2008年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.08.29 (Fri)

Muy bien

スペイン語からはすっかり遠ざかり、ラジオ講座で日々聴いているのはフランス語なのに、
そのフランス語のテキストで、いまだに「bien」を「ビエン」と読みそうになります(^^ゞ
(フランス語の発音では、「ビアン」)
綴りが全く同じで、意味も同じなのに、発音だけが違うというのは
なかなか身につきませんね・・・。 (スペイン語読みが身につきすぎているのか?(^^ゞ)

Paella

偶然「Muy bien」(ムイ・ビエン)っていうサイトを見つけました。→こちら
美味しそうなスペイン料理のレシピが紹介されています。
全部で6ページ目まであるので、かなりの品数ですよね。
今週末にでも、何か試してみようかな。
またワインが軽く2本くらい、空いてしまいそうです(^^ゞ
スポンサーサイト

テーマ : 簡単レシピ ジャンル : グルメ

EDIT  |  20:18  |  スペイン語  |  CM(12)  |  Top↑

2008.08.28 (Thu)

アクシデント

ここ一週間くらい、どうも勉強する意欲が湧いてきません。
う~ん・・・せっかく涼しくなってきたのに。
とは言え、一応イタリア語は毎日やってます。
でも、勉強してはいるけど、今ひとつ充実感がないんですよね。。
まぁ、そんな時もあるかな・・と開き直りながら、
前向きな意欲が復活してくるのを待っているような状態です(^^ゞ

ところで、今日、イタリア語検定協会から電話がありました。
私が受験手続きをした日伊学院からは、控えが検定協会に届いているのに、
私が郵送したはずの出願書類は届いていないとのこと。
もうビックリでした!
日伊学院での申し込み後すぐに投函しているので、7月末には届いているはずなんです。
郵便事故?? 配達過程で紛失なんて・・あるんでしょうか?
不安になって確認したところ、万が一の場合にも、
受検はちゃんと出来るそうです。 ひとまず安心(^^ゞ
(まぁ受験料1万円を払ったことは、日伊学院からの控えで確認できてますしね)

意欲が落ちているところに、このアクシデント。
なんだか幸先が悪いなぁ・・・(^^ゞ

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:46  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2008.08.25 (Mon)

マレーナ

マレーナ

オリンピックの熱い戦いが終わり、タイミングを同じくして夏の暑さも去り、
なんだか突然に宴の後のような、ちょっぴり物寂しい気分・・・(^^ゞ
そして、サマーコースも今週で終わり。
色んな意味で、「夏の終わり」を実感する今日この頃です。

さて、さきほどイタリア映画 『マレーナ』を観ました。
『ニューシネマパラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品です。
詳しいあらすじなどは知らないままに観始めたのですが、
前半は、主人公の少年(12歳)の妄想ばかりで驚きました(^^ゞ
「もしかして、これはコメディなのか?」と思ったほどですが、
後半に向けて、観ていて心が痛くなるような展開でした。
これもまた戦争で人生を狂わされた男女の話です。。

出征している夫の戦死が伝えられ、一人残された女性が、
戦争中の食べ物にも事欠くような時代を生き延びていくために
身を落としていくというストーリー展開は、
大昔に観たビビアン・リーの『哀愁』を彷彿させました。

途中、観るのが辛いような箇所もありましたが
(嫉妬や集団心理って、ほんとに怖い・・・)
ラストシーンでは、少しはホッとできました。
観終わって、ちょぴり切ない気分にさせるというのは、
『ニューシネマパラダイス』の名コンビならではですね(^^ゞ
(ジュゼッペ・トルナトーレ監督&エンニオ・モリコーネの音楽)

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  18:05  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2008.08.23 (Sat)

仏和対訳シナリオ

シェルブールの雨傘:仏和対訳シナリオ

「シェルブールの雨傘」のことを書いた日の夜に、シナリオ本があることを知りネット注文。
今朝、自宅に届きました。
これであのお気に入りの歌も、ばっちり歌詞を覚えることが出来そうです♪

シナリオ本なので、ト書きのところに年代設定等が細かく書いてあります。
ギーのもとに召集令状が来てアルジェリアに行くことになるのが、1957年末。
ギーの不在中に、ジュヌヴィエーヴが言い寄られた実業家との結婚を考え始め、
そして実際に結婚式をあげてしまうのが1958年4月。
ギーが戦地から帰還するのが1959年3月。。。

映画を観ているときには、細かい時間設定まで憶えていませんでしたが、
シナリオ本をもとに改めて振り返ってみると、
彼の出征から半年もたたないうちに、別の人と結婚しちゃってるわけです(^^ゞ
そして彼の帰還は、予定の2年より短い1年4ヶ月くらいだった。。

う~ん、半年もしないうちに別の人と結婚とは・・・・
Je ne pourrai jamais vivre sans toi.(あなたなしでは生きて行けないわ)とまで
言っておきながら、やっぱり変わり身が早すぎますよね(^^ゞ
(すみません、ヒロインに対して厳しい見方ばかりで)
この映画では、やっぱりギーに対しての同情ばかりが募ってしまう私です。

何はともあれ、イタリア語検定が一段落したら、
このシナリオ本も活用しつつ、フランス語をもう少し真剣に学ぼうと思っています。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:41  |  フランス語  |  CM(8)  |  Top↑

2008.08.21 (Thu)

シェルブールの雨傘

シェルブールの雨傘

一ヶ月くらい前から気になり始め、その後すぐにDVDが生産中止になっていることを知り、
どうにか方法はないものか・・と思っていた映画、
『シェルブールの雨傘』を、数日前、遂に観ることが出来ました!
幸いなことに、ある友人からビデオを貸してもらうことが出来たんです。
友人に心から感謝♪

事前の情報で知っていたことではありますが、
全編がずーっと歌になっているミュージカル映画でした。
歌のメロディに乗せて会話が進行していくせいか、
普通の会話ほどセリフも速くなくて、結構フランス語聴き取れました♪

あの有名な歌の一節は、やっぱり良いですね!
このメロディがあればこその名画ですもんね。
いつか是非歌詞を覚えて歌えるようになりたいです。

ストーリーは「戦争に翻弄された男女の切ない恋物語」ですが、
どうもカトリーヌ・ドヌーブが演じるヒロインには、あまり共感できませんでした。。
なんと言っても16歳っていう設定ですしね(^^ゞ
戦争中の二年間ですから、今の二年間とは全然違うというのは承知しているのですが、
もう少し彼の帰りを待ってあげても良かったんじゃないのかなぁ?と思わずにはいられません。
例えば、彼が二年間の兵役を終えても帰って来なかったとか、
戦死の知らせが届いたとか、そういう状況ならまだ分かるんですが・・・・。
二年待たずに、他の人(実業家)と結婚しちゃうなんて。
無事に二年間の兵役を終えて帰還した彼が、お気の毒でした。
途中で消息が途絶えたとしても、せめて二年間は待ってあげて欲しかった。

つい、どうしても『ひまわり』と比べちゃうんですよね(^^ゞ
あの映画でソフィア・ローレンが演じていた女性は、
戦争に行った夫が戦争が終わっても戻ってこず、
それでも諦められずにソ連まで探しに行ったんですよね。。。
まぁ、このあたりの違いは、それぞれのヒロインの年齢やキャラクターの違いでしょうけどね(^^ゞ

『ひまわり』は、あまりの切なさに涙無しには観られませんが、
今回の『シェルブールの雨傘』は、泣くほどの感動はありませんでした。
ちょっと辛口な感想ですみません・・(^^ゞ
でも、それを上回るくらいにミュージカルとしての完成度が高いので、
やっぱりこれは名画だとは思います。
DVDはもう生産中止のようですが、CD(サウンド・トラック)は発売中のようなので、
それを買ってみようかな?(^^ゞ 歌詞カードが入っていれば文句なしなんだけど。

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  15:09  |  フランス語  |  CM(8)  |  Top↑

2008.08.18 (Mon)

ついに読破

BAOL

イタリア語のスクールが夏休みに入って以来、しばらく放置していましたが(^^ゞ
先週末から気を取り直して精読を再開。
さきほど、ついに読破しました!
いやはや、本当に苦労の多い一冊でした。
クラスの課題本でなかったら、こんなの絶対読み終われなかったと思います。
辞書をしつこく引いても、結局分からなかった単語とか、
多少意味不明な箇所は残っているので、それは授業で解決しないといけませんが、
でもまぁ、何はともあれ読み終わったので、今は「やれやれ」という気分です。

途中から、大袈裟に言えば「謎が謎を呼ぶ」ような展開で、
主人公のBaolが秘密任務の遂行のために、某所に忍び込んで・・と、
まるで冒険物語のような感じになっていたのですが、
クライマックスは、まさかのどんでん返しで、呆然としてしまいました。
そんな終わり方、ありですか・・・?(^^ゞ
苦労して読んで来たのに、今ひとつ、納得のいかない結末です。
やはりステファノ・ベンニは、なにを取っても「予想不可能な」作家なのかも?(^^ゞ

今学期の講読授業は、9月にあと4回を残すのみ。
この『BAOL』は、もう2,3回で終わるはずなので、
残りの授業では、ステファノ・ベンニの短編をやることになっています。
まだその題材は受け取っていませんが、
『BAOL』よりは、読みやすく理解しやすい作品であることを祈るばかりです(笑)

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  20:19  |  イタリア語  |  CM(8)  |  Top↑

2008.08.18 (Mon)

9月号テキスト

まいにちフランス語 9月号

9月号のテキストを早速購入しました。
清岡先生&レナさんの「まいにちフランス語」も、来月で終わりなんですね。
寂しいなぁ~。 あと残り1ヵ月半弱、別れを惜しみつつ(^^ゞ
楽しく聴き続けようと思います。

半年シリーズの最終月テキストということで、来期の予告も掲載されていました。
「まいにちフランス語」入門編は、2007年4-9月の再構成で、
藤田先生の「ジュリアンとさくらのJaponウォッチング」だそうです。
私がフランス語を始める直前の半年間に放送していたシリーズですね。
リスナーからのお便りコーナーなどでは、かなり評判が良かった気がします。
過去の講座の再放送ですが、私には初めてなのであまり関係ないですね(^^ゞ
応用編は、料理本を題材とした読解力と語彙力アップをさせる講座のようです。

フランス語以外についても、10月からの講座に内容をチェックしてきました。
「まいにちイタリア語」は、月・火の入門編が京藤先生の文法講座(以前の再放送)
水・木が応用編で、「世界遺産を巡る旅(仮題)」という読解力アップを目指す講座。
そして金曜日に鈴木マリア・アルフォンサ先生の、「ジュークボックスイタリアーノ」があります。
金曜日のコンセプトについては、詳しいことは分かりませんが・・・
たぶん、あのハキハキした早口イタリア語がたくさん聴けることでしょう(笑)
応用編の新作は、かなり久しぶりなので、かなり楽しみです。

「まいにちスペイン語」は、月~木までは、
「僕のブエノスアイレスを探して」の再放送らしいです。
フランス語講座の入門編もそうですが、以前20分だった講座を15分に再編成となると、
最後の練習問題部分が放送ではカットされるのでしょうか??
(まぁ解答さえ掲載されていれば、各自で出来ることは出来ますが・・・)
このブエノスアイレスシリーズは、以前の放送のときに毎日聴きました。
スペイン語のフリートークも多いし、入門編の割にはかなりレベルが高かった気がします。
金曜日には、何か新作のものが入るようですが、あまり詳しくは紹介されていませんでした。

もしかしたら、10月からはまた仏・伊・西の3講座を並行して聴いてしまうかもしれません。
が、その前に、今の講座(「まいにちフランス語」と「アンコールフランス語」)を
しっかり完走しなくては。。。
イタリア語検定も控えているので、すっかり気持ちはイタリア語に向いてしまってますが(^^ゞ、
一日35分(二講座分)はフランス語に集中したいと思います。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  14:59  |  フランス語  |  CM(8)  |  Top↑

2008.08.15 (Fri)

ダークナイト

世の中、お盆休みということで、ここ数日は朝の電車が空いてますね。
私はいつもどおり仕事でしたが、主人は今週はずっとお休みで家にいました。
昨日は、私の仕事がお昼過ぎには終わる日だったので、
仕事終わりで待ち合わせをして、二人で映画を観に行きました。

スケジュールも合うし、たまにはデートでもしようか、と思って提案した映画鑑賞でしたが、
上映中の映画を調べてみたら、私が観たい映画は何もありませんでした。
気になっていた映画は、どれも来週以降の公開で昨日はまだやっておらず、
結局『ダークナイト』を観ることに。。。
この映画、主人は前から観たがっていましたが、私は全然興味なかったんです。
でも他に選択肢もなかったので、この映画に付き合うことにしました。
(昼間の時間帯だったせいか、子供向けの映画が多かったんです(^^ゞ)

『ダークナイト』は、『バットマン・ビギンズ』の続編にあたるということで、
主要な登場人物は前作と同じ。
でも実は、私はそのバットマンの方をまともに観たことが無かったので、
(以前にレンタルでDVDを借りたときも、私は途中から寝てしまいました(^^ゞ)
文字通り、何の背景知識も興味も無く、涼みに行くつもりで映画館に向かいました(笑)

が、結果的には、かなり見ごたえがありましたよ。
私自身ちょっと意外ですが、途中から見入ってしまいました。
残酷なシーンが多かったのは、ちょっと嫌でしたが、
でもトータルで考えると、結構いい映画だったと思います。
単純な勧善懲悪ではないあたり、ある意味「大人向き」かもしれません。

ところで、もともと殆ど興味が無かった映画だということもあり、
私、タイトルの意味を勘違いしていました。
「ダークナイト」は「Dark Night」だと思っていたんです(^^ゞ
正しくはDark Knight(騎士)でした。
(ちなみに「night(夜)」も「knight(騎士)」も、発音は全く同じ)

カタカナの映画タイトルって、時には勘違いのもとですよね。。
もちろん原題をきちんと確認すれば問題ないんですが、
今回の私のように、カタカナのタイトルだけを音で認識している場合は危険です(^^ゞ

教えている英語の読解クラスで、「lord」っていう単語が出てきたときに、
私が「あの映画『ロード・オブ・ザ・リング』の「ロード」ですよ」っていうと、
「ロードって道(road)だと思ってました!」と驚いた生徒は、これまでに何人もいます(^^ゞ
lordとroadじゃぁ、発音はだいぶ違うんですが、カタカナにすると一緒ですからねぇ。。

テーマ : 映画館で観た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  13:43  |  語学全般&英語  |  CM(12)  |  Top↑

2008.08.10 (Sun)

時間をつくる

今週末は、自分で納得がいくだけ勉強できました♪
予定どおり勉強できて喜ぶなんて、私ってやっぱり「勉強好き」なんですね(笑)
学生時代は、必要に迫られないと勉強しなかったのに。
やらされている勉強と、自発的にやっている学習の違いでしょうか?(^^ゞ

4年前、まだイタリア語なんて何も分からず、
学ぼうとさえ微塵も思っていなかったあの頃、
私はいったい、どんな毎日を過ごしていたのかなぁ~、、ってふと考えました。

もちろん当時は当時で、私なりに頑張っていたとは思いますが(^^ゞ、
「時間を有効に使おう」という意識は、殆ど無かったですね~。
週末は、お昼過ぎまでテレビの前でただのんびりしていることも多かったです。
平日の、仕事の前後にある自由に使える時間は・・・いったい何をしていたのかな?
自宅に一人で居るとき、何をして過ごしていたか、殆ど何も思い出せません(^^ゞ

イタリア語を始めるまで、(正確にはイタリア語検定を受け始めるまで)
本当に多くの時間を無駄にしていたんだなぁ・・・と思わずにはいられません(^^ゞ
ここ1,2年で、「時間をつくる」という意識的な努力が私の中に定着した気がします。
これは、語学力が付いたことと同じくらい、私にとっては貴重な財産かもしれません。

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  18:04  |  イタリア語  |  CM(4)  |  Top↑

2008.08.09 (Sat)

ただともトレビアン

ここ最近、イタリア語に没頭しているので(^^ゞ
フランス語は「まいにちフランス語」の初級編と
アンコール講座の入門編のみしか聴いていません。
(先週から、応用編はスッパリ諦めました)

入門編の方も、「一応聴いている」ような状態なので、
フランス語からは気持ちが遠のきつつありますが・・
偶然テレビで見かけたソフトバンクの新CM、おもしろいです♪
「フランス人と遭遇編」ということで、あのお父さん(白い犬)が
フランス語を話したりしています。
何でも、ソルボンヌ大学に留学したことがある(っていう設定)とか・・(^^ゞ

あまり真面目にやっているとは言い難いフランス語だけど、
こういうちょっとしたやり取りが聴き取れると、また急に楽しさに目覚めてしまいそうです。
まだこのCMをご存じない方は、こちらをどうぞ。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  18:07  |  フランス語  |  CM(10)  |  Top↑

2008.08.06 (Wed)

相性

先日、検定の申し込みをした時に500円で入手した過去問題集をやってみました。
2004年度版の問題集に収録されているのは、2003年秋季の試験問題です。

この2003年2級のリスニングセクションは、検定対策クラスで既に6月にやっていて、
その際には、22問中20問正解(91%)でした。
今回、筆記の方をやってみたら自分でも意外なほどの好成績♪
39問中37問正解(95%)でした。
文法も語彙に関する問題も、殆どすべて確信を持って解答できました。
間違えた2問は、どちらも読解問題。
ある意味、ケアレスミスです・・・もったいない・・・。
出題者の意図的な罠に、まんまと嵌ってしまいました。
(でも簡単にだまされるのは、実力不足ですけどね(^^ゞ)

自分の英語での経験からも言えることですが、
文法とか語彙っていうのは、本当に分かっていれば「間違えようがない」です。
今回初めてイタリア語の2級レベルで、それを感じることが出来ました。
やはり去年よりは、かなりイタリア語力がついたのかな・・って気がします。

でも・・・その一方で、たまたま問題との相性が良かっただけって気がするのも事実(笑)
どの年の過去問でも、これだけの正解率なわけではないので・・・(^^ゞ
今回(2003年の過去問)は、気持ちいいくらいに、知っている単語や熟語ばかりでした。

真の実力があれば、どんな問題でも正解出来るでしょうけが、
まだそのレベルには遠く及ばない私は、今、祈りたいような心境です(^^ゞ
10月の検定では、相性のいい問題が出題されますように!

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:25  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑

2008.08.05 (Tue)

近況

一週間のご無沙汰です。
なかなかPCにゆっくり向かえる時間が取れませんでした。

先週木曜日、仕事を終えてから2泊3日で大阪に行き、
帰京の翌日は、フラメンコ公演を観に銀座に行き・・・と、
珍しく家に居ない日々が続きました。
あまりにオフモードが続いたせいで、その後は
溜まった家事やら、仕事の準備やら、ラジオ講座の消化やら(笑)・・・に追われていました。
時に休暇も大事だとは思うけど、
いつものペースを崩すと、その後の建て直しに一苦労ですよね?(^^ゞ

主人の実家への帰省だったので、大阪では当然の事ながら、
全然イタリア語の勉強は出来ませんでした。
全くイタリア語に触れなかった日が、また二日増えてしまいました。
(これで2008年になってから、計8日です(^^ゞ)

バタバタした日が続きましたが、明日からはなんとか
仕事と勉強と家事のバランスを上手く保てそうなので、
イタリア語検定に向けての勉強も「本格的に」再開の予定です。
暑さに負けずに、頑張ります!

テーマ : イタリア語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:07  |  イタリア語  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。