2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.08.31 (Tue)

感じ方の違い

時々偶然観てしまう、県民性の違いをテーマにしたバラエティ番組があります。
何週間か前の放送で、大阪人が飲みに誘われた時によく使う、
「行けたら行くわ」という返事について扱っていました。
大阪の人がこう言った場合、これは完全なる断りの台詞で、
その飲み会に行く気は全然なく、話の相手が同じ大阪人なら、
問題なくその意図が通じるらしいのですが、
東京の人が「行けたら行くわ」と言われた場合、
よほど都合が悪く無い限りは来る、という意味で理解するのだとか。

ホントにそんなものですか?(^^ゞ
私自身は、子供の頃に数年間大阪に住んではいたものの、
生まれは東京で、関東出身に分類される人間だと思いますが、
誰かを誘った時に「行けたら行くわ」と言われたら、
断られたニュアンスを強く感じますけど。。(^^ゞ

日本語でも、人によって受け止め方・感じ方が変わる可能性があるんですから、
外国語の場合だと、余計に問題は厄介ですよね。
実は、昨年の1級リスニング問題をやり直していて、このケースがあったんです。
リスニングセクション最後の正誤問題なんですが、
比較的長い会話のやり取りがこの台詞から始まります。

"Eh...che vergogna...Mia moglie mi ha guardato l'altro giorno
e mi ha detto che se continuo cosi mi presta i suoi reggiseni!"

(ああ・・・恥ずかしいったらないよ・・・妻がこの間僕をじっと見て、
あなたがもしこのままなら、私のブラジャーを貸してあげるわね、って言ったんだ)

で、正誤問題のうちの1問が、
La moglie gli ha consigliato di cambiare look.
(妻は彼にルックスを変えるようにアドバイスした)
なんですけど、皆さんはどう思われますか?(^^ゞ

私は、奥さんの強烈な嫌味発言(?)は
痩せて外見を改善するように忠告しているニュアンスだと思って、
「a」(内容的に正しい)を選んだんですけど、正解は「b」なんですよね。
リスニングにしても、リーディングにしても、正誤問題の場合、
時々「これって考え方次第じゃない?」って思うものがあって困ります。
せっかく正しく聞き取れていて、内容も理解しているのに、
出題者と考え方が違うせいで誤答になるっていうのは、あまりにも馬鹿らしいです。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:16  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.08.28 (Sat)

ようやく入手

実用イタリア語検定2010

今年度の問題集、ようやく入手しました。
これまで何年間も同じデザインの色違いが続いていましたが、
今年は表紙のデザインがちょっと可愛らしい感じになってます(^^ゞ
中を見てみると、印刷のフォントも若干違います。
このデザイン変更等が例年より1ヶ月も遅い発売の原因??
気になったので巻末の情報を見てみると、
どうやら問題集の製作や印刷業者がこれまでと変わったみたいです。
おまけに、イタリア語検定協会そのものも場所も、
これまでの高田馬場から渋谷区桜ヶ丘に変わっていました。
う~ん、この事務所移転、色々と勘ぐっちゃいますね~(^^ゞ
もしかしたら、検定に係わるイタリア人も変わるのでしょうか?

せっかく入手はしたものの、今週末は無理そうなので、
実際に取り掛かるのは、来週以降になりそうです。
残り約1ヶ月ですから、週明けからは、
いい加減本気で検定準備を開始しなくちゃ。。(^^ゞ

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:20  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.08.27 (Fri)

一区切り

Ti prendo e ti porto via

今日はこれから、サマーコース最後の授業。
ようやく一区切りです。
9時過ぎに帰宅したら、そこからは解放感いっぱいで酒盛りでしょう(笑)
週末は、夏に頑張った自分へのご褒美ということで(^^ゞ、
一泊二日で箱根の温泉に行く予定です。
仕事、家事、語学すべてから離れてのんびり過ごして、
リセット&充電して9月以降に備えたいです。

仕事の方は今日で一区切りだけど、
イタリア語読書の方は、一区切りからは程遠い状況。
250ページは超えましたが、まだそれでも約半分。
夏の読書」って思っていたけど、読み終わるのは秋になりそうです(^^ゞ

でも200ページを越えた辺りから、色々とバラバラだった話が
急に繋がってきて面白くなり始めました。
後半は少しテンポ良く読み進められるかな。。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:11  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑

2010.08.22 (Sun)

フラメンコ×フラメンコ

FLAMENCO FLAMENCO

語学仲間のブログで、今年のラテンビート映画祭が話題になっていました。
毎年9月半ばくらいに開催されているこの映画祭、
仕事(今日も別記事で書いた添削)も何かと忙しかったり、
イタリア語検定の目前だったりで、まだ一度も行ったことはありません。
でも今年は、行ってみようかな~♪

公式サイト(→こちら)をチェックしていて、
一番気になったのが、『フラメンコ×フラメンコ』です♪
カルロス・サウラ監督による最新作。
出演が、ホセ・メルセ、サラ・バラス、
エバ・ラ・ジェルバブエナ、パコ・デ・ルシア…と錚々たる面々です。
フラメンコをやっている人なら、知らない人はいない超有名アーティストばかり。
これはひょっとすると、1995年の同監督の作品 『フラメンコ』 並に
超お宝映像満載の映画なのでは??と期待してしまいます。

日本は本国スペインに次いで、世界で2番目にフラメンコ人口が多い国らしいので、
この 『フラメンコ×フラメンコ』 も絶対に劇場公開はあると思うんですが、
まだ現時点では未定なのか、特に公開時期とかは併記されてませんね。

サマーコースが終わったら、9月からはまたフラメンコレッスンにも本格復帰です。
もうすぐだな~とワクワクしていたところに、
タイムリーにこの映画のことを知って、ますますフラメンコ熱に拍車がかかりそうです(^^ゞ

テーマ : 映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:11  |  スペイン語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.08.22 (Sun)

あと一週間

いよいよサマーコースも残すところ一週間。
猛暑の中の移動にも負けず、例年以上に働きました。
でも当初の予想に反して、疲れすぎることもなく順調に来たので、
案外こなせてしまうものなんだなぁ~って感じです。
とは言え、やっぱり大変な1ヵ月半だったことは事実。
あと一週間、カウントダウンしながら毎日過ごしてしまいそう(^^ゞ

昨年のこの時期にも全く同じことを書きましたが、
今年もまた授業外の仕事が増えてきました。
生徒達の英文(大学出願書類)添削です。
9月半ばまでは、この作業で忙しくなりそう。
英語を直すこと自体は、それほど難しいことはないんですが、
問題はその中身なんですよね。
当然のことですが、内容については生徒次第です。
少しでも、いい内容のエッセイが書けるように、
面接でアドバイスしたり、色々とケアも大変だったりします(^^ゞ

自分の勉強は、全然思うように捗りません。
そう言えば、もう検定まで6週間なのに、
未だに去年の過去問題集が発売されていません。
何度か書店に問い合わせたほどです。
例年なら7月末には発売されているのに、今年はどうしたんでしょう?
試験のわずか1ヶ月前に発売なんて、ちょっと酷くないですか?
って、自分の不勉強を出版元のせいにしているみたいですが(^^ゞ、
一つのキッカケにはなるはずなので、早く書店に並んで欲しいです。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  17:19  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑

2010.08.19 (Thu)

不完了体動詞 と 完了体動詞

まいにちロシア語 2010年8月号

まだ辛うじて続いている「まいにちロシア語」、
今日のレッスンに「不完了体動詞と完了体動詞」が出てきました。
初めて知る文法事項だな・・と思いながら聞いていましたが、
15分聴き終えてから、黒田先生の「アンコールまいにちロシア語」の
テキストを見てみたら、そこにもちゃんと載っていました(^^ゞ。
単語の綴りや動詞の活用を覚えていないっていうならまだしも、
文法事項を学んだ記憶自体がないなんて。
去年の8・9月ごろ、いかにいい加減に聞いてたかってことですよね。
我ながら飽きれてしまいました。。(^^ゞ

今日のスキットに出てきた「読む」という動詞を例にとると、
①「私は本を読んでいました」という場合と、
②「私は本を(全部、一冊)読んでしまいました
という場合で、ロシア語では使う動詞そのものが違います。
①の時が不完了動詞、②の時が完了体動詞で、2つ別々の単語です。

この二つの文の違いって、スペイン語、イタリア語、フランス語などでは
2種類の過去形で使い分けている違いに近いですよね?
でも点過去(西)、近過去(伊)、複合過去(仏)っていうのは、
まる一冊読むわけじゃなくても使うから、
やっぱり2種類の過去形と、同じという訳でもないのかな??
それにロシア語の不完了動詞、完了動詞は、当然過去形以外でも使いますよね。
他の時制だと、この不完了動詞と完了動詞の違いって、どうなるんでしょうね?

今の段階では疑問ばかりが残りますが、
これからちょっとずつ靄が晴れることを願うばかり。
いずれにしても、やっぱりロシア語はかなり厄介です。
(柳町先生は、こういうところがロシア語の面白さだと仰ってました(^^ゞ)

昨日はテキスト9月号の発売日でしたが、まだ買っていません。
イタリア語の勉強時間さえも、全然思うように確保できない状態が続いているのに、
ロシア語講座を聞いている場合か?って自問したりする今日この頃です(^^ゞ

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  18:02  |  ロシア語  |  CM(12)  |  Top↑

2010.08.18 (Wed)

1級記述対策コース終了

8月9日に提出を終えていた最終課題が、今日戻ってきました。
全10課題の添削評価も出揃ったし、コース終了証も送られてきたので、
私的にも、ようやく完結した感じです。

「Sono contento che la tua abilità di scritta sia migliorata.」
この最後の先生からのコメントにもあるように、
私自身も、この10週間でかなりライティング力が上がった気がしています。
ちなみに、10課題の評価内訳は、Bが2回、A/Bが1回、Aが7回でした。
先生の評価が甘いのかな・・って気がしなくもないですが(^^ゞ、
自分の手ごたえとしても、作文への苦手意識がなくなってきたのは確かです。
昔のブログ記事を読んでいると、「作文は苦手」と何度も出てくるので(笑)
その頃の自分と比べて成長したと実感できるのが嬉しいです♪

以前にも書いたように、実際には「スピード」という大きな課題はあります。
検定を意識すると 「まだまだダメだな」 と思ってしまうけど、
でも、たとえ辞書を使ってでも、ある程度時間をかければ
「それなりのレベルのイタリア語」が書けるようになったというのは、
冷静に考えてみると、実は結構凄いことですよね?(って自画自賛? (^^ゞ)

せっかく身に付いてきた書く習慣を途切れさせたくなくて、
実は既に先週から、更に次の添削コースを開始しています。
今年初めの計画通り(→こちら)、このまま作文は手を抜かずに頑張ります!

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:51  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑

2010.08.14 (Sat)

全レッスン終了

くらしで使えるポルトガル語

4月から毎週土曜日に聴いていた 「くらしで使えるポルトガル語」。
今日がその最終回でした。
一回15分で、全20レッスンですからあっと言う間でしたが、
総時間数が短いわりには、かなりたくさん学んだ気がします。

ポルトガル語について書いた前回の記事で、
他のロマンス諸語との違いについて何点か書きましたが、
それを除けば、やはり語彙・文法のどちらをとっても
スペイン語にとっても似てる印象でした。

言語習得するのに必要なのは、大雑把に言ってしまえば、
1)文法などの「仕組み」を理解すること
2)動詞の活用・語彙の暗記
の2点に集約できる思います。
ポルトガル語に関しては、1つ目の「仕組み」の方は
スペイン語やイタリア語の知識がそのまま流用できるので、
私があとやるべきことは、活用と単語の暗記に尽きるわけですね(^^ゞ

そう考えると、これまで学んできた外国語の中では、
最短コースで、ある程度までは行けそうな気はしますが、
問題は自分の中でのモティベーションです(笑)
映画で楽しむ機会も少なそうだし、旅行となると、
イタリア、スペイン、フランス以上に、
ポルトガル語圏には縁がなさそうな気がします。
ロシア語のように、私にとっては実用性がなくても、
脳トレ感覚で、難解な言語と格闘することに
意義を見出せる場合もあるんですが(笑)、
ポルトガル語は、そういう要素もありません。

今回の講座で基本項目については分かったので、
ひとまず、今日をもってポルトガル語学習は終了します。
このテキストは、なかなか良かったので捨てずに取っておいて、
またいつか気が向いたら開いてみるつもりです。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:39  |  ポルトガル語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.08.13 (Fri)

テレビでイタリア語

テレビでイタリア語

久しぶりに「テレビでイタリア語」を観ました。
知人のブログで、サッカー川島選手のインタビューがイタリア語講座で
放送されたことを知り、再放送を予約録画していました。

本放送があったのが8月3日の夜なので、
その時にご覧になった方には、もう随分前の話だとは思いますが。。(^^ゞ
でもちょうどお盆休みの時期にあたるせいか、今週も同じものが再放送されています。
川島選手のイタリア語、とても上手で感心しました。
イタリアチームに所属して何年か住んでいたという訳ではなく、
2001年、まだ試合の出場機会も殆どなかった時期に1ヶ月ほど参加した
パルマでのサッカー研修をキッカケに、
日本に帰ってきてから学校に通うなどして勉強したそうです。
放送されたインタビューは、殆ど打ち合わせもなく、
ぶっつけ本番的な感じだったらしいですけど、
それであれだけ喋れるっていうのは、本当に素晴らしいです。

8月16日(月)の朝6:00から最後の再放送がありますので、
ご興味のある方は、お見逃しなく!

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:25  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.08.06 (Fri)

問題はスピード

毎日暑いですね~(^^ゞ 
今日は珍しく仕事が午後~夜なので、まだ自宅でのんびりしています。

6月から始めた「1級記述問題対策」の通信講座も、
あと1課題を残すのみとなりました。
担当の先生から返却されるまでの日数とは無関係に、
必ず週1回ペースで出すことを当初から自分に課していたので、
有効期間は6ヶ月ですが、ぴったり10週間で終了です。

昨日第8回目の課題が返って来ました。
「A」評定はこれまでにも何度か貰っているんですが、
今回は、今までにないほど褒め言葉だらけコメントが添えられていました。
ただの自慢になってしまいますが(^^ゞ、先生のコメントを丸ごとご紹介。

Ottima composizione sia per il contenuto che per l'espressione.
Vocaboli appropriatamente usati, verbi correttamente coniugati,
una composizione da superamento d'esame.

作文の内容、表現、語彙など全般的に高評価。 
素直に嬉しいです♪
地道に毎週書き続けている効果は、それなりに出てきているのかもしれません。
ただ問題はスピードなんですよね。
毎回の課題作文は、数時間かけて書いていることもあるんです(^^ゞ
それに、辞書でスペリングを確認したりもしてますし。。
試験本番の約20~30分の時間内に、
添削課題と同じくらいのイタリア語が書ければいいんですけどね~。
スピードをつけるには、結局たくさん書いて練習するしかないんでしょうね。
あと1課題、頑張ります。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:47  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑

2010.08.03 (Tue)

イタリア好き Vol.2

イタリア好き Vol.2

創刊号が出た時にこちらでも書いたことのある(→こちら
「イタリア好き」ですが、第二号が出ました。
今日、仕事の合間の長いランチタイムの時に、
某イタリアレストランで入手してきました。

創刊号は、ここで紹介しておきながら、
結局タイミングを逸してしまい入手できなかったので(^^ゞ、
今回初めて実物を手にしました。
イタリアの特に「食」がらみの記事が多くて
フリーマガジンとは思えない満足度です。
いくつかレシピも載っていました。
週末に早速作ってみたいです♪

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:40  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |