2008年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2008.01.31 (Thu)

健康第一

先週から風邪でダウンしています。
39,6℃も熱が出てしまい、仕事もフラメンコもお休みせざるを得ませんでした。
一度回復して、今週月・火と普通に過ごしていたのに、
またしても昨日から高熱が出てしまいました。。
そんな訳で、今日もまた仕事&フラメンコ共にお休みしています。

日頃から健康管理にはかなり気をつかっていて、
体調を崩して仕事を休んだりすることも滅多にないんですが、
今回は妙に長引いています。

39度を超える熱が出た先週2日間と昨日は、イタリア語の勉強どころではなく(^^ゞ、
あれほど意地になって守っていた「365日イタリア語」という新年の誓いは、
結局、1月にして早くも挫折してしまいました。。。

仕事も、勉強も、フラメンコも、健康な身体があってこそですね。
ありきたりですが、体調を崩すと、こういう当たり前のことを実感します。
発表会に向けて追い込みをかけているこの時期に、
レッスンを2日間も休むなんて、本当に情けない。
内心、かなり焦っています。
仕事の方も、代講の先生が見つからずに休講になった日もあり、
生徒には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

イタリア語のお勉強については、3日間実行できない日があったので、
これ以上挫折が大きくならないように、
気持ちを入れ替えて、また頑張りたいと思います。

健康第一!
すべては健康があってこそ。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  13:18  |  イタリア語  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

2008.01.25 (Fri)

気になるCM

昨晩、テレビで気になるCMを観ました。
それも1時間半くらいの間に、同じものを3回も・・・(^^ゞ

舘ひろし&欽ちゃんが共演している缶コーヒーのCMです。
以前にウルトラマンを交えてマージャンをしているバージョンがありましたが、
昨日私が観たのは、第二弾かな?? 
「ゴルフ練習場」篇。 ジローラモさんが出ています。
まだご覧になったことがない方は、こちらをどうぞ。


このCMの何が気になるって・・・ジローラモさんが連発するセリフです。
一緒にゴルフを練習している若い女性が、いいショットを打つたびに
その女性に向かって「ブラボー!!」って叫んでいるんです。
女性に向かって「Bravo!!」と言わされているジローラモさんに、
ある種の同情を感じなくもありません。。(^^ゞ


日本では、(アメリカ映画を観ていても同じなので、日本だけではありませんが)
賞賛を送る相手が男性だろうが、女性だろうが、一人であろうが複数だろうが、
ぜんぶ「ブラボー」って言ってますが、実際には違うんですよね~。
さきほどのCMのように、女性が一人なら、「Brava!」が正しいわけです。


いくら世間では「ブラボー」しか認知されていないとは言っても、
せっかく有名なイタリア人をわざわざCM起用しているんだから、
日本のスタッフが考えたセリフを敢えて言わせなくてもいいのに。。。

テーマ : 語学・国際交流 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:10  |  イタリア語  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2008.01.23 (Wed)

太陽がいっぱい

plein soleil

あまりにも有名なアラン・ドロンの主演映画です。
何故かテーマ音楽は以前から知っていたのに、
映画そのものは今日初めて観ました。

1960年の映画とは思えないほど、あまり古臭い感じもせず、
ストーリー展開も殆ど知っていたのに、ハラハラしながら観てしまいました。
やはり名作と謳われるだけのことはありますね~。
映像の美しさといい、アラン・ドロンの男前っぷりといい(笑)、
印象的な音楽といい、ラストの衝撃度といい、見応え満点!!


実は、この映画を観る前からストーリー展開を知っていたのは、
この映画のリメイクで、マット・デイモン主演の映画『リプリー』を
アメリカ留学当時に映画館で観ていたからなんです。

リプリー

『リプリー』を観たときには、充分にいい映画だと思っていたけど、
オリジナルの『太陽がいっぱい』と比べてみると、
「格が違う」というのが素直な印象です。
リメイクとは言われているけど、『リプリー』は微妙にストーリーが違っていました。
これは今日オリジナルの方を観て初めて知ったことですが。。。
ラストシーンの衝撃度と余韻は、やっぱり『太陽がいっぱい』の方が数倍いいです。
別作品として見比べてみるのも面白いとは思いますが、
どちらか一つだけ見るなら、『太陽がいっぱい』の方がオススメです♪


ただ、映画を見ながらず~っと気になって仕方がなかったことが一つ。
これだけ絶賛しておきながら、最後にこんな事を言うのもなんですが。。。
アラン・ドロン演じる主人公のトムは、アメリカ人青年という設定。
イタリアから連れ戻すように頼まれた友人フィリップもアメリカ人のはず。
なのに、二人はずっとフランス語しか話さない。
舞台はずっとイタリアなので、映画に登場する地元警察は
当然イタリア人のはずなのに、何故かずっとフランス語を話す刑事がいたり・・。

一番受けたのが(失礼!(^^ゞ)ラストシーン。
全てが自分の計画通りに行った、と満足そうにするトムの所に
イタリア人のおばさん(店の女主人)が近づいてきて
言葉を交わすのですが、トムはずっとフランス語、
おばさんはずっとイタリア語で、それぞれ話しているんですよね。。。
「それって絶対にあり得ない!!」って思いながら観てました(笑)
もしこれが、イタリア語とスペイン語の会話なら、
通じることもあるような気がするけど・・・フランス語は無理だと思います。


と言うわけで、一番いいはずのラストシーンで
ストーリーとは無関係なことが気になってはしまいましたが(^^ゞ
登場人物の国籍と話す言語の不自然さを抜きにすれば、
文句のつけようがない映画でした。

テーマ : ヨーロッパ映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:02  |  フランス語  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.01.20 (Sun)

春からのラジオ講座

金曜日にラジオ講座の2月号テキストを買いました。
そして巻末に気になる情報を発見。
「この春、語学番組と放送時間が大きく変わります!!」
という大見出しの下に、4月からの放送時刻表が載っているのですが、
どうやら今まで20分で行われていた語学講座が、一日15分になるようです。

「まいにちフランス語」「まいにちイタリア語」「まいにちスペイン語」という具合に、
講座名に「まいにち」がどれも入っています。
月曜日から金曜日まで毎日15分の放送。 
今まで入門編は月~木だったので、一日増えたのはいいことだとは思いますが、
でも一週間のトータルで考えたら、今までの週80分から週75分に減るんですよね。。
半年の講座で扱う内容が、今までよりも薄くなることは確実です。
なんだかガッカリ。。。


放送予定時刻表の中には、「まいにち○○語」という15分の新講座とは別に、
「アンコール○○語」という20分の講座の枠も載っています。
こちらは従来どおり、月~土までとなっているので、
これまでの「アンコール」、早い話が再放送に特化した枠ってことでしょう。
番組の詳細はまだ分からないのですが、このアンコールで
今までの入門編と応用編をそれぞれ再放送していくのであれば、
入門レベルの講座が二種類あることになりますよね。。
一日に2種類の入門講座なんて、意味あるのかなぁ・・・。
いっそのこと、アンコール枠で毎日応用編の再放送をしてくれればいいのに。。


番組内容は3月号で紹介されるとのことで、
現時点では放送時間しか明らかにされていません。
春からの番組改革が、学習者にとってプラスになるものであることを願うばかりです。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:30  |  語学全般&英語  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

2008.01.18 (Fri)

趣味の両立

最近ゆっくり落ち着いてパソコンに向かえる時間が
なかなか確保できず、ちょっぴり更新が滞りがちです。

発表会に向けて、今月からフラメンコの練習時間が増えたので、
何かとスケジュールが慌しくなり、同時に身体的疲労も増え・・・(^^ゞ
レッスン&仕事を終えて夜帰宅すると、つい「一日お疲れ」とビールを飲んでしまうので、
疲れ&酔いで一気に睡魔が襲ってきます(笑)

でも、そういうレッスン日っていうのは
帰宅した時点でまだイタリア語を全くしていないことが多いので、
襲ってくる睡魔にそのまま身を任せてしまうわけにはいかないんですよね。

「365日、毎日イタリア語に接する」という新年の誓いを
早くも1月で破るわけにはいかないので(笑)
強い意志を持って、寝る前に(30分だけですが(^^ゞ)イタリア語の勉強をします。

でも冷静に考えれば、、、
それだけの強い意志があるなら、ビールを我慢すればいいのにね(笑)。
そうすれば、帰宅後のイタリア語学習も、もっとちゃんとできるはずなのに。
自分でも分かってるんですけどね・・・(^^ゞ

発表会が終わるまでは、
イタリア語に集中できる環境(&精神状態)確保は難しそうです。
最近、フラメンコの新しい歌を立て続けに覚えなければならず、
家でも暇があるとCDに併せて歌ったりしているので(^^ゞ
すっかり頭の中は、スペイン語モード。

でも今年は「新年の誓い」と週1イタリア語クラスのお陰で、
何とか発表会前のこの時期でも、イタリア語から遠ざかることなく
真面目に学習できている気がします。
フラメンコとイタリア語の両立を目指して、あと1ヵ月半、頑張ろう!

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:10  |  イタリア語  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2008.01.11 (Fri)

スペイン語の歌

私にとって、スペイン語は「歌」なしには語れない言語です。
十数年前のアメリカ留学時代、スペイン語を学び始めたキッカケも
ルイス・ミゲルの歌でした。

その後、ルイス・ミゲルをはじめとするラテンポップスのCDを何枚も購入し、
スペイン語の学習は完全に辞めていた時期も、歌だけは聴いていました。
イタリア語を一番重点的に学習している今でも、何故かイタリア語の歌には
殆ど心が動かず、やっぱりスペイン語の歌ばかりを聴いています。(^^ゞ


朝8時からのラジオスペイン語講座は、既に一度聴いたシリーズの再放送。
それでも毎朝欠かさずに聴いているのは、もちろん一番の理由は
少しでもスペイン語力を維持したいからですが、もう一つの楽しみが
日替わりで紹介されるスペイン語の歌なんです。

今週はフアネスでした。
私が持っているCDには収録されていない歌も紹介されました。
フアネスは一時期、日本でも話題になっていましたが、
最近はあんまり名前を聞きませんね。。。残念。


前回この講座が放送された時に、その歌声に一瞬にして魅了され
その翌週にはCDを買いに走ったアルゼンチン歌手も、
そろそろ紹介されるはずです。
彼の名はディエゴ・トレス。 
ホントに素敵な声なんですよね~(^^ゞ

他にも好きな歌手はまだまだいるのですが、
きりがないのでこのくらいで止めておきます(笑)
それにしても、今のスペイン語講座入門編、
半年で100曲もスペイン語の歌を紹介してくれるんですよ。
こんな番組なかなかないですよね。
スペイン語の歌が大好きな私にとっては、本当にありがたい講座です♪


「スペイン語は神と話すための言葉、イタリア語は歌うための言葉、
フランス語は愛を囁くための言葉」と俗に言われていますが、
私にとっては、スペイン語が歌うための言葉みたいです。

実はここ2年ほどは、聴くだけにとどまらず
スペイン語を「歌う」機会も増えているんです。(^^ゞ
歌っているのはフラメンコの歌。
馴染み親しんでいるポップスとは、歌い方もリズムも全然違うので
かなり苦労していますが、それでもやっぱり楽しいです♪


実際の会話などで使う機会は殆どないスペイン語だけど、
歌があれば、私とスペイン語の関係はずっと続いていくことでしょう。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:42  |  スペイン語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.07 (Mon)

ひまわり

ひまわり


この映画をはじめて見たのは、たしか22歳のとき。
今にして思えば、この『ひまわり』がはじめて観たイタリア映画なんですよね。
もちろん当時は、イタリア語なんて全く意識して観てはいませんでしたが。。


テレビのお正月番組にもすっかり飽きてきた土曜日、十数年ぶりに観ました。
やっぱり泣けますね。。せつな過ぎます。

i girasoli1


i girasoli2


i girasoli2


観終わった後も、いつまでもジョバンナとアントニオの悲恋が
余韻を残すのは言うまでもないのですが、
十数年前に観た時同様、今回もまた私の印象に残ったのは
ロシア人妻の心の広さ、優しさです。
私があの立場だったら、果たして夫をイタリアに一人で行かせられるのか?
正直、自信がありません。。。(^^ゞ


テーマ : ヨーロッパ映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:14  |  イタリア語  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.01.05 (Sat)

焦らずゆっくり

昨年12月は、急にフランス語が楽しくなってきて
イタリア語そっちのけで、フランス語ばかりやっていました。
早く入門レベルを脱して応用編が聴けるようになりたいと、
ちょっぴり焦っていたのかもしれません。
冷静に考えれば、なにも急ぐ必要なんてないのに。。(笑)

語学は「ちょっと分かるようになってきた時期」が一番楽しいので、
その時期に集中的に取り組んで、一気にレベルアップしようと思っていたんです。
かなりのハイペースで文法問題集をやり、
ラジオ講座入門編のペースを追い越して、接続法の手前までやりました。

まったく知らなかった言語をわかるようにしていく作業の方が、
ある程度できるようになった言語を磨いていくよりも楽しいんですよね。。
学習成果が手に取るように実感できるせいかもしれません。
それで12月は語学熱がフランス語に偏りがちでした。

でも新しい年を迎えて、今年の語学目標を冷静に考えた時、
やはり優先すべきはイタリア語、と思い直しました。
フランス語に力を入れてしまうと、やはりどうしてもイタリア語は二の次になります。
学習時間が無限にあるわけじゃありませんからね(^^ゞ


応用編が早く聴けるようになりたくて、かなり頑張っていたフランス語ですが、
これからはラジオ講座入門編のペースで、焦らずゆっくりやっていくつもりです。
今年一年は、フランス語に関してはあまり欲を出さず(笑)、
ラジオ講座を日々聴く程度にとどめて、のんびり継続するつもりです。

テーマ : フランス語 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:23  |  フランス語  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.01.04 (Fri)

新聞記事

今年の目標として「365日 イタリア語」を掲げましたが、
もちろん接すれば何でもOKという訳ではありません。
自分がラクに理解できてしまうような、たとえばラジオ講座入門編などは
たとえ聴いたとしても、それで一日のノルマを達成したことにはなりません。
スケジュール的に無理な時は、たとえ時間は30分でもいいから
自分が難しいと感じるレベルのイタリア語に毎日触れることを目標にします。


365日ですから、一日も休むわけにはいきません。
元旦からしっかり実行しました。 まぁ30分だけですけどね。。(^^ゞ
勉強する内容は、臨機応変に考えていくつもりですが、
ここ数日間やっているのは、新聞記事です。
La Repubblicaから、興味ある記事をプリントアウトして、
辞書を引きながら読んでいます。
毎日一つの記事、などと決めてしまうと
たぶんあっという間に挫折する気がするので、ペースは特に決めていません。
読めるときは一日に1,2記事でもいいし、
時には一週間に1つでもいいかな、と思っています。
いずれにせよ、定期的に読むことを心がけるつもりです。


ジャーナリズムのイタリア語は、講読クラスで読んでいる小説とは
当然のことながら、文体も使われる単語も随分違うので、
同じ読解とは言っても新鮮です。
小説と新聞と、両方をずっと継続すればかなり語彙力がつくでしょう。
文法をひと通り終了したら、あとはもう語彙力ですからね。
今年はとにかく語彙力アップを最大の課題として、こつこつと頑張りたいと思います。

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:36  |  イタリア語  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2008.01.01 (Tue)

あけましておめでとうございます

皆さま、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、『一年の計は元旦にあり』ということで、今日のうちに書いておくことにしました。
今年の決意。 365日、イタリア語に接する。
これを実行することで、結果的にイタリア語検定2級突破も目指したいと思います。

決意も新たに、またスタートです。
外国語学習者の皆さま、一緒に頑張りましょう♪

テーマ : 語学の勉強 ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:01  |  イタリア語  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑
 | BLOGTOP |