2010年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.01.31 (Sun)

Clémentine

先週は、普段の仕事と並行して臨時業務があったせいで、
いつになく忙しい一週間でした。
また2月半ばにもう一週間ありますが、ひとまず半分は終了です。

ハードな一週間を終えた自分へのご褒美ということで(笑)、
昨日、また近所のお気に入りフレンチに行ってきました。
本当は、来週末に結婚記念日&誕生日のお祝いで行くつもりでしたが、
タイミングの悪いことに、2月初めはお店が一週間の臨時休業なんですよね(^^ゞ
なので、予定を変更して一週間早く行って来ました。

見た目にも美しく、そして美味しい前菜を食べていたとき、
旦那さんが突然、「あれ?これ中島みゆきだね」と言うので、
何のことかと思ったら、お店で流れてるフランス語の歌のことでした。
私は料理の方に意識が集中しすぎていて、全くBGMには気付いていなかったのですが(^^ゞ、
そう言われて良く聴いてみると、確かに聞き覚えのあるメロディラインです。

Clé

もしかしたら、結構有名なのかもしれませんが、
私は昨日初めて知りました。
クレモンティーヌが、『悪女』をフランス語でカバーしています。
随分違う味わいですが、フランス語バージョンもなかなか良いですよ。→こちら
上の写真のアルバムに収録されているようです。
スポンサーサイト

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:45  |  フランス語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.01.25 (Mon)

Dolce italiano

Dolce italiano

今日、仕事の合間に書店に立ち寄ったときに偶然見つけて驚きました。
以前ラジオイタリア語講座に掲載されていた 『Dolce italiano』 が本になったようです。
最近出版されたばかりのようですが、
きっとNHKのテキストに広告などは出ているでしょうから、
既にご存知の方もいらっしゃることでしょう。

私にとっては本当に思い出深い、懐かしいコラムの数々です。
当時、テキスト巻末のこのコラムを、全てノートに書き写して精読していました。
始めた当時は、確かまだ条件法や接続法を知らなくて、
本文中に出てきたsiaとかabbiaなどの単語をせっせと辞書で引いたような記憶が。。(^^ゞ

テキスト掲載時と同じように、
イタリア語と日本語訳が見開きで対照できるようになっています。
(テキストでは、見開きイタリア語の次の2ページが見開き日本語だったかな?)
本文に出てくる語彙のいくつかは、下枠に説明も載っていました。
なんだかとっても、学習意欲をくすぐられる一冊です。

あとがきの中で著者のアレッサンドロさんも書かれていましたが、
日本語の方を見ながらイタリア語に訳してみる、
っていうのも効果的な学習のように思えます。
お値段も手ごろですし(^^ゞ、近々購入するかもしれません。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:54  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.01.22 (Fri)

音楽用語

これで納得! よくわかる音楽用語のはなし


昨年末まで「まいにちイタリア語・応用編」を担当されていた
ピアニスト関孝弘さんと奥様のマリアンジェラさんの共著です。
ラジオ講座「Salotto Musicale」を通して関先生のファンになったこともあって(^^ゞ、
図書館で『これで納得!よくわかる音楽用語のはなし』を借りてみました。

応用編の講座でも週1日は音楽用語が取り上げられていましたが、
この本では、そういった音楽用語がじつに60以上も取り上げられています。
中には「こんな音楽用語あるの?」ってものまでありました(^^ゞ
そして、その一つ一つに日常会話の中で使えそうな例文が添えられています。

音楽用語としては「速く」や「遅く」を表すのに使われている
「Allegro」や「Largo」は本当は速さの尺度を表す言葉ではない、
というラジオ講座でも言われていたような話も出てきます。
ただ正直言うと、イタリア語そのものに既に親しんでいる人にとっては、
この二つの言葉をスピード感と結びつけることのほうがむしろ不自然でしょう(^^ゞ。
やはり音楽を勉強している人向けに書かれている本という印象はあります。

でも、それぞれの音楽用語に添えられている例文が非常に良いんですよね。
「本来の意味」の解説と組み合わせると、すんなりニュアンスが頭に入ります。
例文はどれも日常会話からのもので、実際に使えそうなものばかり。
音楽用語を中心に構成はされていますが、
イタリア語学習者にも大変役に立つ本だと思いました。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  08:35  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.01.19 (Tue)

Cristiani di Allah

Cristiani di Allah

『Voci』を読み終えたので、早速昨日から次の作品を読み始めました。
本当は別の作品を次に読むつもりだったんですが、ネット注文したその本は、
入荷が予定より遅れていて、まだ当分手元に届きそうにないんです。
そこで、本棚に並んでいた『Cristiani di Allah』を読み始めました。
昨年3月にも書いたことがありますが、
私が講読クラスを半年間休学していた時のテキストです。
ギリギリまで通うかどうかを迷っていたこともあり、本だけは買ってあったんですが、
結局、冒頭部分を数ページ読んだっきり放ってありました。(^^ゞ

物語の舞台は、1541年のアルジェ(アルジェリアの首都)。
出だしから、Saheb el-Nadourとか、Hassan Aghaとか、Zecharyahとか、
イタリア語の小説とは思えないような名前のオンパレードです。
昨年春には、この冒頭部分で早々に読む気が失せてしまったのですが(^^ゞ、
今回は、状況描写が今ひとつピンと来なくても、
分からないなりに辛抱してしばらく読み進めてみました。

すると突然、20ページを過ぎた辺りで雰囲気が一変。
かなり濃厚な禁断の愛の世界へ・・・(^^ゞ
これをクラスで順番に音読しながら読んだんですねぇ。。
「北アフリカ」、「海賊」、「イスラム」、「同性愛」、
どの要素を取っても私の想像の範疇を超えています(^^ゞ
一体どんな話なのか全然分かりませんが、
予想がつかないだけに楽しめるかも??
歴史小説でもあるので、背景知識がないと大変だとは思いますが、
なんとか頑張って読んでみようと思います。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:01  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑

2010.01.18 (Mon)

『Voci』 読了

Voci

昨年12月から読み始めていた『Voci』、やっと読み終わりました(^^ゞ
とっても興味をひかれる書き出しだったので、
のめり込んであっと言う間に読み終わるかも?と当初は思ったんですが、
予想に反して大変でした。。。長かった。。(^^ゞ
全301ページなので、実際かなり長い作品ではありますが、
私にとっては、途中から全然話が展開していかないのが一番きつかったです。

以前、イタリア語検定の対策問題集で「Dacia Marainiの新作はもう読んだ?」っていう
一文を見たことがあって、それくらい有名な作家なら是非読んでみたいなって思ったことと、
作品名だけは、どこかで見かけて知っていた(たしか映画化もされているはず)こともあって、
ワクワクしながら読み始めたのですが、ミステリー作品としてだけ言えば、
かなり物足りない感じでした。

たぶん著者本人も、ミステリーとしての完成度より、
イタリアでの女性に対する犯罪の実態をいかに盛り込むかに
重点を置いて書いた作品なのではないかと思います。
あとタイトルにもなっている「Voci」(声)という主題を
いかに絡ませるか・・・ということにも相当な意識をして書かれた作品でした。

作品の中におもわせぶりに散りばめられていた謎の数々。。
読みながら、これが真相に関係する伏線か??と思っていたのに、
最後は、あまりにもあっけなくて、数々の謎はほったらかし状態(^^ゞ
ミステリー愛読者の私としては、フラストレーションの溜まる結末でした。
(辛口コメントばかりですみません(^^ゞ)

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  14:56  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.01.14 (Thu)

幸せはシャンソニア劇場から

幸せはシャンソニア劇場から

昨年9月~10月に銀座で上映されていた『幸せはシャンソニア劇場から』、
イタリア語検定(一次試験)が終わったら観に行くつもりでいたのに、
結局タイミングを逸してしまい、気がついたら終わっていました(^^ゞ。
先週偶然にも、その映画が都内の別のミニシアターで上映されることを知り、
今日早速、仕事の前に観に行って来ました。

とっても良かったです。
期待を裏切らない、私の好みの映画でした♪
過去に観たフランス映画は「微妙」なものが多く(^^ゞ、
心から良かったと思えるものは少なかったんですが、
今回は素直に楽しめました。
ご興味のある方は、是非どうぞ。

各地のミニシアターで今後も上映されるようです。
詳しくは、公式HPをご覧ください。→こちら

テーマ : 映画館で観た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:47  |  フランス語  |  CM(4)  |  Top↑

2010.01.13 (Wed)

装いも新たに

現代イタリア文法 《新装版》

昨日、職場近くの書店で語学書コーナーに立ち寄ると、
見たことのない表紙の参考書が平積みされていました。
「新しい文法書が出てる!」と喜んで手に取ってみると、
イタリア語学習者のバイブル(?)、坂本文法ではありませんか。
出版から30年目を祝して、新装版が出たのでしょうか?
以前のものと比べると、ちょっと洗練された感じですね。
ただ中身はまったく何も変わっていませんでした (^^ゞ

ここ最近、今後のイタリア語学習について思案中です。
小説を読んだり、イタリア語新聞のサイトで記事を読んだり、
作文を書いたり、ラジオ講座を聴いたり・・・と毎日必ず何かしらはしているのですが、
全然勉強している気にならないんですよね。。
自分のイタリア語力アップに繋がっている実感がないというか (^^ゞ。
もちろん入門レベルの頃と比べて、進歩を実感しにくくなるのは当然のことなんですが、
今のレベルに満足している訳ではないので、どうすればいいかを考えあぐねています。
今までと同じではなく、何か新しい負荷をかけないと実力アップは難しいのかもしれません。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:58  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.01.10 (Sun)

avatar

昨日、『アバター』を3Dで観ました。
公開前からずっと観たがっていた夫と違って、私は正直なところ
さほどストーリーに興味は無かったんですが(^^ゞ、
ただ3D映画がどんな感じかを体験したくて一緒に行って来ました。

3D映像はテーマパークのアトラクションなどで一応知っていましたが、
映画全編では今回が初めてだったので、驚きの連続でした。
最後の戦闘シーンは、ちょっと長すぎて飽きましたが(^^ゞ、
作品トータルでは面白かったです。 予想以上に楽しめました。
普通バージョン(2D)でも公開中ですが、やっぱり3Dがオススメです♪

今年に入って早くも2度目の映画鑑賞でした。
2010年は、例年になく映画館に行く機会が増えそうな気がしています。

テーマ : 映画館で観た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  09:03  |  語学全般&英語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.01.09 (Sat)

知られざるベネチア

ベネチア1
ベネチア2

今日から三連休の方も多いことでしょう。
私は毎度の事ながら、カレンダーと関係なく月曜日は授業なので、
今回もいつもどおりの週末です。

元旦に、イタリア語に集中して頑張る一年にするぞ!と宣言はしたものの、
実はまだ本格的には何も始動していない感じですが(^^ゞ、
昨日は辛うじて、通信作文コースの課題を一つだけ終わらせました。
当初の予定通り、2月中には終了できるペースでの提出を心がけるつもりです。

ところで、昨年6月のサンマリノの特集の時にも
ここで一度書いたことのあるNHKの『世界遺産への招待状』ですが、
来週月曜日(1月11日 午後10時)は、ベネチアが取り上げられるそうです。

水の都のイメージが強いベネチアですが、
今回の特集では、陸のベネチア、山のベネチアを紹介する企画とか。
タイトルも「知られざるベネチア」です。
今までとは一味違うベネチア特集番組のようなので、楽しみです。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  17:09  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑

2010.01.07 (Thu)

ずっとあなたを愛してる

ずっとあなたを愛してる

昨日、仕事の前に銀座で映画 『ずっとあなたを愛してる』 を観ました。
(原題:Il y a longtemps que je t'aime  公式サイト→こちら
数々の映画賞に輝いただけあって、見ごたえのある作品でした。
主演女優の演技が特に光っていたと思います。
扱っているテーマは結構重いですが、最後は明るい気持ちになれました。

映画を観ながら台詞が聞き取れたり、その台詞と翻訳字幕の違いに気付くことが出来ると、
「ちょっとずつでもフランス語をやってて良かった」と素直に嬉しくなります。
今年に入ってからのフランス語は、ラジオ講座の放送日程を勘違いしていて
アンコール講座を入門編・応用編ともに聞き逃していたり・・と、
出だしからアクシデント続きですが(^^ゞ、気を取り直して頑張ります。

テーマ : 映画館で観た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  09:01  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.01.05 (Tue)

千のイタリア

千のイタリア

年末にブログの語学仲間から教えて頂いたラジオ講座 『千のイタリア』 が、
今日から全12回シリーズで始まります。
(放送日:火曜日午後8:30~9:00・再放送:水曜日午前10:15~10:45)
昨日、テキストも購入しました。
イタリアをもっと知るためにも毎週聞いてみようと思います。
語学講座ではありませんが、ご興味のある方はチェックしてみてください→こちら

ところで、昨日は今年のラジオ語学講座初日でした。
「アンコール・フランス語講座」のテキストを開いて聴いていると、
どうも流れてくる内容がページと違っています。
慌てて各課の放送日をチェックして、大ショック。。
12月28日~31日にも放送があったんですね。
その前の二週間が同じ内容をやっていたので、
その時点で年内の放送が終わったものと思い込んでいました。
テキストパートⅡの最初のスキットだけ年末に放送していたなんて。。
新年早々、出端をくじかれた感じです(^^ゞ

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  08:08  |  イタリア語  |  CM(8)  |  Top↑

2010.01.04 (Mon)

アウトプット

まだお正月気分も抜けきらないですが、私の職場は必ず月曜日スタートなので、
今年は例年になく早く、今日から仕事開始です。
また新たな気持ちで頑張らなくては!

今年のイタリア語、とくに力を入れて取り組もうと思っているのは作文です。
作文の通信講座を受講し始めたのは、昨年の検定1次試験が終わった直後でした。
どうせなら1次試験の作文セクションに活かせるように、
もっと早く始めればよかったのに・・と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね(^^ゞ
ただ私の受講目的には、2次の口述試験に向けての準備という意識もあったんです。

2次試験に向けてプライベートレッスンも受けるつもりでしたが、
そのレッスンだけでは、短期間で期待するような成果が出るか不安でした。
レッスン以外の場所でも、アウトプットの練習は必須だろうと思いましたが、
だからと言って、家でイタリア語を一人で喋るなんて出来そうにありません(^^ゞ
それでようやく重い腰を上げて、通信作文講座の受講に至ったわけです。

スピーキングと作文は、どちらもアウトプットの作業ですし、
頭の中で文を組み立てるという共通点があります。
レッスンでただ喋るだけなのと違って、作文の場合は「書く」ことを通して
文型パターンなども記憶に残るはず、という確信もありました。
実際、プライベートレッスンと通信作文講座を並行したことで、
相乗効果はかなりあったと思います。
2次試験が終わってからは、会話の練習は全くしていませんが、
せっかくほんの少し、頭をイタリア語モードにするキッカケも掴めたので、
無理なく続けられる通信講座を大いに利用して、作文でアウトプットの練習を続けるつもりです。

これまで読書などを通して、語彙を増やす努力はしてきましたし、
文法もほぼ全般的に理解はしているつもりです。
でも、文法や語彙が頭の中にあったとしても、
会話や作文は、それ自体を練習しないとダメだと痛感しました。
どんなにたくさん読んでも、どんなにたくさん聴いても、
自分が期待するほど、喋れるようにも書けるようにもならないですね。
なので、今年はインプット偏重にならないように、意識的に作文を頑張ります。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:50  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2010.01.01 (Fri)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
「一年の計は元旦にあり」ということで、2010年の学習計画を簡単に書いてみます。

今年の語学学習は、昨年以上にイタリア語中心にすることに決めました。
具体的に何をどうする、というのは臨機応変に考えていくつもりですが、
今年は「自分なりにしっかり準備した」と思える状態で
イタリア語検定1級に挑戦したいと思います。

イタリア語に集中することに決めたので、フランス語&その他は、
あまり欲を出さずに楽しく継続することだけを心がけるつもりです。

語学学習仲間のみなさま、今年もよろしくお願いします♪

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  20:07  |  語学全般&英語  |  CM(4)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。