2009年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.02.20 (Fri)

お気に入り講座

各外国語の新年度のアンコール講座紹介を見ていると、
やっぱり「アンコール」というだけあって、魅力的なものが多いです。

まずイタリア語ですが、アンコールイタリア語講座の入門編は、
芝田先生の「ヴェネチア語学留学に挑戦」です。
この入門編は、ひょっとしたら全く初めての方には少し難しいかもしれませんが、
私が過去に3年間聴いた入門編の中では、一番満足度が高かったシリーズです。
講師の先生の喋り方が独特なので(^^ゞ、
当初はそれほど気に入ってもいなかったんですが、
途中から、内容の充実度を実感できて先生のことも大好きになりました(^^ゞ

そして応用編の方は、
4月~6月が「イタリア語で“聴く”ルネサンスの名画」
7月~9月が「手紙で学ぶ中級文法」です。
松浦先生の「ルネサンスの名画」は、私が初めて挑戦した応用編講座なんです。
イタリア語を始めてから1年3ヶ月が経過した頃で、
正直に言えば、知らない単語ばかりで殆ど何も聴き取れませんでしたが(^^ゞ、
この講座でイタリア語の長文を読む楽しさに目覚めました。
ノートに本文を一行おきに書き写して、
単語を調べたり文法事項を書き込んだりしながら「解読」していく作業は、
この講座のテキストがきっかけで、その後定着したスタイルです。

私は、ラジオ講座はテキストも録音も一切保存しない主義なので、
一番のお気に入りだったそのルネサンス絵画の教材も手元にはありません。
あれから3年以上経って、今ならある程度は聞き取れることでしょう。
是非またテキストを購入して、聴いてみたいと思っています。

中矢先生の「手紙で学ぶ中級文法」も、
条件法と接続法の苦手意識を無くすのに大いに役立ちました。
私の過去のお気に入り応用編は、
「ルネサンス名画」「イタリア喜劇」「手紙で学ぶ・・」「お国自慢」の4つなので、
そのうちの2つが取り上げられるわけですから、
4月からのアンコールイタリア語は、私にはかなり魅力的です。

それから最後に、アンコールスペイン語についても一言(^^ゞ
入門編の方はまったく聴いたことが無いので何とも言えませんが、
応用編は、吉川先生の「接続法をマスターしよう!」です。
これ、初回放送の時に聴いていてとってもためになった講座です。
実は、二年くらい前に、この応用編をもとにした本も出てるんですよ。

接続法を使って話そう接続法

ほぼ同じ内容のものが出版されているのに、
それでもアンコール講座に選ばれるくらいですから、
いかに評判が良かったかが窺い知れますよね。
実際、私もこれはかなりオススメです♪
でも私自身は、今年はスペイン語をなるべく遠ざけておきたいので、
聴くつもりはないのですが。。。(^^ゞ

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:21  |  イタリア語  |  CM(14)  |  Top↑

2009.02.18 (Wed)

春からのフランス語

まいにちフランス語 3月号

「まいにちフランス語」テキスト3月号の発売日でした。
今月は、いつも以上に発売日を心待ちにしていました。
理由はもちろん、4月からの講座情報が巻末に載っているからです♪

「まいにちフランス語」は、初級は新作のようですが、
応用編は早くも再放送(ディアローグ三銃士)だそうです (^^ゞ
がっかりでしたが、これで逆に4月からの学習方針が決まりました。
新年度は、「アンコールフランス語講座」一本に絞ろうと思います。
昨年4月からずっと「まいにち」と「アンコール」を両方聴いていましたが、
さすがに毎日2講座聞き続けるのは大変なので(^^ゞ、
新年度からはどちらか1つだけにしようと以前から思っていたんです。

「アンコールフランス語」は、六鹿先生の「ソフィーとジル」。
私が約1年半前に初めて聴いたフランス語講座が、六鹿先生の入門編でした。
入門編とは思えないほど難しくて、全くついていけなかったのですが、
その苦い思い出とセットになっている先生です(笑)
4月からの「ソフィーとジル」は、私が以前聴いたものとはまったく別のシリーズなので、
新鮮な気持ちで、そしてあの時のリベンジ(?!)も兼ねて聴こうと思います。

ところで最近の私のフランス語学習ですが、
1月末からの「書き写し」が功を奏したのかどうかは分かりませんが、
なんだか急に靄が晴れてきたような感じで、楽しくなってきました♪
10月号から復習を兼ねて始めたものでしたが、
二週間ほど前に本放送のスケジュールに追いつき、
最近では、先に書き写して予習してから放送を聞くようになっています。
この調子なら、今回は多少の余裕を持ってシリーズ最終月を迎えられそうです。
ようやくフランス語も、いい波に乗れるかな・・・。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:46  |  フランス語  |  CM(8)  |  Top↑

2009.02.15 (Sun)

『イタリアですっごく暮らしたい!』

ようやく落ち着いてPCに向かえる時間が出来ました。
先週は、臨時業務が朝からあり、不慣れな早朝出勤が続いたので、
日頃のペースが崩れまくって大変でした(^^ゞ
通常のクラスと並行して別の集中講座を担当するっていうのは、
短期間だからこそ出来ることだと痛感します。

毎年、夏期講習で朝から授業を担当することはあるものの、
それでも授業開始は9:30AMです。
先週都内某所で担当していたTOEIC講座は、
なんと8:40AM授業開始でした。 早過ぎます・・・・(^^ゞ
通勤ラッシュで揉みくちゃになるのを避けたくて、敢えて各駅停車で行くことにしたので、
時間が余計にかかる分、家を早くに出ねばならず、
「もし事故でもあって電車が遅れたら?」と思うと、念には念を入れて、
ますます家を早くに出ることになってしまい・・・ホント大変でした(^^ゞ
毎朝あの通勤ラッシュで出勤している会社員の方々には、本当に頭が下がります。
土曜日の昨日まで講座があったので、今朝は久しぶりにゆっくり起きました。
ようやく寝不足が解消できた感じです。
短期集中のTOEIC講座が終了して、本当にホッとしています(^^ゞ

先週は、正規授業と臨時授業の両方の準備と、
週8時間も費やしている(^^ゞフラメンコレッスンの合間で、
やっとのことでイタリア語の講読クラスの予習(精読)をしているような状態でした。
先日購入したイタリア語の小説は、あれから殆ど手をつけていません。
あと4週間でイタリア語クラスも終了なので、
その後から本格的に取り掛かることになりそうです。

イタリア語の読書は捗っていない代わりに、
最近、日本語の本を5,6冊読みました。
殆どが小説ですが、エッセイも1冊。
それがタイトルにも書いた『イタリアですっごく暮らしたい!』です。

イタリアですっごく暮らしたい!

1985年にフランス人と結婚し、1986年からイタリアに住んでいる
タカコ・半沢・メロジーさんの著書です。
私は今回初めて読みましたが、彼女のイタリア関連のエッセイは数も多く、
どれも人気のようなので、ご存知の方もいらっしゃることと思います。

イタリアに暮らし始めてからの驚き体験やトラブルの話などが
面白可笑しく書かれています。
「まったく本当にイタリア人っていうのは・・・なんでこうなのか?!」って感じなので、
ともすると批判と悪口ばかりを書いているようにも見えるかもしれませんが(^^ゞ、
あれこれ書きながらも、著者タカコさんのイタリアへの愛着が伝わってくる一冊です。
暮らしたことがあって大好きな国だからこそ、
「こんな信じられないことが平気で起こるのよ」ってハッキリ書けるんですよね。
知人でスペインに何年も滞在したことがある人も、
「まったくスペインっていう国は・・・」的な発言をよくしてますし(笑)、
私自身も、「まったくアメリカ人っていうのは、どうしてこうなのか?!」
みたいなことを結構言ってるような気がします(^^ゞ
この類の発言は、根本のところでその国への愛着が無いと
なかなか出来ないんじゃないでしょうか?(^^ゞ

2001年に文庫化される際に、加筆された箇所もあるので、
一昔前のイタリアではなく、比較的最近のイタリアのことも綴られているのですが、
最近のことが書かれているからこそ、読みながら思わず笑ってしまうのです。
タカコ・半沢・メロジーさんのほかのエッセイも、是非読んでみようと思います。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  17:29  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2009.02.10 (Tue)

パリ、ジュテーム

Paris je t'aime

パリ、ジュテーム』を観ました。
以前に映画館で上映している時期に、ちょっと気になっていた映画です。
ケーブルテレビで放送していたので、予約録画しました。
街で見かけたポスターなどのイメージだけで観たいと思っていたものの、
この映画についての予備知識はまったくなかったんです。

観てみてビックリ。 
世界各国の18人の映画監督がそれぞれパリを舞台に
わずか5分の映画を撮り、それを編集した映画だったんです。
観終わってからインターネットで色々と調べてみたところ、
世間ではかなり高評価を得ている映画のようです。
が、私にとっては期待ハズレでした。。。(^^ゞ

わずか5分ですから、「何が言いたいの?」と思わずにはいられないような
意味不明の作品もあったりして、その類のものが続くと
時間を無駄にしているような気にさえなったりしました(^^ゞ
でも、中には5分という短い時間でも印象に強く残る作品もあったので、
一応全部観てよかったとは思います。
18作品のうちで、特に印象に残ったのは3つ。
妻が白血病だと知ってそれまでの態度を変えていく夫の話、
アフリカ移民の男性が広場で何者かに刺される話、
目の見えない青年と女優を目指す彼女との話。

全編がパリで撮影されているので、きっとパリ好きな人にはたまらない映画でしょう。
確かにパリの色々な顔を映像化している感じはします。
斬新な企画の映画という点も評価されているのでしょうが、
やっぱりいくらなんでも5分は短すぎに思えました(笑)

フランス語が結構聴き取れたのは、嬉しかったです。
パリにも行ってみたくなりました。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  08:54  |  フランス語  |  CM(4)  |  Top↑

2009.02.06 (Fri)

自立

ここ最近「自立」についてよく考えます。
学習者としての自立、つまり如何にしてindependent learnerになるか・・について。

今現在、イタリア語の講読クラスに週1回通っていますが、
今学期が終了する3月末には、一年半通ったことになります。
もうそろそろ、また独学に戻る潮時かな・・と思い始めました。

クラスに通っていれば、独学では得られないような仲間からの刺激もあるし、
ネイティブの先生と接する機会もあります。
教わらなくても大丈夫と言えるほど、自力で原書がスラスラ読めるわけでもありません。
なので、定期的にクラスに通うことのメリットは多々あるんです。
でもその一方で、この状況に慣れきってしまうのも危険な気がしています。
英語学習の経験からも感じることですが、どこまで行っても常に学ぶことはあるわけで、
完璧になったら学校を辞めようなんて思っていたら、その日は絶対に来ません。

もちろん、何年も継続してスクールに通い続けることを否定している訳ではないです。
「継続は力なり」ですから、それは素晴らしいことだと思います。
でも私の場合は、あまり長く続けると単なる惰性になってしまいそうなんですよね(^^ゞ
今後、短期限定でプライベートレッスンなどを利用することはあるかもしれませんが、
(面接に備えてスピーキングの練習もしないといけないし・・・(^^ゞ)
定期的なクラス通いは、今学期いっぱいで一度終わりにするつもりです。
あと残り6回。
1回ごとのレッスンを無駄にしないように、頑張ります。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:44  |  イタリア語  |  CM(10)  |  Top↑

2009.02.04 (Wed)

Mi fido di te

Mi fido di te

ネット注文していた本が、昨日届きました。
Francesco AbateとMassimo Carlottoの共著、『Mi fido di te』です。

講読クラスで読んでいる『Nordest』の著者・マッシモ・カルロットの作品だし、
彼のHP(→こちら)で、「Premio Libraio 2007」と紹介されていたので、
おそらくハズレることはないだろう・・というそれだけで選びました(^^ゞ

前回読んだ『Il giorno in più』と比べると、厚さは半分くらいしかありません。
全175ページなので、長さとしては短めですが、
読みやすさは果たしてどうでしょうか・・・?(^^ゞ
今日から少しずつ読んでいくつもりです。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:50  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2009.02.01 (Sun)

書き写し

まいにちフランス語 2月号

二週間ほど前にイタリア語の小説をネット注文したのですが、
まだ手元に届きません。
なので、イタリア語の読書はただいま休止中です(^^ゞ
ちょうどタイミング良く、図書館に予約しておいた本が立て続けに廻ってきました。
東野圭吾の最新刊 『ガリレオの苦悩』&『聖女の救済』です。
というわけで、これから数日は東野ワールドを満喫したいと思います♪

ところで、フランス語は相変わらず、聞き取れても書けない状態が続いています。
出来ない、出来ない・・と嘆いてばかりいても仕方がないので、
少しでも綴り字を覚える努力をするべく、テキストの書き写しを始めました。
復習も兼ねて、10月号(入門編)から順番にやっています。

以前、イタリア語でもこの作業をよくやっていた時期がありますが、
フランス語は発音と綴り字がリンクしていないので、
実際に書く作業は、イタリア語の時以上に効果が大きいような気がしています。
なかなか毎日は出来ないと思いますが(^^ゞ
暇な時間を見つけて、ちょこちょこと書き写しをやっていくつもりです。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  17:35  |  フランス語  |  CM(12)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。