2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.09.29 (Wed)

イタリア語学習6周年

9月も終わりが近づいてきました。
ようやく、それも突然に、秋が来た感じの今日この頃。
私は以前から、この時期に何か新しいことを始めるパターンが多いんですよね。
フラメンコも、フランス語も、そしてイタリア語も開始は10月でした。

ラジオ講座でイタリア語を始めたのが2004年10月初めなので、
今月末でちょうど6周年ということになります。
改めて「6年」と思うと、もうそんなに経ったのか・・と我ながらビックリ(^^ゞ。
そして、ラジオ講座を聴いて丸3年経った時にイタリア文学に挑戦し始めたので、
今月末で小説を読み始めてちょうど3年ということになります。

この3年間で読んだ本を並べてみました(^^ゞ
こうして見ると、なかなか感慨深いものがあります。
私のイタリア語は、これからも間違いなく読書中心でしょう。

   Sostiene Pereira   BAOL   NORDEST Va' dove ti porta il cuore 

   Il giorno in più  Mi fido di te un posto nel mondo Due di due

   Rossovermiglio   Voci (di Dacia Maraini)   il tempo che vorrei   Tecniche di seduzione

Io non ho paura Canone Inverso   L'abito di piume Ti prendo e ti porto via

スポンサーサイト

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:27  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.09.28 (Tue)

テレビでイタリア語

テレビでイタリア語 2010年10月号

先週、書店でこのテキストが目に止まりました。
これまでの女性ファッション誌みたいな表紙((^^ゞ)から一転、
テレビ講座のテキストは、今月からオシャレな旅行雑誌のようです。

私は、もともとテレビ講座にはあまり興味がなく、
テレビイタリア語講座も、学習初期に一時期観たっきりなので、
今回のウンブリア州シリーズも、再放送のようですが私は初めて。
25分間オールロケっていうのが新鮮ですね。
(どうもスタジオで芸能人を生徒役にしながら、
軽いノリで進行するスタイルには性に合わないんですよね(^^ゞ)

ちょうど昨夜が初回放送でした。
学習内容的だけを見れば、超初心者向けですが、
番組進行のマリアとマッテオの二人がずっとイタリア語なので、
予想以上に楽しめましたよ。
ずっと画面下に日本語字幕が出てはいますが、
それを見ずに、音に集中しながら観ました。
テキストには、フリートーク部分も含めてイタリア語全文が掲載されています。
これって、結構画期的じゃないですか?
他のテレビ講座テキストと比べて、イタリア語だけ厚さが際立ってました(笑)
前回の放送の時にも、テキストには全文掲載されていたのかなぁ?

初回放送の再放送は、来週月曜日の朝6:00からです。
これからの3ヶ月間は、『テレビでイタリア語』を観てみようかと思います。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  07:50  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.09.25 (Sat)

どうにか完走

まいにちロシア語 2010年9月号

「まいにちロシア語」も昨日が最終回。
一応、半年間休まず続けることは出来ました。
が、身についた感じは全くしません(^^ゞ

これまでどの言語でも、私はリスニングよりリーディングの方が得意で、
音そのものよりも文字中心に親しむことが多かったんですが、
どうも、ロシア語だけはその逆です。
この半年間で覚えた幾つかの単語やフレーズは、
音で理解できて、自分で言うことはできても、
その綴り字はまったく覚えていません(^^ゞ
キリル文字、一応は分かったはずなんですが、
「えーっと、この文字はこういう音だから・・」と
ゆっくり考えないと、なかなか見た文字が音に結びつかないんです。
今さら言うまでもないですが、やっぱり文字が違うハードルは高いですね(^^ゞ

いくら欠かさず120課分を聴いたと言え、
ラジオの放送以外では何もしていないんですから、まぁ身につかないのは当然です(^^ゞ
一日15分だけで目に見える成果を期待できるほど、語学は甘くないですよね。
ロシア語は、文字も文法概念も英語やロマンス諸語とは違うんですから尚更です。

来期の放送は、今回と同じものの再放送ですが、
今後は放送の聞き流しで終わらせずに、
もう少し真面目に復習などもするつもりです。
さすがに、理解不十分なままで聴き続けるのも辛くなってきました(^^ゞ
動詞の活用や格変化も、覚える努力はしようと思います。

講座終了に際して、柳町先生からリスナーへの激励メッセージがありました。
その中で、「ロシア語を学ぶと世界が広がります」と仰ってましたが、
それは本当にそうでしょうね~。
もともと英語の世界しか知らなかった私が、
スペイン語、イタリア語、フランス語・・と言語を通して
これまで知らない世界を垣間見ることが出来るようになってきました。
ロシア語は、これまでのラテン系ともまったく違う世界ですから、
この言語が分かるようになったら、さぞかし楽しいだろうな・・と思います。
ちょっとずつ、気長に頑張ります(^^ゞ

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:01  |  ロシア語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.09.24 (Fri)

まいにちスペイン語最終回

廣康先生のスペイン語講座、今日が最終回でした。
今回のシリーズは大のお気に入りだったので、終わってしまって寂しいです。
最終回の今日は、スキットに登場した7人それぞれから、
そしてもちろんフアン・カルロスさんと廣康先生からも、
講座終了にあたってのメッセージがありました。
こんなにも「最終回」が全面に出ているのは、珍しいかもしれません。

スペイン語講座を1レッスンも逃がすことなく完全走破っていうのは、久しぶりです。
(ここ数年、イタリア語検定が近づくと中断するパターンが多かったので(^^ゞ)
来週からは、福嶌先生のシリーズが始まりますね。

まいにちスペイン語 2010年10月号

この福嶌先生の入門編は、以前に一度聴いているし、
それもまだ1年半ほど前の話なので、若干新鮮味に欠けるのは残念ですが、
せっかく毎朝8時のスペイン語が習慣化していることですし、
(それに大好きな福嶌先生の講座だし(^^ゞ)
10月からも引き続き、毎朝聴くつもりです。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  17:00  |  スペイン語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.09.23 (Thu)

命の相続人

test

まったく予定していなかったのですが、ラテンビート映画祭の上映作品、
命の相続人』(原題:El Mal Ajeno)を観てきました。
夕方近くになって、突如思い立ってKINEZOでオンライン予約 (^^ゞ。
実は今日は仕事が臨時オフ日で、絶好の「お勉強日」のはずだったんですが、
そう何時間も机に向かっていられるはずもなく、
夕方くらいに「要気分転換」って感じになってしまったんです(^^ゞ

観に行って大正解♪
とっても味わい深い、良い映画でした。
これまでエドゥアルド・ノリエガって濃すぎて苦手だったんですが(^^ゞ、
今日の作品は渋くて良い感じでした。
ストーリーは、大前提の部分では非現実的なんだけど、
それでも、半ば過ぎにある謎が解けたときには、脚本のうまさに感心してしまいました。
主人公ディエゴの「決断」が、観終わってもしばらくずっと余韻を残します。

日本での劇場公開はないのでしょうか?
既にDVDの購入予約が始まっているみたいです。(→こちら

テーマ : 映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  00:21  |  スペイン語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.09.21 (Tue)

通勤電車は読書タイム

Mare delle verità

先々週、『Ti prendo e ti porto via』 を読み終えた時には、
しばらくイタリア語での読書は控えて、試験勉強に専念しようと思ったんですが、
やっぱり習慣化しているものを中断するというのは難しいです。
思い返せばもう随分前から、車内ではイタリア語読書なんですよね。
せっかく身についた習慣を無理に抑えることもないし、
それに、いかにも「試験勉強」っていうものはやっぱり楽しくないです(^^ゞ

と言うわけで、先週から 『Mare delle verità』 を読み始めました。
まだ30数ページしか読んでいないですが、
しっとりした描写が多くて(漠然とした表現ですが(^^ゞ)
これからの季節に読むにはピッタリな感じです。
Andrea De Carloの作品は、これが3冊目。
過去に読んだ2冊はどちらも良かったので、今回も楽しみです。


ところで、今日ラジオテキスト10月号を買ってきました。
中を確認していて驚いたんですが、開始2週目が再放送です。
私が買ったのはフランス語ですが、たぶん他の言語も全てそうですよね?
9月27日新規開講と思っていましたが、
10月4日からスタートでも同じってことですよね。
ちょうど検定試験も3日に終わることだし、新講座は来月4日から聴くことにします。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:32  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.09.19 (Sun)

受験票

昨日、イタリア語検定の受験票が届きました。
あとちょうど残り二週間です。

東京会場での1級受験者は48名。
昨年の53名よりさらに少なくなっています。
例年の合格率で考えると、
この中の4名ほどしか2次に進めないんですよね。
今さらながら、とんでもない挑戦だと実感します(^^ゞ

私は学生の頃から、試験前でも「猛勉強」っていうのは出来ないたちなので(^^ゞ、
これから二週間もフラメンコには週4レッスン行くし、
ラジオ講座もスペイン語、ロシア語、フランス語と聴く予定です。
でも、イタリア語も気合いを更に入れなおして、
悔いを残さないように、やれるだけの事はやりたいと思います。
受験される皆さま、あと二週間頑張りましょう!

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:49  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.09.18 (Sat)

フランス語再開

まいにちフランス語 2010年9月号

8月になってから中断していたフランス語ですが、
9月24日(金)から再開することにしました。
本当は、27日(月)の新規開講からのつもりでしたが、
9月号のテキストを書店で見てビックリ。
応用編「フランス文学 24人のヒーロー&ヒロイン」の最終回は、
『マノン・レスコー』なんですね~。
(10月号発売日直前に初めて知りました(^^ゞ)

ここでも何度か書いていますが、雑誌「ふらんす」で、
4月からの半年間、対訳付きフランス語で読んでいた作品。
なんだか不思議な偶然というか、縁を感じてしまいます。

ふらんす2010年9月号

「ふらんす」8月号・9月号は、ノートに原文を書き写しての精読作業がまだなので、
物語の結末は知らないんですが(^^ゞ、せっかくの機会なので、
応用編の最終回聴いてみようと思います。
とは言え、もともとテキストなしで聴くには難しすぎて、
4月に1,2度聴いたきり早々に挫折した講座なので、
たぶんフランス語は全く聞き取れないでしょうけど。。
日本語の解説だけでも聴いてみたい。ちょっと楽しみです♪

随分中途半端なタイミングですが(^^ゞ、
マノン・レスコーを一つのキッカケにして、
またフランス語、再開です。
イタリア語検定が終わるまでは、1日15分限定ですけどね(^^ゞ

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  16:45  |  フランス語  |  CM(0)  |  Top↑

2010.09.17 (Fri)

ラテンビート映画祭

Flamenco Flamenco

今日は朝から、ラテンビート映画祭に行ってきました。
観たのは、予定通り 『フラメンコ×フラメンコ』。
もう「大満足!!」の一言です。
一曲目からハートを鷲掴みにされました(^^ゞ
いまだ興奮冷めやらぬ状態です。
一流アーティストのバイレもさることながら、カンテもギターも最高でした。

イタリア語検定直前のこんな時期でさえなければ、
もう一度観に行きたいくらいです。
(いや、もう一回行くかも?(^^ゞ)
東京会場での映画祭期間中、以下の日程であと2回上映があります。
9月20日(月・祝)18:30~
9月23日(木・祝)13:15~
ご興味のある方、是非ともお見逃しなく!

映画祭でもう一度は観られなくても、
きっと日本での一般劇場公開はあるでしょう。
映画館でもう一度観た上で、DVDも絶対に欲しいです。
これでもかって言うほど一流アーティストが勢揃い。
何度でも観たくなる、聴きたくなる演目のオンパレードでした。

絵画と融合したフラメンコ。
やっぱりカルロス・サウラ監督の撮るフラメンコは素敵です♪

テーマ : 映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  14:21  |  スペイン語  |  CM(0)  |  Top↑

2010.09.11 (Sat)

『Ti prendo e ti porto via』 読了

Ti prendo e ti porto via

今年のイタリア語読書7冊目 『Ti prendo e ti porto via』 を読み終えました。
452ページと今まで読んだ中では一番の長編だったので、
2冊読んだくらいの達成感です(^^ゞ。
ほぼ毎日通勤電車内で読んでいましたが、約2ヵ月半かかりました。

以前にも書きましたが、物語前半は、中学生の男の子と
独身生活を謳歌する中年男性の二人の話が別々に展開します。
途中、その二人の周囲にいる人たちの話も妙に説明が詳しくて、
登場人物ばかりが増えて行くわりには、
まったく話の展開が読めないというイライラ状態が続きました(^^ゞ。
半分以上過ぎてから、ようやくバラバラに思えていた人たちが
意外な接点で繋がっていることが判明したりして、
まさに群像劇の映画を観ているようで、おもしろかったです。
中学生のPietroと中年Grazianoが出会うのは、350ページ過ぎ。
ここを読んだ時には、「Finalmente!」って気分でした(笑)

冒険、恋愛、ミステリーと色んな要素がつまった小説です。
最後の100ページほどは、引き込まれて一気に読みました。
個人的には、もうちょっと違う結末が好みなんですけど(^^ゞ、
でも楽しめました。前半で諦めなくて良かったです。

仕事の方は、例の添削作業が最後の追い込みです。
その合間にちょっとだけ確保できる隙間時間を
どうも検定の勉強に充てる気になれず、
ここ最近は、この本ばかり読んでました。
ある意味、現実逃避でしょうか?!(^^ゞ

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  13:19  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.09.09 (Thu)

ハンカチ

今朝 「まいにちスペイン語」 の冒頭フリートーク中、
フアン・カルロスさんから出た一言。
“El mundo es un pañuelo.”
直訳すると「世界はハンカチだ」なんですが、
これで「世間は狭い」という慣用表現なんだそうです。
おもしろいですよね。
忘れないうちに、ここに書き残しておきます。

イタリア語でもひょっとして似た様な表現があるかな・・と思って、
イタリア語のハンカチ「fazzoletto」を辞書で調べてみました。
世間は狭い、という慣用表現は見当たりませんでしたが、
fazzoletto di terra 「猫の額ほどの土地」というのがありました。

つまりスペイン語でも、イタリア語でも
ハンカチは狭さの象徴ってことですね。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  08:33  |  スペイン語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.09.08 (Wed)

オペラ映画フェスティバル2010

昨日駅で偶然見かけたポスターがキッカケで、
自宅に戻ってから色々と検索しているうちに
「オペラ映画フェスティバル」の情報を見つけました。
(公式サイト→こちら

映画でオペラなんて邪道だと感じる方もいらっしゃるでしょうが、
(私もミュージカルは、映画だと観る気がしません(^^ゞ)
オペラは生の舞台となると、チケットが高額で気軽には行けないので、
そういう意味ではオペラ映画もアリかな・・って気がします。

プラシド・ドミンゴの出演作ばかり7作品。
「トスカ」もあるので、是非観てみたいです♪
「カルメン」は、アントニオ・ガデスが振り付け担当とあります。
オペラなのに、フラメンコシーンもあるんですね(^^ゞ
どんなだろう~。興味あります。
チケット発売は、今週金曜日から。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:25  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑

2010.09.07 (Tue)

トスカ

まいにちイタリア語 2010年9月号

先週から「まいにちイタリア語」では、
オペラ 『トスカ』 を題材にした番組が放送されています。
過去のイタリア語応用編で聴いた 『愛の妙薬』 や、
フランス語講座応用編の 『カルメン』 のような番組を想像していましたが、
実際に聴いてみたら、あまりにも違うのでビックリでした(^^ゞ

アリアを聴くとか、言語的なアプローチがメインというよりは、
作品としての 『トスカ』 やオペラ全般への入門編という感じです。
番組の大半は日本語なので(^^ゞ、イタリア語学習者でなくても、
オペラの基礎を知りたい方には、オススメですよ。
毎回少しずつ、日本語で各場面が紹介されるのですが、
ちゃんと声優さんが担当しているラジオドラマ仕立てなんです(^^ゞ
オペラ業界で働く人へのインタビューもあったりして、
なかなか興味深いです。
初めは予想とあまりに違うので戸惑いましたが(^^ゞ、
結構楽しめる内容なので、朝の放送を欠かさず聴いています。

先週放送は、ストリーミングで聴くことができます。
(『トスカ』 は月曜~水曜のみ)
ご興味のある方は、是非チェックしてみてください。→こちら

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:17  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.09.02 (Thu)

渋谷の大型書店

一ヶ月くらい前から、渋谷駅のポスターを見て気になっていたんですが、
今日9月2日、渋谷に大型書店がオープンしました。
その名も、「丸善&ジュンク堂書店」です。
凄いですよね、このタッグ(^^ゞ

何を隠そう、私が書店で一番気に入っているのがジュンク堂なんです。
新宿店にしか行ったことはありませんが、
とにかく他の書店とは語学書の品揃えが違うんですよね。
他の書店で見たことが無いような参考書や問題集が、ここだと並んでいたりします。
でも新宿は電車を乗り換えることはあっても、
駅構内から出ることは少ないので、お気に入りとは言え、
そうそう頻繁にジュンク堂新宿店に足を運ぶことはありません(^^ゞ。

新聞記事(→こちら)にもありますけど、渋谷で満足の行く品揃えの本屋って
これまでなかったので (私の場合は語学書&洋書限定ですが(^^ゞ)、
この丸善&ジュンク堂書店、かなり楽しみです。
来週、行ってみるつもりです♪

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  21:47  |  語学全般&英語  |  CM(8)  |  Top↑

2010.09.02 (Thu)

¡Por fin !

まいにちスペイン語 2010年9月号

いよいよ今日からフラメンコレッスン復帰♪
ようやく、やっと、です。
(今日のまいにちスペイン語で、ちょうど「¡Por fin !」が台詞にありました)

今月は、以前にここでも書いた英文添削があるし、
検定試験の準備もしたい時期なので、
月8回(計24時間)もレッスンに行くのは難しいかな・・と
ちょっと前までは思っていたのですが、
やっぱり頑張って全部行こうと思います。

忙しい状況に備えて安全策を取ったりすると、
結局は油断して時間を無駄にしてしまったりするので(^^ゞ、
フラメンコレッスンは犠牲にしないことに決めました。
時間を無駄にしないように工夫して、やるべき仕事はもちろんですが、
検定の勉強もなんとか時間を捻出して頑張るつもりです。

「まいにちスペイン語」は、4月の開始から1レッスンも欠かさず続いています。
かなりお気に入りだったので、もうすぐ終わってしまうのが残念ですが、
残り3週間、毎朝聴き続けたいと思います。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  08:42  |  スペイン語  |  CM(0)  |  Top↑

2010.09.01 (Wed)

il Signor Zaccheroni

今日から9月!
新学期スタートで、またいつもの生活リズムに戻ります。

皆さんも既にご存知のとおり、昨日、
サッカー日本代表の新監督にイタリア人のザッケローニ氏が就任しました。
正直言うと、ワールドカップの時だけの超典型的な「にわかファン」なので(^^ゞ、
代表チームの詳しいことは殆ど知らないのですが、
新監督がイタリア人に決まったというニュースを聞いて以来、
就任会見を楽しみにしていました。
でも、昨晩のニュースでも、今朝のニュースでも、
ザッケローニ新監督の声に日本語の音声がかぶせてあって、
オリジナルのイタリア語は殆ど聞こえなかったんです。
で、ふと思い出してYou Tubeで探してみたら、やっぱりありました。
オールイタリア語音声です♪(字幕つき)



代表チームには、森本選手や川島選手といった
イタリア語が堪能な選手もいるし、長友選手も、
きっと近いうちにイタリア語が話せる選手の一人になるでしょう。
直接コミュニケーションが取れる選手がいるって、
監督としても心強いでしょうね。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:32  |  イタリア語  |  CM(8)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。