2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2009.05.29 (Fri)

二ヶ月が経ちました

アンコールまいにちロシア語

アンコールまいにちロシア語は、今日が第40課でした。
早いもので、もう丸二ヶ月です。
一応、欠かさず毎日聴いていますが、
一日15分の講座を予習も復習もせずに聴くだけでは、やはり身につくはずもなく。。(^^ゞ
単語も、英語やロマンス系言語に似ていないものは全然覚えられません。。
まぁ、覚える努力も何もしていないのですから、当然ですけどね(^^ゞ


これまで黒田先生は、とにかく我々リスナーに「ロシア語って難しそう」と思わせないため、
ことごとく文法用語を使わずに講座を進めてこられました。
ロシアではもしかしたら男性名詞、女性名詞と呼ばないのかもしれませんが、
いつもわざわざ「最後が-oで終わる語」とか「最後が-aで終わる語」のような
表現を使われていたし、動詞も「活用」とは言わずに「変化」と表現されていました。

それなのに、今週に入って突然「対格」という言葉が登場したんです。
英語で言えば目的語に相当する概念なのだとは思いますが、
これまで一度も「対格」という文法用語を耳にしたことはありません。
そんな馴染みのない文法用語が、この「カタツムリの初級編」に
さらりと登場したので、なおさらビックリでした。 
講座も丸二ヶ月経つことだし、
そろそろ文法用語を使っても大丈夫と判断されたのでしょうか?
てっきりこのまま文法用語抜きで最後まで行くのかと思っていました(^^ゞ
ふと来週月曜日のページを見てみると、なんと新出単語もスキットも
全部カタカナがなくなっています。
来月からは、今までのような超過保護状態ではなくなるんですね。
大変だぁ。。

去年のフランス語の時よりも、ロシア語に関してはさらに輪をかけて
「不真面目リスナー」な私ですが、こんな状態でも、
後には「継続は力なり」となるのかどうか??
私自身、ちょっとした実験のような気持ちでいます(^^ゞ
カタツムリの歩みさえも早過ぎると感じている今日この頃ですが、
来月も一日15分はロシア語の世界に触れたいと思います。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  16:08  |  ロシア語  |  CM(6)  |  Top↑

2009.05.25 (Mon)

映画 「甘い生活」

甘い生活

フェデリコ・フェリーニ監督の 『甘い生活』(原題:La Dolce Vita)を観ました。
先日、偶然にもこのブログでも話題にした映画です。
そのとき記事に対して頂いたコメントから、この『甘い生活』が
イタリア語のタートルネックの語源にもなった映画だと知りました。
(そのときの記事→こちら

でも、実際にその映画を観てみたところ・・・「????」でした。
主人公のマルチェロは、終始スーツ姿でタートルを着たシーンは無かったような・・(^^ゞ

私は日頃、映画は一度に全編を通してみるのが常ですが、
この映画はとても集中力が続かず、3回くらいに分割して観てしまいました(^^ゞ
ウィキペディアによると、この映画に対する評価は大きく分かれているとのことですが、
それも妙に納得かも・・・。 
なんと言うか、あまりにも各シーンがバラバラというか・・・
上流社会の退廃的な生活を描く意図は分かるんですが、
ストーリー展開的には、かなり退屈でした。
集中して観ていたとは言い難いので、タートルネックも見落としたのかもしれません。
街中のカフェでちょっとオネエ系っぽい男性が着ていたのは観たような気がするんですが、
それ以外で、タートルネックは写っていなかったような気がします。

もしこの映画をご覧になった方で、このシーンだよ、っていうのがあったら教えてください。 
宜しくお願いします。

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  06:32  |  イタリア語  |  CM(8)  |  Top↑

2009.05.24 (Sun)

美しさは無駄なもの?

このところ以前よりも真面目にフランス語に取り組んでいるせいもあって、
急にフランス語が楽しくなってきました♪
人は、楽しいと思うから取り組むのか、それとも取り組んでいるから楽しくなるのか・・・?
どちらも一理あるとは思いますが、
どうやら私の場合は、後者の傾向が強いみたいです。

そう言えば、だいぶ前に「やる気が出ないとき」というタイトルで
記事を書いたことがありました。(→こちら
今回はやる気がない場合とは違いますが、でも取り組んでいるうちに、
その刺激が更なるやる気を起こすってことはあるような気がします。

今まで一年半以上も、ラジオ講座で勉強してきたフランス語ですが、
仏検の勉強を実際に始めてから、新しい語彙や表現に触れて驚きの連続です(^^ゞ
そのうちの一つが、「avoir beau+不定詞」という熟語表現。
beauは「美しい」という形容詞なのに、何故かこれで「~しても無駄だ」の意味なんです。

J'ai beau essayer de lui expliquer. Elle ne comprend pas.
(いくら彼女に説明しようとしても無駄だ。 どうせ彼女には分からない)


なぜ「・・・という美しさを持つ」が「~しても無駄だ」になるのか不思議です。
美しさなど所詮は無駄なもの、っていうフランス人的な哲学の反映でしょうか?(^^ゞ
ちなみに上記例文の「lui」は、イタリア語の「彼」と同じ綴りなので、
この単語が女性を指すこともあることに対して、未だに違和感があります。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  13:00  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.05.21 (Thu)

あと一ヶ月

旅

昨日映画への行き帰りの銀座線車内で、
新潮社の『旅』という雑誌の吊り広告を見ました。
「パリのパン屋さんに行こう」という何とも魅力的な見出しです♪
HP(→こちら)でも一部写真が見られますが、本当に美味しそう!
明日本屋で、実際の雑誌もチェックしてみるつもりです。

さて早いもので、今日は5月21日。
仏検まで、あとちょうど一ヶ月です。
問題集をやればやるほど、綴りをちゃんと覚えていないことを痛感します。
音で覚えていても、書けないってホント困りもの。
3級は自分で実際に書く問題もあるので、
綴り字を正確に覚えていないと大変なことになりそうです。。。(^^ゞ
先が思いやられますが、あと一ヶ月、頑張ります。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  19:05  |  フランス語  |  CM(8)  |  Top↑

2009.05.20 (Wed)

夏時間の庭

夏時間の庭

公開前から気になっていたフランス映画 『夏時間の庭』を
今日、仕事の前に銀座に行って観て来ました。

結論から言うと、結構好みの作品でした♪
涙が出るほど感動するというわけではないのですが(^^ゞ、
映像的に美しく、観ていて癒される映画です。
緑溢れる邸宅のシーンがとにかく良い!
きらめく夏の陽射しや、小鳥のさえずりを体感して、
まるで自分が風に吹かれながら、その庭に座っているような気分でした。

思い出を大切に守りたい気持ちと、
それが侭ならない現実が淡々と描かれていました。
最後はちょっと意外な終わり方でしたが、
まぁこれもその現実の一つということでしょう。

フランス語も結構聴き取れて、嬉しくなってしまいました。
もっと分かるようになりたいなぁ・・と、
今後のフランス語学習のモティベーションアップにも繋がった気がします(^^ゞ

それにしても、公開後初の映画サービスデーだったせいもあって、
毎回かなり早くから満席売り切れが続いているような盛況ぶりでした。
私は混雑を予想して、ネットで事前に席を確保していたので大丈夫でしたが、
上映開始の約30分前に着いたときには、私が観ることにしていた回は完売でしたし、
さらに次の上映回の分まで売り切れ寸前でした。
予想以上の人気ぶりにちょっとビックリです。

インターネット予約は手数料100円ですが、座席指定で確保できますし、
映画サービスデーでも利用可能なので、結構オススメです。
もし今後観に行かれる予定の方は、お試しください。
(って別に映画館の回し者ではありませんが(^^ゞ)
映画館のHP(→こちら)左横の「online tichet」で三日前から購入できます。

テーマ : 映画館で観た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:20  |  フランス語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.05.16 (Sat)

『Un posto nel mondo』 読了

un posto nel mondo


イタリア語での読書、今年の4冊目 『un posto nel mondo』を読み終えました。
以前の記事で確認してみたところ、読み始めたのが4月24日だったので、
ほぼ3週間で読み終えたことになります。
Fabio Voloの読みやすい文体に因るところが大きいですが(^^ゞ、
それでもイタリア語で読んでいることを忘れるくらいにテンポ良く読めて大満足です♪

まるで路面電車のように、決まったレールの上を
毎日スケジュールどおりに走る単調な日々の生活。
仕事もあるしガールフレンドもいるけれど、本当にこれが自分の望む生き方なのか??
と悩む青年の「自分探し」を描いた話です。
個人的には、主人公ミケーレがあれこれ悩んで、でもなかなか決断できず、
ある出来事をキッカケにして、ようやく自分を変える第一歩を踏み出す、
っていう辺りまでを描いた前半部分の方が断然楽しめました。

物語後半では、彼が旅に出て色々な新たな経験をした後で故郷に戻ってくるのですが、
その辺りの描写は、「いかに以前と変わったか」ばかりが繰り返されていて、
なんだかダラダラしている印象は否めませんでした(^^ゞ
表現もなんとなく人生訓めいていて、ストーリー展開を楽しめる感じではなかったです。
前半の面白さが最後まで続いていたら、もっと早く読み終わっていたでしょう。

とは言え、Fabio Voloは2冊読んでみて文体とかユーモアのセンスとか
かなり好みなので、今後も新刊が出たら読みたいと思っています。
辞書なしで楽しめる小説っていうのは、貴重ですしね(^^ゞ


さて、今後しばらくはイタリア語での読書はお休みして、
次は久しぶりに英語の原書を読もうかと思っています。
・・・って、仏検の勉強もやらないといけないんだけど(^^ゞ

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  17:25  |  イタリア語  |  CM(6)  |  Top↑

2009.05.16 (Sat)

天使と悪魔

天使と悪魔

公開初日のレイトショーで、『天使と悪魔』を観てきました。
約2時間半の長い映画でしたが、その長さを全く感じずあっと言う間でした。

昔の角川のキャッチコピーに「読んでから観るか、観てから読むか」というのが
ありましたが、これは本当に悩ましい問題ですよね。
これまでにも、先に原作を読んでその後映画を観たパターン、
逆に映画を観てから原作を読んだパターンの両方を経験していますが、
原作が良かった場合は特に、映画が原作を超えることは稀な気がします。

今回の『天使と悪魔』では、どちらのアプローチにするか悩みに悩みました(笑)
そして、以前にこちらでも簡単に触れましたが、先に原作を読み始めたんです。
でもその図書館で借りた本は、旦那さんが予約していたもので、
文庫本で上・中・下の三冊を二週間で返却しなければなりませんでした。
私はあくまでそのタイムリミット内で、旦那さんが読み終わったあとに読む形になったため、
結果的には途中までしか原作は読めなかったんです。
(全く同じ時期に自分が予約していた本も廻って来たせいもあり、
余計に時間の余裕がありませんでした(^^ゞ)

でも却ってその方がいいかな、っていう思いもありました。
と言うのも、同じダン・ブラウン原作の『ダ・ヴィンチ・コード』の時は、
原作を読んでかなり経ってから映画化され、公開直後に観たのですが、
結局、原作とどの程度同じかを比較するような観方になってしまったんです。
そしてその時は、原作の時ほどのドキドキ、ワクワクを映画で感じることは出来ませんでした。

なので、今回は敢えて途中までしか原作を読まない形で、映画を先に観ました。
ストーリーの結末を知らないわけですから、映画を観ながらハラハラしたり、
展開に驚いたりしながら楽しむことが出来たのですが、
上映後、原作を全て読み終えている旦那さんは、
「ラストの一番いい所が端折られている・・・」としきりに嘆いていました。
原作を全て読んでいる人には、ちょっと消化不良な映画だったようです(^^ゞ

原作を忠実に映像化すると、おそらく4-5時間は懸かってしまう内容なので、
興行的なことを考えると全部を網羅することは不可能なのでしょうが、
映画では全く触れられていない、重要な展開が最後にあるらしいので、
また改めて原作の続きを読むつもりです。
どうやらこの作品は、「観てから読む」が良いのかもしれません。

にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村

テーマ : 映画館で観た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  02:10  |  語学全般&英語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.05.12 (Tue)

東外大言語モジュール

偶然この存在を知り、数日前から利用しているのですが、
皆さん、「東京外国語大学言語モジュール」ってご存知ですか?
これだけ充実した内容が、無料で利用できるなんて驚きです。

私が利用しているのはフランス語版ですが、
同じモジュールが他の言語でもあるので、
トップページ(→こちら)の左端から学習中の言語を選択してください。
各言語の会話モジュール「学習者用」を選択すると、
ステップを踏んでリスニング力を鍛えられるようになっています。

レベルは初級くらいだと思います。
フランス語は今の私にはちょうど良いですが、スペイン語はかなり簡単な気がしました。
逆にロシア語は全く分かりません(^^ゞ。。まぁ当たり前ですよね。
今週からようやく動詞を習い始めた程度ですから(笑)

それにしても、モンゴル語とかラオス語などかなりのマイナー言語も充実しているのに、
どうしたことか、イタリア語はありません。。
他の主要ヨーロッパ言語は殆どあるのに、何故イタリア語だけ?(^^ゞ

にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:44  |  フランス語  |  CM(12)  |  Top↑

2009.05.12 (Tue)

La Dolce Vita

つい先日もこちらで話題にしたフェリーニの映画 『甘い生活』ですが、
今日の深夜にBS2で放送されるようです。
なんてタイムリーなんでしょう♪
(Nori-rinさん、情報ありがとうございました)

衛星映画劇場 『甘い生活』 5月13日(12日深夜) 0:40-3:28
名匠フェデリコ・フェリーニが第二次大戦後の高度経済成長で急激に豊かになったローマを
舞台に、華やかで退廃的な生活におぼれる上流階級の人々を描いた大作。
作家志望だったが夢かなわずゴシップ記者になったマルチェロ。大富豪の娘や女優などと
戯れる日々の中、友人を襲った悲劇を目の当たりにし、享楽を追い求めた果てに彼が
見たものは・・・。アカデミー衣装デザイン賞、カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作。


アカデミー衣装デザイン賞、っていうのが気になりますね。
主演男優マストロヤンニの着ているdolcevitaにも、
是非注目してみたいと思います。

にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  06:52  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.05.11 (Mon)

まいにちスペイン語

毎朝8時から楽しみに聴いているラジオ「まいにちスペイン語」。
先週はGW中につき、前週の再放送でした。
再放送でも半年~数年経ってからなら楽しめますが、
さすがに前の週に聴いたばかりでは、まったく聴く気になれず・・・(^^ゞ
なので先週は朝の放送は全く聴いていませんでした。
ようやく今日から、いつもの朝が戻ってきた感じです♪
福嶌先生の今回の講座、本当にいいですよね~。
スペイン語のフリートークも多いし、結構勉強になります。
これからずーーっとこのシリーズを続けてほしいくらいです。

ラジオ講座を聴かなかった代わり、という訳でもないですが、
先週『ボルベール<帰郷>』を観ました。
カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞した
ペドロ・アルモドバル監督の作品です。

ボルベール<帰郷>

正直なところ、残念ながらちょっと期待はずれでした。
感動して涙するほどでもなく・・・(^^ゞ
『オール・アバウト・マイ・マザー』を観たのはNY留学中。
あの映画は結構好きでしたが、それ以降、
『トーク・トゥ・ハー』もあまり好きだとは思えず。。
世間では高く評価されている監督さんだけど、
どうも私にはペドロ・アルモドバル作品は趣味に合わない感じです(^^ゞ

にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村

テーマ : スペイン語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  08:54  |  スペイン語  |  CM(2)  |  Top↑

2009.05.07 (Thu)

仏検申し込み

ずっと受験するかどうかを迷っていた仏検でしたが、
今日書店で検定料を支払いました。
GW中に、何故だか急に受験意欲が湧いてきたので、
気が変わらないうちに勢いで申し込んでしまいました(笑)

当初は4級を受けるつもりだったのですが、昨日手元にあった対策問題集をやってみると
かなり余裕がある感触だったので(^^ゞ、無謀かと思いつつ3級に挑戦することにしました。
自分の実力より高いハードルを設定して勉強することで、
結果的にレベルアップを図るというのが私のいつものパターンです。
イタリア語の時もそうでした(^^ゞ
ずっとラジオを聞き流すばかりで、気が付けばもう一年半あまり。
ようやく、今度こそ本気でフランス語です!


完全予想仏検3級

3級対策問題集も購入しました。
あと約6週間で全部出来るかどうか心配になるくらい問題数が多いし、
パラパラと見てみると、知らない単語も山ほど載ってます・・・(^^ゞ
かなり大変そうではありますが、自分の集中力を信じて(笑)頑張ります。

にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:49  |  フランス語  |  CM(6)  |  Top↑

2009.05.03 (Sun)

Brothers and Sisters

Brothers and Sisters


昨年秋から録り溜めていた『Brothers and Sisters』をようやく観始めました。
シーズン1が全23話、シーズン2が全16話で、計39話分も手元にあります(^^ゞ
これまで他の海外ドラマに忙しくて(笑)、ずっと先延ばしにしてきましたが、
いざ観始めると想像以上の面白さ。 昨日、今日の2日間ですっかり嵌っています。
こんなに面白いなら、こんなに溜め込む前に観れば良かった(^^ゞ
今秋にはシーズン3が放送開始ですが、
まぁそれまでには間違いなく39話分は観終わるでしょう。

6月には待ちに待った 『LOST』のシーズン5も遂に始まるし、
明日から『サマンサWho?』のシーズン2もスタートだし、忙しくなりそうです(笑)
アメリカのドラマは、やっぱりやめられません。

にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村

テーマ : 英語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:10  |  語学全般&英語  |  CM(4)  |  Top↑
 | BLOGTOP |