2009年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2009.12.28 (Mon)

2009年の語学学習

今年も残りわずかになりました。
一年ほんとにあっと言う間ですね(^^ゞ
年初に掲げた2009年の目標(→こちら)は殆ど達成できたので、
今年一年間の成果には自分なりにとても満足しています♪

まずイタリア語。
今年読んだ本は、以下の6冊です。
1.Va' dove ti porta il cuore
2.Il giorno in più
3.Mi fido di te
4.Un posto nel mondo
5.Due di due
6.Rossovermiglio

一冊あたりのページ数がバラバラなので、冊数だけを判断の基準には出来ませんが、
それでも、去年までと比べると段違いに多くのイタリア語を読んだと思います。
まぁこれは勉強というより、ほとんど趣味の読書に近い感覚なんですけどね(^^ゞ。
今読みかけの『Voci』から始めて、来年も色々なイタリア小説を楽しみたいと思います。

イタリア語検定2級については、年初にはやる気に溢れていたくせに、
春先以降の私は、2次試験の再挑戦にとっても後ろ向きでした。
「イタリア語で仕事をしたいわけじゃないし」とか
「旅行に必要な会話力があれば充分なんだし」とか、
「語学はもっと楽しまなくては」などと言って、
挑戦しない自分を正当化してました(^^ゞ
もちろんあの時には、本当にそう思って書いていましたが、
今になって読み返してみると、やっぱり言い訳っぽい気がしてしまいます(笑)

申し込みが始まって以降、受験を迷っていた時期に自分に問いかけてみたんです。
「たとえどんなに大変だとしても、その先にもしも100%合格が保証されていたら、
私は、イタリア語検定2級を取得したいのか?
そして2次試験までのプロセスを嫌がることなく努力できるのか?」
もちろん答えはイエスでした(^^ゞ。 で、自分で痛感したわけです。
私は、試験に向けて頑張るのが嫌なわけでも何でもなくて、
ただ単に、二度目でもまた失敗っていう結果になるのが怖いだけなんだと。

失敗を恐れる気持ちって、ホントに厄介です。
この心理のせいで自分の可能性を狭めていることも、
結構あるのかもしれません。
なんだか大袈裟な話になってきてしまいましたが(^^ゞ、
でも本音として、2次再挑戦を通して
そういう自分の心理を見つめなおせたのは本当に良かったです。
合格したこと自体ではなく、もっと大きな意味で、
趣味の語学に対する考え方で、一歩前進できた気がしています。

結局今年も、圧倒的にイタリア語中心ではありましたが、、
仏検を受験したり、未知なるロシア語を始めてみたり・・と新しい挑戦は出来ました。
時間の確保や、エネルギーの配分はなかなか難しいものがあって、
複数言語学習に関する悩みは尽きませんが(^^ゞ、
今後も継続して、少しずつでも前進していければと思っています。


今年の投稿は、これで最後にするつもりです。
一年間たくさんの方に読みに来ていただき、本当にありがとうございました。
皆さま、よいお年をお迎えください。
また来年もよろしくお願い致します♪

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:25  |  語学全般&英語  |  CM(12)  |  Top↑

2009.12.26 (Sat)

日本語を話せる外国人

昨日は、仕事納めでした。
23日、24日、25日と夕方から夜にかけて全て授業だったので、
クリスマス気分とは程遠く、いつもどおりの勤務日でした(^^ゞ

その代わりと言ってはなんですが、一年間の労をねぎらう意味も兼ねて、
明日は旦那さんと近所にあるお気に入りのフレンチレストランに行く予定です。
そのお店にはフランス人がいるんですが、普通に日本語を話せる人なので、
なかなか、一言だけでもいいからフランス語で話しかけてみようかな
という気にはならないんですよね(^^ゞ

以前にスペイン料理を食べに行ったとき、隣のテーブルに座っていた男性が
スペイン人の店主とスペイン語で会話してました。
こういう人を見ると、その性格というか姿勢がうらやましくなることがあります。
私はどうもダメなんですよね。。
相手が日本語を話してくると、敢えて外国語で話しかけようと思わなくなってしまうんです。
まぁもちろん、無理して外国語を試す必要もないんですけど、
私がもう少し積極的で、臆することなく話しかけてみる勇気があれば、
今以上に語学学習も楽しくなるんだろうなぁ・・と思ったりします(^^ゞ

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:27  |  語学全般&英語  |  CM(6)  |  Top↑

2009.12.22 (Tue)

ラジオ講座&検定

アンコールイタリア語講座

年内のラジオ講座は、殆どが実質先週で終了してしまって、
今週はその再放送なので、あんまり聴く気がしませんね(^^ゞ
年末の大掃除も兼ねて、先週末から本棚の整理に着手しました。
定期的にラジオ講座のテキストは処分しているので、
イタリア語講座は、5年以上色々聴いている割には
月々のテキストは一冊も残っていません(^^ゞ
ラジオテキストは基本的に保存しない主義なんですが、
応用編『ルネッサンス絵画』は一番のお気に入り講座なので、
このアンコール講座だけは、残しておくことに決めました。

一方、長らく本棚に並んでいた『イタリア語検定4・5級突破』は、
この機会に処分しようかと思っています。
中をパラパラ見てみると、過去分詞の不規則活用に悪戦苦闘した形跡があったりして、
なかなか感慨深いものがあります(^^ゞ
ラジオ講座を聴き始めて1年3ヶ月くらいが経ったときに、
何か一つイタリア語を勉強したことを形にしてみようかと思って、
イタリア語検定を思い立ったんですよね。

イタリア語検定のことを知ったキッカケは、
テキスト巻末にあるリスナーからのお便りコーナーでした。
「ラジオ講座のお陰で5級のリスニング問題もバッチリできました」
っていうような内容だったと記憶しています。
それで私も5級を受けてみようと思って、
本屋でこの対策本とポケット辞書を買いました。
当初は、一度受験して何らかの形が手に入ったら、
それでイタリア語は終わりにするつもりだったんです。
まさかここまで深入りしてしまうとは。。。(笑)

こうして振り返って考えてみると、
私のイタリア語は、ラジオ講座と検定に育てられたなぁ・・と実感します。
本来、検定は 「日頃の勉強の成果・実力を試す」ものなんだと思いますが、
私の場合は、自分の実力をそこまで引き上げるための手段&動機付けでした。
ある級を取る事に強いこだわりがある訳ではないのですが、
その級を目指すことで、結果的に自分の語学力がアップしてきたのは事実なので、
今後もうまく活用しながら、ラジオ講座と併せて取り組んでいきたいと思っています。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:02  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.12.19 (Sat)

イタリア語検定2級合格

今日、2次試験の結果が来ました。
イタリア語検定2級、合格しました!
昨年の2次不合格から紆余曲折ありましたが(^^ゞ、
無事に合格証書を手にして嬉しい限りです。
応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

40点満点中、私の得点は34点でした。(合格基準は24点)
平均点の31.9点を上回って合格できたので、
ようやくちょっぴり自分のイタリア語に自信が持てそうです。

イタリアへの留学経験のないことを、大きなハンデと感じていた時期もありますが、
今回の2次試験再挑戦を通して、その意識もだいぶ薄らぎました。
この合格を一つのステップとして、今後も日本で地道に、
楽しくイタリア語を続けて行きたいと思います。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:30  |  イタリア語  |  CM(22)  |  Top↑

2009.12.18 (Fri)

Salotto Musicale

とうとう終わってしまいました~。
ラジオ応用編 『Salotto Musicale~イタリア音楽への招待~』。
この3ヶ月間、毎週木・金の朝は欠かさず聴いていたので、
来週から楽しみがなくなってしまう感じで寂しいです。

この講座、始まる以前にテキストで予告を見た時には全く惹かれなかったのですが、
一回目の放送を聴いて一瞬にして気に入ってしまいました(^^ゞ
イタリア人の作曲家について、この講座を通じて多くの事を学びました。
全く名前を聞いたことがない作曲家でも、流れてくる曲はよく知っているものが多くて、
イタリアクラシック音楽の偉大さ再認識し続ける3ヶ月でした。

最終回は、公開収録だったんですね。
事前に知っていれば応募して、関先生のピアノ演奏を生で聴いてみたかったです。
(まぁもちろん、かなりの倍率だったでしょうけど)
ところで、今日の放送で始めて知りましたが、
関先生とマリアンジェラさんはご夫婦だったんですね。(ご存知でした?(^^ゞ)
また近い将来、第二弾、もしくはせめて再放送をして欲しいです♪

今日は来月号テキストの発売日ですね。
新しい応用編のチェックをしに行かなくちゃ!

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:22  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑

2009.12.15 (Tue)

書き写し学習

ここ最近、語学仲間と会う機会が続いたせいもあって、
あらためて自分の語学学習を振り返って、色々と考えました。
それに関しては、考えがまとまったら追々書いていくつもりです。

ところで、前回も書きましたが、私の当面のフランス語課題は、
「正確な綴りを書けるようにすること」、これに尽きます。
(この点については、春から何も変わってないわけですね(^^ゞ)
と言うわけで、対策の一貫として、またテキストの書き写しを始めました。

イタリア語の独学期間に積極的に取り入れ始めた書き写し学習ですが、
単語や熟語が記憶に残りやすくなったり、構文上の細かな点にまで目が行ったり・・と
それなりに効果があったと思っているので、
フランス語でも、この書き写しを意識的に取り入れています。
これまでNHKテキスト入門編の殆どでこの作業をやりました。
(このブログでも過去に何度か書いています(^^ゞ)

しばらく続けていると、フランス語の綴りにも段々と慣れてくるので、
本当なら、ずっと習慣化していれば良かったんでしょうが、
イタリア語の方に重点を戻しているうちに、また元に戻ってしまいました(^^ゞ
まぁ、一度覚えたものを永遠に記憶に留めるなんて無理な話なので、
忘れたら、また覚えなおすしかないんですけどね。

アンコールフランス語講座

今回のアンコール講座「ソフィーとジル」では、まだ書き写しをやっていなかったので、
一昨日くらいから、隙間時間を利用して早速始めています。
今週の放送でこのパートⅠテキストが終了ですが、
タイミングを合わせて書き写しも終了予定。
年明けからは、放送とペースを合わせて書き写しをやろうかと思います。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:36  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.12.13 (Sun)

記憶力

仏検対策2級問題集

またちょっと真面目にフランス語に取り組んでみようかな、
という気になってきたので、問題集を引っ張り出してきたのですが、
以前に利用した「完全予想仏検3級」は、中にさんざん書き込みをしてしまったので、
まったく使う気になれず(^^ゞ、結局、新たに購入してしまいました。

実際の仏検形式に沿って、問題集も項目別になっています。
まだ初めの3つ(前置詞選択穴埋め、日本語対応文完成穴埋め、動詞選択同義文完成問題)
しかやっていませんが、やりながら自分に苛立つことしきりでした。

答えるべき単語や時制は分かるのに、正確な綴りが書けないんです。
6月の時点では、しっかり覚えていたはずの接続法の活用もすっかり忘れてました。
あ~、自分の記憶力(保持力)のなさが悲しい。
ラジオで聞いたりしてると、雰囲気で分かっている気になっちゃうんですが、
ほんと書くとダメですねぇ、、フランス語は。(^^ゞ

また一から活用も基本単語も、綴り字を覚えなおしです。
短期間で詰め込むと忘れるのも早いような気がするので、
今回は、しっかり記憶にとどまるように、じっくり取り組むつもりです(^^ゞ

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  16:11  |  フランス語  |  CM(8)  |  Top↑

2009.12.10 (Thu)

damerino

Rossovermiglio

2次試験が終わった後も、イタリア語の新聞サイトで気になる記事を読んだり、
読み始めたばかりの小説『Voci』を読んだり・・・と
それなりに日々イタリア語には触れているのですが、
講読クラス用の『Rossovermiglio』は、すっかり疎かになってました。(^^ゞ

一度読み終わって以降、どうも読む意欲が減退しちゃいます。
でも辞書なしで、ざっと読んだに過ぎないので、
再度「精読」し直さないと、授業で細かいことを質問されたら答えられない可能性大。
と言うわけで、先ほどから慌てて辞書を引き引き読み直しています。

今日辞書で調べた単語の一つは、「damerino」。
発音すると、「ダメリーノ」です。
「オシャレな男、ダンディ」って意味だと分かったんですが、
どうもこの発音を聞くと、「ダメ男」みたいに感じられて仕方がありません。。
こんな駄洒落みたいな発想をしてしまうのは、私だけでしょうか?(^^ゞ

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:45  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.12.08 (Tue)

スペイン語三昧

イタリア語の口述試験も終わったので、ついにスペイン語 解禁です(笑)
今日は、8月に友人から借りたスペイン語のDVDを二本観ました。
ちょうど貸してもらった頃からイタリア語への意欲が復活していたことと、
次に会って返すのは当分先だろうっていうことで、2次試験が終わるまで封印してました(^^ゞ

こんなにたっぷりスペイン語を聞いたのは、久しぶり。
やっぱりスペイン語は、耳に心地良いです♪
決して忘れていた訳じゃないんですが、ここ最近は意識的に遠ざけていたので、
映画を観ながら、「そうそうスペイン語ではこう言うんだったな」って感じでした(^^ゞ

まず先に観たのは『TESIS』。
tesisは、スペイン語で卒業論文のことです。
日本では、「次に私が殺される」っていう副題がついているようですね。
卒業論文のテーマにあることを選んだことがキッカケで、
思わぬ闇組織の存在を知ってしまう主人公の話です。
いや~、怖かったです。
最初から最後まで、ドキドキしっぱなしでした。
別に、ものすごくたくさん残虐なシーンが出てくるわけではないのですが、
観ている側にそれを想像させる手法なんですよね。
人間の「怖いもの見たさ」的な心理を、巧妙に描いている作品でした。
良い映画ってことになるんでしょうが、私は二回観る気にはなれません。。(^^ゞ

二本目に観たのは、『カラスの飼育』です。
昔いちど観たことのある映画なのですが、
ラジオ講座の中で話題になったことがキッカケで、もう一度観たくなって。
(その時のブログ記事は → こちら )
忘れてしまって曖昧だった細かいストーリーも、確認できました(笑)
この映画、やっぱり私は好きですね~。

ところで、今日観た二本はどちらもアナ・トレントが主演です。
「カラスの飼育」ではまだ9歳くらいの彼女が、
「Tesis」では20代なので、その成長っぷりが興味深かったです。

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  16:55  |  スペイン語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.12.07 (Mon)

Les Feuilles Mortes (枯葉)

今週から、授業が冬期講習の特別時間割になった関係で、
今日は一日オフで家にいました。
お昼過ぎまでは、英語の添削作業に追われていましたが、
それを仕上げてからは、超くつろぎモード(^^ゞ

まずは録音しておいた今日の「アンコールフランス語講座」を聴いて、
その後、以前に買っておいたDVD 『さよなら子供たち』 をようやく観ました。
(感想などは、また改めて書きます)

そして今はイヴ・モンタンの美声に酔いしれています。
もうこの声は、ノックアウトものです(^^ゞ
初めはしばらく語りが続きますが、歌に切り替わった部分の歌詞だけご紹介。

et le vent du nord les emporte
dans la nuit froide de l'oubli
Tu vois je n'ai pas oublié
la chanson que tu me chantais

この最後の「la chanson~♪」の箇所の鼻にかかった感じがたまりません(^^ゞ
(↓こちらはもちろん、一曲まるごと聴けます)


テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:38  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.12.06 (Sun)

2級2次試験

受けてきました、2次試験。
ようやく終わって、本当にホッとしています。
去年はあまり緊張もせずに気楽に臨んでしまったのですが、
今年は、自分でも嫌になるくらい緊張しました(^^ゞ。

去年受験したときには、同じ時間帯に呼ばれた受験者は4名で、
面接も4部屋に分かれて行われましたが、
今年は、同時間帯あたり3名でした。
それだけ1次試験の合格者が少なかったってことですよね。

受付を済ませて「受験者控え室」に入ると、
なんと驚いたことに、来週一緒に食事をすることになっている友人がそこに。
彼女は、1年半のイタリア留学を終えて、先月日本に帰国したばかり。
2次試験を同じ会場で受けることは知っていたので、
もしかしたら会うかもね、とお互いにメールでは言っていたのですが、
でもまさか、同じ回の3名の中で一緒になるとは思いませんでした(^^ゞ

さて本題の口述試験ですが。。。
選んだテーマは、「La vita senza la TV」(テレビのない生活)です。
話している途中で、単語が頭に浮かばなかったり、
形容詞の性数一致がぐちゃぐちゃになったり、というミスも多々ありましたが、
一つだけ確かなことは、昨年と比べればかなりまともに話せたってことです。
去年、合格点にわずかに及ばず不合格だったことを考えると、
今年はどうにか滑り込めたかな・・・(希望的観測か?(^^ゞ)

私なりに、ベストは尽くしました。
でもあの私のイタリア語で、果たして合格レベルかどうかという不安はあるので、
結果が来る今月下旬までは、不安で落ち着かない日々が続きそうです。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  17:11  |  イタリア語  |  CM(10)  |  Top↑

2009.12.02 (Wed)

今年の7冊目

Voci

ちょうど読んでいた日本語の小説が読み終わったので、
イタリア小説『Voci』を読み始めました。
今年のイタリア原書7冊目です。

まだ読み始めたばかりですが、出だしから結構面白い!
私の好きなミステリー小説なので、謎解きが楽しみです(^^ゞ
先日読み終えた『Rossovermiglio』と比べると、
イタリア語もかなり読みやすい感じ。
ほぼ300ページですが、年内に読めるかな。。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:38  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2009.12.01 (Tue)

日本とイタリアの共通点

12月になりました。なんだか落ち着きません。
2次試験に向けて猛勉強している訳ではないんですが(^^ゞ、
でも早く気分的に解放されたいです。
ホント、不安は尽きません。。(^^ゞ

9月頃から、時間に余裕があるときには
イタリア語の新聞サイトを読むように心がけています。
11月20日の記事に興味深いものを見つけました。→こちら
(さっと読んだあと、ブックマークだけして一昨日まで忘れていました(^^ゞ)

ISTAT(中央統計局)の調査結果に関する記事です。
高齢化が進んでいる現状や、慢性的な病気を抱えている人が多いこと、
PCの利用が増えている一方で、新聞や雑誌を読む習慣はあまり広がっていないこと、
女性の出産率が低いことなどなど・・日本の現状と似た話題が満載です。
覚えて使える語彙やフレーズも結構あると思って、
この記事は珍しく(^^ゞちゃんとプリントアウトしました。
中には、書き言葉で会話には向かない表現もあるとは思いますが、
作文をするときの参考にはなるでしょう。

新聞を読むっていうのは、小説を読むのとは違う楽しさがありますよね。
これからも定期的に(なかなか毎日というのは難しいけど(^^ゞ)
読むように心がけたいと思います。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:21  |  イタリア語  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |