2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009.07.30 (Thu)

素数たちの孤独

素数たちの孤独

サマーコースが始まって最初の火曜日(7月21日)、
授業の空き時間に某書店の新刊コーナーの前を通りかかったとき、
この本のタイトルが目に飛び込んできました。
「おぉ!翻訳が出てる!」と、(もちろん声には出しませんが(^^ゞ)
飛びつくように手に取りました。

実はこの作品、オリジナルの『La solitudine dei numeri primi』を
ある方が以前にブログで紹介されていて、
私もそのうち読みたいなと思っていたイタリア小説だったんです。

La solitudine dei numeri primi

イタリアの現代小説が日本語に翻訳されて、
そのうえ大手書店のあんなに目立つ場所に陳列されているなんて、
そう頻繁にあることではないと思います(^^ゞ。
でもこの作品には、日本でも大きく扱われるだけの理由がありました。
実はこの小説、イタリア最高の文学賞であるストレーガ賞を受賞し、
イタリアでは120万部超の記録的セールスを打ち立てた
2008年最大のベストセラーなんだそうです。
30ヶ国以上で翻訳される話題作にもなり、映画化も進んでいるとのこと。
サヴェリオ・コスタンツォ監督によって、
2009年夏までにはクランクイン、2010年の公開が予定されているらしいです。

本屋で翻訳版の存在を知ってから数日間は、
バタバタしていてすっかり忘れていたのですが、
週末になって突然思い出し、図書館の蔵書にあるかどうか検索してみました。
7月20日に出たばかりの新刊ですし、あまり期待はしていなかったんですが、
ネット検索してみたところ、既に1冊だけ蔵書がありました。
そして予約者はゼロ(^^ゞ。
お陰で予約した翌日には図書館に届いて、おそらく一番乗りで読むことが出来ました。
日本の人気作家の新刊だと、発売日と同時に予約しても
数十人待ち、時には数百人待ちは当たり前なので、
新刊をこんなに早く読めるなんて、ラッキーでした。

「少年と少女の出会いは必然だった。
二人は理由も分からず惹かれあい、喧嘩をしながら、
お互いに寄り添いながら、共に大人になった。
だがやがて、小さな誤解が二人の恋を引き裂く」
と、こんな紹介文が本書の裏表紙に書かれています。
読み始めたら、あっと言う間に引き込まれて一気に読んでしまいました。
ネタバレになるので、あまり細かいことは敢えて書きませんが、
読み終わったあと、ボーっと余韻に浸りながら
二人の決断とか、最後に出てくる謎の行方とか、色々と考えちゃいました。
まさに、切ない恋愛小説です。

映画はどんな風になるのか、かなり興味アリです。
きっと泣けるんだろうなぁ・・って場面がいくつかあります。
2011年のイタリア映画祭あたりに来るかもしれませんね。

追記:
この記事を書いてから、図書館で改めて検索してみると、
所蔵数は5冊に増えていました。なのに予約待ち状態。
早めに予約して良かったです(^^ゞ

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  19:05  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑

2009.07.29 (Wed)

スペイン語トレーニングブック

スペイン語トレーニングブック

毎週火曜日は、長い授業の空き時間があるので
本屋をぶらつくことが多いのですが、
昨日、語学コーナーでこれを見つけました。
どうやら7月25日に発売になったばかりのようです。
ついにスペイン語版も出版されました!

このトレーニングブックは、イタリア語版もフランス語版も持っています。
書き込み式の問題集で、「書いて覚える」という謳い文句どおり、
動詞の活用とか文法事項を、覚えるのに大変役立ちました。
イタリア語は、この本で検定3級対策をしたと言っても過言ではありません。
(ちなみにフランス語版は、あまりにお粗末な誤植が多すぎて、
途中から耐えられなくなり、一切開かなくなりましたが(^^ゞ)

同じ出版社のシリーズ物でも、言語によって印象に差はありますが(^^ゞ
昨日本屋で見たところ、スペイン語版はとっても役立ちそうな構成です。
誤植に関しては立ち読みしただけでは分かりませんが(笑)、
あのフランス語版みたいなことはおそらく無いでしょう。
問題数が多いので、これを一通りやるだけでも
かなりの実力アップになりそうです。

接続法まで全て文法事項は網羅されているので、
知識の整理のためにも、そのうち購入してやってみようかなぁ~なんて思っています。

テーマ : スペイン語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:35  |  スペイン語  |  CM(0)  |  Top↑

2009.07.26 (Sun)

『LOST』 シーズン5

LOST シーズン5

遂に今晩から、待ちに待った『LOST』 シーズン5が放送開始です♪
実は新シーズンの第一話だけ6月に先行放送があったんですが、
ちょうど仏検受験の日だったりして、うっかり忘れていました(^^ゞ
「どうせ一話だけだから、まぁいいか」とすぐに諦めもついたんですが。

これまでの4シーズン(計86話)では、
まさに謎が謎を呼ぶ展開で、ホントに頭の中は疑問だらけ。
今回のシーズン5では、これまでの謎が少しずつ解明されるらしいです。
ホントかな~。。(^^ゞ
あまりに非科学的に思える現象や謎が多くて、
ちゃんと納得の行く解明かどうか、とっても気になるところです。

今回のシーズン5は、全17話。(→公式サイト
これから17週間、楽しみです。

テーマ : 英語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  19:07  |  語学全般&英語  |  CM(0)  |  Top↑

2009.07.24 (Fri)

イタリア語検定

サマーコース期間中は、慣れない「朝から授業」というスケジュールのため、
月曜日から慌しい日々が続いていました。
金曜日だけは授業が夕方からなので、今日は普段のような余裕のある朝を過ごしています。

一昨日から、イタリア語検定秋季試験の受験申し込みが始まりました。
私は今年に限って、2級を1次試験免除で2次のみ受験できるんですが、
全くその意欲が湧いてきません(^^ゞ
まだ申込期間は一ヶ月近くありますが、たぶん受験はしないと思います。
「もったいない!」って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
15分間の口述試験のために、時間や労力やお金を掛けて頑張る気になれないんです(^^ゞ
一時は、最優先で2級の最終合格を目指すつもりだったんですけどね。。
一度自分の中で気が済んでしまうと、不思議なほど執着心が消えてしまいました。

私は、フラメンコという結構お金のかかる趣味を持っているので(笑)、
語学に関しては、お金のかからない独学が基本姿勢です。
私の日常では、スクールにでも通わない限りイタリア人と話す機会は皆無ですが、
だからと言って、会話力をアップ&維持のためにスクールに通い続ける
という選択肢は、私の頭には全くありません。 となると、結局は、
「旅行で困らない程度に話せれば十分」ってところに落ち着いてしまうんですよね(^^ゞ

恐らくこれからは、フランス語の方に学習熱がシフトする可能性が高いですが(^^ゞ、
それでもイタリア語での読書はずっと続けて行くつもりです。

Due di due

今読んでいる『Due di due』は、全く辞書なしで読むのはちょっとキツイです。
これは純粋な読書というよりは、やっぱり勉強に近いかな?(^^ゞ
まだ今70ページ目あたりなので、まだまだ先は長いですが、
9月の終わりくらいまでに読み終わりたいものです。

今後しばらくは、イタリア語検定との縁を切る予定ですが(笑)、
これからもイタリア語での読書は続けて、
そして何年か後に読んだ本の累計が20冊を越える頃になったら、
1級に挑戦してみようかな・・・なんて漠然と考えています。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:52  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑

2009.07.20 (Mon)

アマルフィ

アマルフィ海岸

学生たちの夏休みが始まりました。
社会人にとっては三連休の最終日でしたが、
私は、今日から夏期講習の授業がスタートでした。
ついに始まってしまいました(^^ゞ
これから6週間、気合いを入れて臨みたいと思います。

今日は幸いにも、お昼過ぎには授業が終わる日だったので、
せっかく旦那さんもお休みなんだし・・・ということで、
授業終わりで待ち合わせて、映画を観に行ってきました。
ラッキーなことに、近くの映画館が感謝デーで1000円だったんです。
偶然このことを先週金曜日に知って、チケットはネット予約してありました。
(チケット完売だったので、早めに予約しておいて大正解でした)

観た映画は、『アマルフィ 女神の報酬』です(^^ゞ (→公式サイト
日頃、邦画を映画館に観に行くことはまずありませんし、
特に織田裕二のファンな訳でもありませんが(笑)、
この映画が「オールイタリアロケ」と知って興味を持ちました。

ストーリーは、途中ちょっと強引な展開になったりもしましたが、
トータルでは、まぁまぁ楽しめた・・って感じでしょうか(^^ゞ
でもストーリー自体よりも、私が楽しめたのは、
盛りだくさんのイタリアの映像と、たっぷり出てくるイタリア語の会話です♪
字幕が全くつかないままにイタリア語の会話が続く箇所がいくつかあって、
後で別の人物がそれを訳すよりも前に自分が理解できていることに、
かなり低次元な優越感を感じつつ観ていました(笑)。

イタリア好きな方、イタリア語を勉強している方は
きっと楽しめる映画だと思います。
それにしても、織田裕二のイタリア語が上手で感心しました。
あれは単に台詞を覚えた、っていうより、
イタリア語のリズムとかだいぶ特訓したんじゃないですかねぇ?

ロケ地としては、アマルフィよりローマの方が多かったので、
「なぜこのタイトル??」というのが正直な感想です(^^ゞ。
原作を読めば、本来のアマルフィに込められた何かが分かるのかもしれませんが、
犯人も犯行動機も全部分かった上で、また原作を読む気にはなりませんねぇ(^^ゞ

上の写真は、映画とは全く無関係な無料壁紙画像のサイトから拝借しました。
(写真をクリックすると拡大します)
アマルフィ、行ってみたいです!
映画の中でも、海が美しかった~。
観終わった後で、イタリアに行きたくなる、
そして、イタリア語が勉強したくなる映画です。

テーマ : 映画館で観た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  19:43  |  イタリア語  |  CM(8)  |  Top↑

2009.07.18 (Sat)

合格通知

仏検3級の合格通知が届きました。
なぜか勝手に来週あたりだろうと思い込んでいたので(^^ゞ、
ポストに大きな封筒を見つけてビックリでした。

結果は、自己採点どおり94点でした。
試験当日の自己採点で、ほぼ確信していましたが、
それでも「合格」の文字を目にするのは嬉しいものです。

「この勢いを駆って、さらに上を目指されますよう、
つぎにも朗報をさしあげることができますよう、願っています」
と、結果通知ハガキに書かれていました。
検定の級にそれほど拘りはありませんが、
やはり具体的な目標があるほうが、学習意欲が湧くのは事実。
せっかく楽しくなってきたフランス語なので、
この流れを止めることなく、自分の気の済むまで頑張ってみるつもりです。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  15:13  |  フランス語  |  CM(18)  |  Top↑

2009.07.17 (Fri)

ジャック・ドゥミの世界

シェルブールの雨傘

1ヶ月前に予約したDVD 『シェルブールの雨傘』が昨日届きました。
早速ちょっとだけ観てみましたが、さすがにデジタルリマスター版。
映像がとってもキレイです。
日本語字幕のみで、フランス語の字幕はありませんが、
以前にこの映画の仏和対訳シナリオを購入してあるので、
全編を通してフランス語の台詞は確認できます。
このシナリオ本は買っておいて正解でした。

このDVD、本編ディスクの他に特典ディスクもあるんですが、
この特典が予想以上に良いんです。
ジャック・ドゥミの妻アニエス・ヴァルダ(彼女も映画監督)による
ドキュメンタリー映画 『ジャック・ドゥミの世界』(1993仏)が収録されています。
まだ約90分のうちの初めの15分くらいしか観ていませんが、
ジャック・ドゥミ監督作品の一部や、出演者たちへのインタビュー、
製作スタッフが振り返る当時のエピソード・・・と盛りだくさんです。

初めに取り上げられた作品は 『ローラ』というナント(Nantes)が舞台の映画で、
主演女優のアヌーク・エメが当時を振り返って
パッサージュ・ポムレー(Passage Pommeraye)の話をしていました。
テキストは買っていませんが、一応ずっと聴いている「まいにちフランス語」で
つい最近話題になったばかりのPassage Pommerayeが出てきてビックリでした。

特典ディスクには、この『ジャック・ドゥミの世界』のほかに、
ミュージック・チャプターも収録されていました。
もともと、ストーリーそのものよりも歌が気に入っている映画なので(^^ゞ、
映画の中から主な歌の部分だけ編集してあるというのは好都合です。
きっと私のように好きな歌の箇所だけを繰り返し再生する人がいることを
見越しての特典なんでしょうね(笑)

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:04  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.07.14 (Tue)

500円辞書

Pocket French-English Dictionary

帰国以来、家でもサルサのCDを聴いたりして、
すっかり気持ちがスペイン語に傾いていますが(^^ゞ、
ラジオフランス語講座は真面目に聴いています。

NYの本屋で、ふと思い立ってフランス語の辞書を買いました。
日本のポケット・ブログレッシブよりも、もうひとまわり小さめ。
かなりのコンパクトサイズですが、仏英・英仏が入っています。
何より私が気に入ったのは、その軽さ。
家にあるポケット・プログレッシブ(イタリア語版)と比べてみたら、
重さは約半分でした。
このくらい軽いと、本当にいつでも持ち歩けそうな気がします。

おまけに価格は、$4.95!
今の為替レートだと500円しないお値打ち品です♪
イタリア語もフランス語も、日本では辞書は結構高いので、
この安さには驚きですよね(^^ゞ

まだ辞書を持ち歩く必要があるほど、フランス語に熱心に取り組んではいませんが(^^ゞ、
近い将来、きっと役に立つ(はず(^^ゞ)と思って購入しました。
果たして、お役立ち度はいかに?!

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:40  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.07.11 (Sat)

消え行くCDショップ

今回NYに行って、驚いたこと第二弾!(^^ゞ

昔よく足を運んでいた大型CDショップが2つとも消えていました。
一つは、タイムズスクエアにあったヴァージン・メガストア。
もう一つは、アッパーウエスト66丁目にあったタワーレコードです。
どうやら日本でも過去に報道はされていたようなのですが、
私自身は全然知らなかったので、どちらも行ってみたら閉鎖されていて呆然でした(^^ゞ

今や音楽は、インターネットで好きな曲だけダウンロードできる時代ですから、
CDの売れ行きが悪くなると、賃料の高いマンハッタンなどでは
閉鎖に追い込まれてしまうんでしょうね。。
帰国してから、この件について調べてみたら、
「ヴァージン・メガストアの閉店で、マンハッタンから大型CD店は完全に姿を消した」
という記事がありました。(→こちら
そのうち日本でも同じような現象が起きるのでしょうか?

ところで、旅行中に留守録音しておいた数々のラジオ講座、ようやく全て消化しました!
来週月曜日以降に、「まいにちスペイン語」のストリーミングで
聞き逃している数日分を聞いたら完全にキャッチアップです。
やれやれ・・・。 
でもロシア語講座は、あまりにまとめて聞き流したので、
全然頭には入ってない可能性大ですが(^^ゞ
ようやく普段のペースに戻れそうです。

テーマ : ニューヨーク ジャンル : 海外情報

EDIT  |  16:11  |  語学全般&英語  |  CM(6)  |  Top↑

2009.07.10 (Fri)

いたるところでスペイン語

今回のNY旅行で、テレビなども含めると、一番良く耳にした言語はもちろん英語ですが、
街では、いたるところで毎日のようにスペイン語が耳に飛び込んできました。

ご存知のようにマンハッタンの中には、ヒスパニック系の居住区もありますし、
私が留学していた当時から、スペイン語に触れる機会はありました。
学生寮の掃除のおばさんは、英語が殆ど話せないドミニカ人(?)でしたし、
街なかでスペイン語を耳にすることは、珍しいことではありませんでした。
でも、今回の旅行中に聞いたスペイン語の絶対量は半端じゃないです(笑)
一体どうしちゃったんでしょう??
アメリカ国内のヒスパニック系住民の数が増えたのでしょうか?
それとも中南米からの旅行者が多かったのか・・?
真相は良く分かりませんが、どこに行っても周囲から聞こえてくるスペイン語に、
私も主人も驚きっぱなしでした。

滞在中、毎日乗っていた地下鉄では、英語以上にスペイン語を耳にしました。
私の勝手な意見ですが、英語を話す人たちが一人で乗っていることが多かったのに対して、
ヒスパニック系の人は家族や友だちと一緒に乗っていることが多かったようです。
おまけに声が大きいし、よく喋るんですよね。。(^^ゞ
地下鉄では、聞こえてくるのはスペイン語だし、
スペイン語オンリーで書かれている広告もたくさん貼ってあったりして、
「ここは本当にアメリカか?」って思えるほどでした(笑)
また何年か後に行く頃には果たしてどうなっているのか、ちょっと楽しみです(^^ゞ

テーマ : スペイン語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:57  |  スペイン語  |  CM(4)  |  Top↑

2009.07.09 (Thu)

New York

お久しぶりです。 昨日、帰国しました。
たっぷり充電してきました。

それにしても、人が多かったです(^^ゞ
あちらのホリデーシーズンと重なったせいもあって、
今まで何度か行っている中でも、今回はとくに人出が凄くてビックリでした。
7月4日の独立記念日には、クルージング(日本からネット予約しました)で
花火を楽しむことも出来て、大満足のNY滞在でした。
旅行中の話は、今後ちょこちょこ書いていくつもりです。

主人は今日から仕事で帰国早々に忙しそうですが、私はまだ夏休み中なので(^^ゞ、
諸々の後片付けをしながら、普段のペースに戻すべく調整するつもりです。
留守中に録音しておいたラジオ講座、さっさと聴いて追いつかなくては(^^ゞ

テーマ : 英語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:24  |  旅行  |  CM(6)  |  Top↑
 | BLOGTOP |