです。
でも筆記の点がこんなに低いと、
作文がよっぽど高得点でないと合計点が全然足りないのは明らかです。
その肝心の作文は、ずっと通信講座で対策を立てていたのに、
全然まともな物が書けませんでした。
あれじゃぁ、よくても基準ギリギリでしょう。

1次試験合格の可能性は殆どないですが、
でもゼロではない、というのも事実。
本来の計画では、今日からは腰を据えてフランス語のはずでしたが(^^ゞ、
これだけ微妙な状況だと、今後どうするか悩みます。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  06:52  |  イタリア語  |  CM(20)  |  Top↑

2010.10.01 (Fri)

いよいよ目前

具体的な目標に向かって、地道に頑張るのは嫌いじゃないんですが、
やっぱり直前になると、早く試験から解放されたくなります(^^ゞ

試験は明後日、日曜日。
準備万端なんて心境からは程遠いです。
でも、この1年間は一応((^^ゞ)イタリア語最優先で過ごして来たし、
作文通信講座もずっと継続してきたので、
自分なりには納得の行く状態と言えるかも知れません。
もちろん、点数に反映されるかどうかは別問題ですけどね。。(^^ゞ

明日、土曜日は一日予定を空けてあるんですが、
何をして過ごすか困ってしまいます。
もうここまで直前になると、正直、やる事ないんですよね。
とは言え、気休め程度に机には向かうでしょうけど。。(^^ゞ

日曜日に受験される皆さま、頑張りましょう♪

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:44  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。